テニス メンタル

戦術

アナタ自身の中で、「相手の粘り対策」をどの程度具体化出来てますか?

実は、試合前の準備で出来ていない部分、だと思います。

基本的に、テニスの試合って粘り合い。

だからこそ、相手が粘って来るのを「許さない」ような姿勢、考え方が大事なんです。

ダブルスの試合、特に女子ダブルスのみなさんはこの対策が不十分なペアが多い。

相手に粘られる、そして負けてしまう試合はもう卒業しましょう!

 

アナタ自身の中で、「相手の粘り対策」をどの程度具体化出来てますか?

 

1.相手が粘って来るのなんて、想定内

きっと、試合ってそうじゃないですか。

お互いのショットが、スパンスパン決まることなんて少ないはず。

自分たちも相手も、攻撃がなかなか決まらない、ような試合がほとんどだと思います。

そういう試合をしてしまう、ということは準備不足だということ。

ダブルスの試合は、特にコートに2人がいるので粘られる可能性が高い。

この部分、しっかり考えておく必要がありますね。

 

2.相手が粘るような場面を、イメージしてみよう

みなさん、対戦相手が粘るようなときって、どんなときでしょう?

ザックリ、ダブルスだとこんな感じじゃないでしょうか。

 

・良いサーブが入ったときに、ロブで粘る

・深いストロークで追い込んだときに、ロブで粘る

・前衛の足元に打ったときに、後衛側に逃げる

・浅いボールを拾ったときに、ロブで逃げる

 

もっと色々あると思いますが、要は「ロブで逃げる」ような場面が多いと思います。

特に女子ダブルス、ですね。

自分たちが攻撃して、相手がロブで逃げるような場面を想定して、準備する。

この逃げを許さない為に、必要なことって何でしょうか?

それはズバリ、スマッシュだと思いますよ。

3.サービスライン少し後方からのスマッシュに、磨きをかけよう

私がオススメしたいのは、しっかりスマッシュで準備するということ。

相手が逃げるとき、中ロブのような感じで返球されたときには、全てスマッシュを打ち抜く。

自分たちが攻撃して、相手が走って追いつく・・・ような場面では、もう下がり目のポジションを取りましょう。

そしてしっかり、サービスライン少し後方から、スマッシュを打つ。

先回りしておけば、しっかり攻撃的に打てるはずです。

相手が浅いボールをキャッチしようとしたとき、もまさにそうですね。

ここで前に詰めても、ヒョいっと上げられて触れない、でしょう。

しっかり待ち構える、罠を張るような感覚、が大事です。

 

4.プラスで、バックハンドのドライブボレーを磨きたい

ここで問題なのは、バックボレー側にフワッとしたボールが来た時ですね。

これはしっかり、打ち抜きたい。

それも、ドライブボレーで。

私は、年齢や男女に問わず、バックハンドボレーはどんどん、ドライブボレーを使っていくのをオススメしています。

カットするような厳しいロブ、なら良いですが、待ち構えているのにこちらがつなぐなんてもったいない。

しっかり、振るボレーで攻撃していきましょう。

回り込めればスマッシュ、出来なければドライブボレー。

この意識は、しっかり持って練習して欲しいんです。

 

5.相手が粘ってきたボールを、つないでしまうから勝てない

特に多いのが女子ダブルス、の試合ですね。

せっかく自分たちが攻撃して追い込んでいるのに、粘られてこちらもつないでしまう。

主導権を、自分たちから手放してしまうんです。

これでは試合に勝てない。

一度攻撃したら、しっかり攻め切る意識を持たないと。

相手にちょっと粘られたくらいで、すぐに怖気づいてしまう、自分たちのミスが怖くなってしまうのは練習不足です。

攻撃すれば、相手は粘る。

その粘りに対する具体策を、どれだけ準備出来るかです。

 

相手が粘ってきたときに、自分が何が出来るのか。

これが勝てるテニス選手の発想です。

今回は先回りしてスマッシュ、でしたが、そのほかにもドロップボレーや色々な粘り対策があるでしょう。

アナタ自身で、考えてみて下さい。

いつも対戦相手は、どんな手を使って粘ってきているのか・・・考えれば、対策も出来るはずです。

ピックアップ記事

  1. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  2. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  3. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    テニスにおいて延長戦は、他種目以上に日常茶飯事です

    夏の高校野球、今年も熱戦でしたね。毎年思うのが、野球って延長戦…

  2. テニス テニススクール

    戦術

    大一番での緊張した試合では、「流れる時間のスピードが違う」ことを覚えておこう

    待ちに待った大一番、応援してくれる人もいて、自分の力を発揮したい場面。…

  3. テニス フットワーク

    戦術

    テニスの試合では、「変化は自ら興す」ことで試合に勝てる選手になれる

    「相手の調子が良かったから、負けました」「自分の調子が悪かった…

  4. テニス メンタル

    戦術

    ピンチでコースを張って逆を突かれたら、全力でウォッチ&ジャッジを

    私たちの試合は、ほとんどがセルフジャッジ。その中で、結構多いミ…

  5. テニス ボレー

    戦術

    「速いボールを遅くする」というショット技術は、テニスの試合で鍵になってくる

    テニスの試合って、みなさん打ち合うスピード、をどの程度意識していますか…

  6. テニス ボレー

    戦術

    格下相手こそ、焦らずチャンスを待とう

    試合をしていて、自分が自滅するような試合。「勝てる相手」に対し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 環境

    ダブルス

    相手2人が下がる「2バックの陣形」になったときに、必要な意識4つ
  2. テニス 知識

    テニス知識

    冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  3. その他

    周りの後輩みんなの態度が悪いなら、チーム全体の仕組みや工夫の部分で何かが足りない…
  4. テニス 知識

    練習メニュー

    試合に使わない技術ばかり、一生懸命練習するのは悲しいこと
  5. ストローク

    「トレーニングは続かない」守るべきものがある環境が強いテニス選手を育んでいく
PAGE TOP