テニス ストローク

ストローク

「前は得意だったフォアハンドストロークが、おかしい・・・」と感じたら、意識して欲しいこと

テニスを始めた頃は、ストロークの中でもバックハンドが難しい。

その後、徐々に慣れてきてバックハンドも安定してきた・・・と思うと、今度はフォアハンドが怪しくなってくる。

そんな経験、ありませんか?

自由に打てる分最初は打ちやすいフォアハンドですが、テニスに慣れていくにしたがって苦手意識を持つ、悩む方が多いのには原因があるはず。

今回は、学生の皆さんでも悩んでいる方が多いと思われるこの問題について、考えてみましょう。

 

「前は得意だったフォアハンドストロークが、おかしい・・・」と感じたら、意識して欲しいこと

 


 

1.「自由に打てる」からこそ、フォームは固まらない

テニスの難しいところは、身体全体を使ってボールを打つ動作を、「繰り返し同じように」やり続けること。

フォームを固めるには、それなりに練習量も必要ですが、やはり正しい型を最初に覚えないといけません。

この基本となる「型」があってから、自分なりに改良したりカスタマイズしていく。

ですがなかなか、部活やサークルでしっかり基礎を最初に教えてくれる機会も少ないはず。

何となくで身に付けたフォアハンドは、いつしか自分にとって「苦手」なショットになっていく・・・という流れになっているのです。

 

2.「周りの凄いフォアハンド」と、どうしても比較してしまう

フォアハンドを武器に、試合で戦う選手は多い。

試合で勝ちたいと思う人ほど、こういった「強烈なフォアハンド」と自分のフォアハンドを比較して、悩んでいく傾向にあるようです。

気持ちは分かりますが、ここは冷静になりましょう。

アナタ自身のフォアハンドは、誰かのフォアハンドを目指す訳ではありません、アナタ独自の技術です。

テニス選手はみな身体も違えば体力、メンタルも違う。

理想を高く持つことは大事ですが、周りのイメージに悪影響を受けないように自分の意志を強く持っておくことは必要です。

 

3.迷ったら戻るべき場所は、シンプルさ

フォアハンドで悩んだら、一度シンプルな形に戻ってみましょう。

しっかり横を向けているか?準備は速い?テイクバックが大き過ぎないか?低い態勢を作れているか・・・?など。

確認することを書き出してみて、自分の動画を撮影してチェックしてみましょう。

そしてシンプルなフォームで確認が済んだら、後はグリップや打点を自分なりに調整して攻撃的なフォアハンドの練習を再開する。

地味な作業ですが、こういったルーティンを行うことで「調子を取り戻す」という自信も生まれてきます。

 

テニスで試合に勝ちたい、高いところを目指す選手ほど、フォアハンドストロークは難しい。

これは覚悟しておいて下さい。

バックハンド以上に、崩れていくのが速い。

ですが崩れてから修正できるかどうか・・・こそ、試合で勝てる選手の実力が問われるところ。

悩んだときに戻る場所、アナタにはありますか?

ピックアップ記事

  1. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  2. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  5. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム

関連記事

  1. ストローク

    対ネットプレイヤー向けのストローク、裏技があります

    相手が前に出ている状態だと、高いボールは打てない。低く、安定…

  2. テニス ラケット
  3. テニス ダブルス

    ストローク

    試合で実践してみて効果的だった、「ストロークで自分らしさを取り戻す3つの事」

    俺が現役時代の頃、試合の出来を左右するものはストロークだった。…

  4. テニス メンタル

    ストローク

    スピンがあるからスライス、スライスがあるからスピンが活きる

    回転系のショット、が試合では主役になる。なぜなら、ラケットを振…

  5. テニス ダブルス

    ストローク

    並行陣を崩すショートクロスは、「打点を斜め前、少し近め」で!

    ショートクロスで並行陣を崩したい。でも・・・いつものストローク…

  6. テニス ダブルス

    ストローク

    ショートラリーからライジングショット、が現代テニスの基本

    練習前のウォーミングアップ、ショートラリー。近い距離でストロークを…

特集記事

  1. テニス サーブ

    スマッシュ

    意外とスマッシュ時に、横向きが出来ていない人が多い
  2. テニス ボレー

    ボレー

    テニスのネットプレーで、「足元に沈んでくるストロークを、ボレーで深く返球」するた…
  3. サーブ

    サーブで「ネットミス」が多い時の改善策4つ
  4. テニス 上達

    メンタル

    精神的に未熟な選手は、「緊張感がある場面では必ず無難な選択」しか出来ない
  5. テニス テニスノート

    日々の雑記

    歳を取れば、テニスについて本気で叱ってくれる人はいなくなる
PAGE TOP