テニス メンタル

ストローク

ラケットは常に、「利き腕でない方の腕」を意識

皆さんは利き腕、どちらでしょう?

右利きの方も左利きの方も、基本的にはサーブやフォアハンド、利き腕がメインでのショットが多いですよね。

バックハンドが両手、という方も多いでしょうが・・・片手で打つショット、が圧倒的に多いのがテニス。

だからこそ、利き腕の動きってどこかで制御しないといけない、と思いませんか?

 

ラケットは常に、「利き腕でない方の腕」を意識

 


 

1.利き腕の動きは、自由過ぎると安定しない!

例えば、片手のフォアハンド。

自由に打てますよね、ストロークもボレーも。

だからこそ、最初は良いんです、バックより簡単だと思ってしまう。

でも、テニスを続けていると、行き詰りませんか?フォアハンドに。

それは、どうにも自由が効きすぎるのが原因、だと私は思います。

自由に打てるから、毎回打点がぶれる。

自由に打てるから、ちょっと準備、テイクバックが遅くなる。

それが、癖になってしまっていつの間にかフォアハンドが苦手になる・・・という方が、多いのもテニスです。

 

2.制御するには、「収まる場所」を反対の腕で作ってあげるのが効果的

ストロークもボレーも、打ち終わりの形が大事。

打ち終わりって、皆さんどうですか?

反対の腕、てのひらでラケットをキャッチ、するような癖が付いていると、スウィングが非常にコンパクトになる。

つい、力が入ると振り終わったラケットがそのまま戻せない・・・くらい、派手なフォロースルーの選手、多いですよね。

明らかにフィニッシュになる、本当に振り切って終わって良いとき、もテニスの試合ではあります。

でも、実際は相手が打ち返して来る場面、がほとんどですからね。

それを想定して、反対の腕を使う。

ラケットの動きを、どこかで止めてあげることが出来れば、自然とフォアハンドも安定してくるでしょう。

 

3.右利きの人は左手、左利きの人は右手、を意識してみよう!

試合中にリラックスしたい、疲労を軽減したい、人ほど意識して欲しい。

利き腕と反対の腕、に意識を置くことが、実はテニス選手として大事なポイント。

上手い人って、ほとんど利き腕に力入ってないんですよね。

だって何時間も、ラケット持ち続ける手、じゃないですか。

利き腕じゃない方の手を意識して、そっちでラケットを動かす感覚・・・と言えば、少し伝わるでしょうか。

そうすることで、フォアハンドもシンプルになるし、グリップも握り疲れない。

ぜひ、練習から意識してみて下さいね。

 

利き腕の動きは、どうしても大きくなりがち。

テニスの動きって、きっともっとコンパクトになるし、特にフォアハンドボレーは大きい動きになると上手くいかない。

反対の手を使うと、コンパクトに収まって安定感も増すはず。

利き腕ではない腕の意識、ぜひやってみて下さい。

きっと試合でも練習でも、安定するし疲れない、良いことずくめですよ。

ピックアップ記事

  1. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  2. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  3. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  4. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. テニス メンタル
  2. テニス シングルス

    ストローク

    テニスの試合で、「攻撃的にプレーゾーンを前」にしたければ改善しないといけない5つのこと

    テニスの試合、ここぞという場面では前に入りたい。ベースライン上…

  3. テニス フットワーク

    ストローク

    後ろに下がりながらのストロークは、上半身の開きを下半身回転でおさえると安定する!

    テニスの試合の中で、難しいのが深いストロークの返球。スピンがし…

  4. ストローク

    相手が打った瞬間に、フォアかバックかを決めて、グリップまで決めよう!

    ストロークで速い攻撃がしたいなら、これが絶対に大事。みなさん、…

  5. テニス リターン

    ストローク

    「ミスした後のトップスピンストローク」をしっかりテニスの試合で打ち切る選手は強い

    試合中のトップスピンのストロークと言えば、やっぱり安定感をしっかりとア…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    テニスでは攻撃的な時ほど、ラケットスウィングは小さくなる

    テニスの試合で、どこにミスが出やすいのか。それって、実は「攻撃…

特集記事

  1. ロブ

    ロブを追いかけながら、結論は早く出す!
  2. テニス ウェア

    フットワーク

    「身体が勝手に反応してくれた」ときの感覚は、テニスで大事にして欲しい
  3. ボレー

    ボレーをふかし気味にアウトばかりしてしまう人は、「準備でラケットを上げる高さ」が…
  4. テニス メンタル

    テニススクール

    千回のアドバイスより、一回の本気の失敗の方が身になる
  5. サーブ

    サーブ&ボレー、常識を変えていこう
PAGE TOP