テニス リターン

ストローク

ストロークでラケットを振り抜くのが怖い人は、ゆったり振り抜くことを覚えよう

試合になると、怖くてストロークが振れなくなる。

これは、誰でも何回か経験していることでしょう。

練習と違って、小さいミスで失点につながるから怖い、だから振れなくなる。

でも、振れないと余計に緊張して、「振らないこと」も出来なくなってしまう。

この改善策として、私からの提案は「中間」を作ること。

どうしてもミスが続く、ときにはこういう意識でストロークを変えていくと良いでしょう。

 

ストロークでラケットを振り抜くのが怖い人は、ゆったり振り抜くことを覚えよう

 

1.振り切らないといけない、と自分を追い込まないこと

試合だと、なかなか調子が上がらない。

序盤に振れなくなると、試合の終盤までずっと憂鬱な人、いますよね。

誰だって、いつも調子が良い訳じゃない。

私たちにできることは、序盤に振れないと感じたら、どうするのか。

ストロークの調子が悪い、振っても当たり損ないやアウト、ネットばかり、のときに何を変えるのか。

焦る必要は無いでしょう。

アナタ自身、まずはスウィングスピードを「落とす」ことが大事です。

 

2.「合わせる」ストロークとは、違う

これをしっかり、分けて考えましょう。

スウィングスピードは落とすけど、しっかり振り切る。

ゆったり振る、ことだけを意識する。

速い準備で足を止める、そして、ラケットの振り出しを少し早くして、タイミングを速く取る。

合わせようとするストロークだと、全てが受け身になって結果的に打点が後ろになるんですよね。

これだと、結局相手に攻撃されて終わり。

ゆったりでも、ラケットを「振り切ること」が大事。

振り切れていれば、自信も復活してきますからね。

 

3.ゆったりしたスウィングを、速くしていけば良い

そもそも、私は調子が良くても悪くても、序盤はゆったり目のスウィング、から入ります。

そこから速くしていく、ことがギアを上げていく、調子を上げていくのにつながる。

最初からフルスウィング、だと、当たらなかったときに怖いんですよね、テニスの試合は。

ゆったりしたスウィング、を速くすることは難しく無いし、堅い。

序盤に調子が上がらない人は、ここからチェックしてみると良いですよ。

 

4.ゆったり振り切る、フィニッシュポイントを作る

例えば片手のフォアハンドなら、ラケットを持っていない手でしっかりスロートを掴む。

両手バックハンドなら、軽く背中を触る。

ここまでは、しっかり振りましょう。

ただし、ゆったりスウィングは速くし過ぎないこと。

繰り返しますが、ゆったり振れれば、ボールもよく見えるんですよ。

ミスが減って、ラリーが増える。

こうしていくことが、試合を作っていく第一歩です。

 

5.回転系のショット、はしっかり意識しよう

ゆったり振っても、しっかり振り切れば回転がかかる。

この意識、は女性の方でも大事です。

多少、回転量は落ちても良いと思いますけどね。

回転をかけない、ようなスウィングになったら、それは逃げている証拠。

逃げてフラット気味に、当てて返球するだけ、になっているときでしょう。

自分でチェックポイントを設けて、試合の中で修正していける。

それが勝てる選手、です。

 

シングルスでもダブルスでも、基本は一緒です。

ストロークの調子のコントロールは、自分から主体的にやっていかないと。

待っているだけ、だとそのまま試合終了です。

こういうこと、普段の練習からしっかり意識すること。

練習から改善癖を付けて、試合に挑んでいきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  2. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  5. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…

関連記事

  1. ストローク

    「トレーニングは続かない」守るべきものがある環境が強いテニス選手を育んでいく

    「これからトレーニングを頑張ります!」そう言ってきた高校生の選…

  2. ストローク

    「必須!バウンド地点予測能力」テニスの試合で攻撃力を高める為に

    相手が打った瞬間に、そのショットがどこにバウンドするのか分かるかな?…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスにおいて「こねるようなストローク」では、重さが出ない

    高校生、大学生の皆さんの方がほとんど、ストロークが「こねる」ようになっ…

  4. ストローク

    深いボールは、「しっかり打ってからジャッジ」が基本です

    深いストロークの返球、試合では難しいですよね。ボールの威力が凄…

  5. テニス 錦織圭

    ストローク

    浅いボールを攻撃出来ない人は、「足」から決めて形を作ろう

    ストロークで浅いボールを攻撃していくとき、のちょっとしたコツを。…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークに必要な懐の深さは、後ろ足の軸足の使い方次第

    追い込まれても、しっかり1本を返球出来る。それも、甘くなくしっ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 目

    その他

    「何でもテニス目線」を養えば、アナタの試合力は必ず上がります
  2. テニス サーブ

    日々の雑記

    「テニスは採点競技じゃない?」確かに勝敗には関係無い、ですけどね
  3. テニス 練習

    練習メニュー

    テニスが上達するに従って、「テニスの練習自体」も上達しているだろうか?
  4. シングルス

    調子が良い相手には、やらせて付いていけば良い
  5. テニス メンタル

    練習メニュー

    毎日のテニスの練習で1つで良いから、「新しい気付き」を持つ癖を身に付けよう
PAGE TOP