テニス リターン

ストローク

ストロークでラケットを振り抜くのが怖い人は、ゆったり振り抜くことを覚えよう

試合になると、怖くてストロークが振れなくなる。

これは、誰でも何回か経験していることでしょう。

練習と違って、小さいミスで失点につながるから怖い、だから振れなくなる。

でも、振れないと余計に緊張して、「振らないこと」も出来なくなってしまう。

この改善策として、私からの提案は「中間」を作ること。

どうしてもミスが続く、ときにはこういう意識でストロークを変えていくと良いでしょう。

 

ストロークでラケットを振り抜くのが怖い人は、ゆったり振り抜くことを覚えよう

 

1.振り切らないといけない、と自分を追い込まないこと

試合だと、なかなか調子が上がらない。

序盤に振れなくなると、試合の終盤までずっと憂鬱な人、いますよね。

誰だって、いつも調子が良い訳じゃない。

私たちにできることは、序盤に振れないと感じたら、どうするのか。

ストロークの調子が悪い、振っても当たり損ないやアウト、ネットばかり、のときに何を変えるのか。

焦る必要は無いでしょう。

アナタ自身、まずはスウィングスピードを「落とす」ことが大事です。

 

2.「合わせる」ストロークとは、違う

これをしっかり、分けて考えましょう。

スウィングスピードは落とすけど、しっかり振り切る。

ゆったり振る、ことだけを意識する。

速い準備で足を止める、そして、ラケットの振り出しを少し早くして、タイミングを速く取る。

合わせようとするストロークだと、全てが受け身になって結果的に打点が後ろになるんですよね。

これだと、結局相手に攻撃されて終わり。

ゆったりでも、ラケットを「振り切ること」が大事。

振り切れていれば、自信も復活してきますからね。

 

3.ゆったりしたスウィングを、速くしていけば良い

そもそも、私は調子が良くても悪くても、序盤はゆったり目のスウィング、から入ります。

そこから速くしていく、ことがギアを上げていく、調子を上げていくのにつながる。

最初からフルスウィング、だと、当たらなかったときに怖いんですよね、テニスの試合は。

ゆったりしたスウィング、を速くすることは難しく無いし、堅い。

序盤に調子が上がらない人は、ここからチェックしてみると良いですよ。

 

4.ゆったり振り切る、フィニッシュポイントを作る

例えば片手のフォアハンドなら、ラケットを持っていない手でしっかりスロートを掴む。

両手バックハンドなら、軽く背中を触る。

ここまでは、しっかり振りましょう。

ただし、ゆったりスウィングは速くし過ぎないこと。

繰り返しますが、ゆったり振れれば、ボールもよく見えるんですよ。

ミスが減って、ラリーが増える。

こうしていくことが、試合を作っていく第一歩です。

 

5.回転系のショット、はしっかり意識しよう

ゆったり振っても、しっかり振り切れば回転がかかる。

この意識、は女性の方でも大事です。

多少、回転量は落ちても良いと思いますけどね。

回転をかけない、ようなスウィングになったら、それは逃げている証拠。

逃げてフラット気味に、当てて返球するだけ、になっているときでしょう。

自分でチェックポイントを設けて、試合の中で修正していける。

それが勝てる選手、です。

 

シングルスでもダブルスでも、基本は一緒です。

ストロークの調子のコントロールは、自分から主体的にやっていかないと。

待っているだけ、だとそのまま試合終了です。

こういうこと、普段の練習からしっかり意識すること。

練習から改善癖を付けて、試合に挑んでいきましょう!

ピックアップ記事

  1. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  2. 「第3回 読者ミーティング」を開催します
  3. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  4. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  5. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

関連記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    低い打点のストロークでは、「顔の向きと頭の位置」でボールをコントロールできると安定する!

    低い打点のストロークは、きっとアナタが思っている以上にリスクが高い。…

  2. ストローク

    「ショートラリーで攻撃力アップ」ウォームアップからテニスの試合に必要な技術は身に付く!

    色んな学校の部活へ行ってテニスを教えているけど、毎回最初はショートラリ…

  3. テニス ダブルス

    ストローク

    ドロップショットの目的を、もう一度確認しよう

    ストロークの打ち合いで、押されてしまう。その中で、まともに打…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    「セミショートクロス」を、試合で使っていこう

    もうすぐ全仏オープン。クレーコートでの熱い戦いでぜひ注目して欲…

  5. ストローク

    フォアハンドがおかしくなるのは、軸足の意識が足りないから

    テニスを始めたばかりのころは、楽しくて仕方なかったフォアハンドストロー…

  6. テニス 準備

    ストローク

    どんなテニスの作戦も、基本は丁寧なプレーを一つ一つ繋げていくことが大事

    自分のプレーを見直したいとき。この基本を、まずは意識してみて欲…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストローク

    骨盤を動かして腰を回すと、コントロール力アップ!
  2. テニス ボレー

    ボレー

    正面に来たボレーを、「バックハンドでさばく」メリット5つ
  3. テニス ストローク

    練習メニュー

    テニスにおいて、高レベルのダブルスの試合で増える「ストレートへの展開」の練習メニ…
  4. テニス ロブ

    リターン

    強烈なサーブも無効化に出来る、「ブロックリターン」はしっかり身体を寄せて打とう
  5. シングルス

    シングルスの試合で、「低い打点のストローク」はクロスに来る
PAGE TOP