ストローク

「両手バックハンドでベースラインから攻めたい!」ストロークを1段レベルアップさせるコツ5つ

現代テニスを大きく変えた技術の一つが、両手バックハンドストロークの威力のアップです。

以前は「バックハンドを攻めていれば、ある程度獲れた」ポイントも、ラケットとフットワーク技術の進化で、カウンターを受けてしまうケースも目立つようになりました。

特に女子選手では、両手バックハンドが一番得意、という選手もいますよね。

正しく利点を理解して、更にレベルを上げていきましょう!

 

「両手バックハンドでベースラインから攻めたい!」ストロークを1段レベルアップさせるコツ5つ

 


 

1.両手の動きは「利き腕でない方」を手動でパワーアップ

利き腕で無い方の腕を手動でテイクバック、構えの準備をする癖を付けましょう。

利き腕の手のひらをリラックスさせておくと疲労を軽減できますし、左右の腕の筋肉バランスも保てます。

特にテイクバックでは意識して、右利きの方であれば「左利きのフォアハンドに右手が付いてくる」ようなイメージが最適です。

 

2.上半身の捻りで「打つコースを隠して」打ち抜く

両手バックハンドの威力を活かす為にも、試合ではコースをしっかり隠す必要があります。

できるだけ早い構えを取って、相手にどこにでも打てる態勢を見せ付け、その時間を長くなるように練習しましょう。

初中級者の方はクロスへ打つときに早く身体が開きがちですので、意識して横向きを長く保つようにすれば吉。

肩越しに相手にプレッシャーをかけられるように、フォームを鏡の前で確認しておくと自信も持てます。

 

3.両手ならではのメリット「構え直しの速さ」でボレーヤーにも打ち勝つ!

両手バックハンドはネットプレイヤーに対しても威力を発揮します。

両手で打ち終わったフォームは、身体の前に構え直すのも片手と比べて素早くできます。

トップスピンロブも打ちやすく、フラットのパッシングショットも練習すれば効果的に使えるようになるでしょう。

つまり・・・相手を前に出させて、アプローチショットをバックハンドに打たせて仕留めるのも有り、です。

その為には相手を抜こうとせず、「ボレーさせて、次のボールを狙う」作戦を取りたいところ。

構え直しの速さを磨いて、ネットプレイヤーの脅威となる武器を磨きましょう。

 

4.打点が後ろでも大丈夫!スライスを混ぜて相手を前後に揺さぶる

両手バックハンドはリーチが短い分、打点が多少遅れても利き腕では無いほうでカバーできます。

振り回されても、慌てずしっかりボールの後ろに入れば、充分カウンターが狙えるショットです。

その中で、両手でスライスも打てるようになると、より試合でも有効です。

その際に、後ろの手はボールをヒットした後は離してラケットを前に解放してあげましょう。

バックハンドストロークのスライスは、片手だけの特権ではありません。

女性の方でもぜひ、両手で打てるように練習しておきましょう!

 

5.ライジングのフラットショット、スピンの効いたドライブボレーで完結!

両手バックハンドの一番の魅力は、高い打点で叩きやすいことでしょう。

この利点を活かすのが、ライジングショットとドライブボレーです。

技術はもちろんですが、一番大事なのはポジショニング。

アナタ自身が前にいく気持ちがあれば、それが一番の武器となります。

 

両手バックハンドの手堅さは、既にアナタの武器になっているかも知れません。

その手堅さからワンランクアップさせるには、まずはトライしていく意識が必要です。

試合でも、どんどん攻撃してみる。

そこから感覚を掴んで、練習で磨いていきましょう。

練習でちょっとずつ・・・では、時間がいくらあっても足りません。

試合をベースに、物事を考えていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  2. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  3. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  4. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    当たり前だけど、「ネットに近ければ近いほど」ドロップ系のショットは打ちやすくなる

    ドロップ系ショット、皆さんちょっと誤解しているかも。プロ選手の…

  2. テニス ポジショニング

    ストローク

    試合で効果的なアプローチショットは、「難しく打たずに、ポジショニングで精度を上げる」ことでポイントに…

    試合の中で浅いボールが来て、アプローチショットを相手に打ち込んでいく。…

  3. ストローク

    「まずは、ここから。」テニスの試合で使えるストロークの精度を高めるには順序が

    テニスというスポーツは、相手と打ち合うんだけど、その打ち合いをしっかり…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    ダウンザラインはフラット、という勘違い

    シングルスでもダブルスでも、この間違いは多い。つい、力んでフラ…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのラリーの中で、「差し込まれたときには慌てずストレートか逆クロス」に展開すると楽

    ストロークのラリーの中で、「打点が遅れそう!」と思うとき、皆さんはどう…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    コースを変えるときにミスが増えるのは、なぜ?

    「よし、ここでストレートだ!」と思って、展開を変えていく。コー…

特集記事

  1. テニス センス

    メンタル

    馬鹿にされた、刺激をもらったの違い
  2. テニス リターン

    シングルス

    シングルスの試合で、粘り強いストローカー相手の攻撃は「逆を突いて前で仕留める形」…
  3. テニス ストローク

    ボレー

    ネットプレーを入れようとしたけど、アプローチが甘くなった!その時は・・・?
  4. テニス フットワーク

    サーブ

    サービスゲームの基本、「サーブを打つ前に、相手リターンの位置」は必ず確認しよう
  5. ダブルス

    ダブルスのペアと考えたい、「自分はデュースサイド、アドバンテージサイド、どっちが…
PAGE TOP