テニス メンタル

戦術

アナタ自身の中で、「相手の粘り対策」をどの程度具体化出来てますか?

実は、試合前の準備で出来ていない部分、だと思います。

基本的に、テニスの試合って粘り合い。

だからこそ、相手が粘って来るのを「許さない」ような姿勢、考え方が大事なんです。

ダブルスの試合、特に女子ダブルスのみなさんはこの対策が不十分なペアが多い。

相手に粘られる、そして負けてしまう試合はもう卒業しましょう!

 

アナタ自身の中で、「相手の粘り対策」をどの程度具体化出来てますか?

 

1.相手が粘って来るのなんて、想定内

きっと、試合ってそうじゃないですか。

お互いのショットが、スパンスパン決まることなんて少ないはず。

自分たちも相手も、攻撃がなかなか決まらない、ような試合がほとんどだと思います。

そういう試合をしてしまう、ということは準備不足だということ。

ダブルスの試合は、特にコートに2人がいるので粘られる可能性が高い。

この部分、しっかり考えておく必要がありますね。

 

2.相手が粘るような場面を、イメージしてみよう

みなさん、対戦相手が粘るようなときって、どんなときでしょう?

ザックリ、ダブルスだとこんな感じじゃないでしょうか。

 

・良いサーブが入ったときに、ロブで粘る

・深いストロークで追い込んだときに、ロブで粘る

・前衛の足元に打ったときに、後衛側に逃げる

・浅いボールを拾ったときに、ロブで逃げる

 

もっと色々あると思いますが、要は「ロブで逃げる」ような場面が多いと思います。

特に女子ダブルス、ですね。

自分たちが攻撃して、相手がロブで逃げるような場面を想定して、準備する。

この逃げを許さない為に、必要なことって何でしょうか?

それはズバリ、スマッシュだと思いますよ。

3.サービスライン少し後方からのスマッシュに、磨きをかけよう

私がオススメしたいのは、しっかりスマッシュで準備するということ。

相手が逃げるとき、中ロブのような感じで返球されたときには、全てスマッシュを打ち抜く。

自分たちが攻撃して、相手が走って追いつく・・・ような場面では、もう下がり目のポジションを取りましょう。

そしてしっかり、サービスライン少し後方から、スマッシュを打つ。

先回りしておけば、しっかり攻撃的に打てるはずです。

相手が浅いボールをキャッチしようとしたとき、もまさにそうですね。

ここで前に詰めても、ヒョいっと上げられて触れない、でしょう。

しっかり待ち構える、罠を張るような感覚、が大事です。

 

4.プラスで、バックハンドのドライブボレーを磨きたい

ここで問題なのは、バックボレー側にフワッとしたボールが来た時ですね。

これはしっかり、打ち抜きたい。

それも、ドライブボレーで。

私は、年齢や男女に問わず、バックハンドボレーはどんどん、ドライブボレーを使っていくのをオススメしています。

カットするような厳しいロブ、なら良いですが、待ち構えているのにこちらがつなぐなんてもったいない。

しっかり、振るボレーで攻撃していきましょう。

回り込めればスマッシュ、出来なければドライブボレー。

この意識は、しっかり持って練習して欲しいんです。

 

5.相手が粘ってきたボールを、つないでしまうから勝てない

特に多いのが女子ダブルス、の試合ですね。

せっかく自分たちが攻撃して追い込んでいるのに、粘られてこちらもつないでしまう。

主導権を、自分たちから手放してしまうんです。

これでは試合に勝てない。

一度攻撃したら、しっかり攻め切る意識を持たないと。

相手にちょっと粘られたくらいで、すぐに怖気づいてしまう、自分たちのミスが怖くなってしまうのは練習不足です。

攻撃すれば、相手は粘る。

その粘りに対する具体策を、どれだけ準備出来るかです。

 

相手が粘ってきたときに、自分が何が出来るのか。

これが勝てるテニス選手の発想です。

今回は先回りしてスマッシュ、でしたが、そのほかにもドロップボレーや色々な粘り対策があるでしょう。

アナタ自身で、考えてみて下さい。

いつも対戦相手は、どんな手を使って粘ってきているのか・・・考えれば、対策も出来るはずです。

ピックアップ記事

  1. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  2. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  3. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  4. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  5. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    勝ち癖を付けたければ、負け癖を経験するのが一番

    苦しい試合を、ものにしていく選手。トーナメントの上位に残る選手…

  2. テニス 練習

    戦術

    前衛でプレッシャーをかけるときは、必ずウォッチの準備を

    自分がネットで、プレッシャーをかけるとき。相手の視界に入って、…

  3. テニス ストローク

    戦術

    初心者の方でも5分で覚えられる、テニスの試合で大切な序盤の戦い方

    テニスの試合、序盤大事。これはあっという間に時間が過ぎて、いつ…

  4. テニス メンタル

    戦術

    相手が迷っている時こそ、テンポ早く試合を進めよう

    試合の進むスピード、は一定だと思いますか?私は、そうでも無いと…

  5. 戦術

    踏み込んでのミス、はミスじゃない

    試合でのメンタルコントロール、これも実力のうち。自分のプレーが…

  6. テニス スライス

    戦術

    準備とは守りではなく、武装である

    準備の重要性について、何度も書いて来ましたが、改めて。その背景…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ガット

    ダブルス

    「社会人テニスのダブルスでも、ぜひ身に付けて欲しいIフォーメーション」は試合でと…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    ワイドへ厳しいコースのサーブでも、「センターに近いところ」を通過している
  3. テニス ストローク

    ストローク

    「1、2のストローク」のタイミングで打てるようになると、アナタのテニスは変わる!…
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの雁行陣、意外と味方の前衛が邪魔になるケースが多い
  5. テニス メンタル

    ストローク

    「実はこれが究極のショット」テニスの試合の勝敗は、バウンド後の軌道が肝!
PAGE TOP