テニス メンタル

メンタル

テニスに真剣に取り組んでいれば、批判に対するタフさは自然に身につく

皆さんも、これからテニスを続けていけば色々な経験をする。

時には、批判されて落ち込む、そんなこともあるでしょう。

ですがそのとき、アナタ自身が強い意志を持っていれば大丈夫。

きっと、テニス以外の部分でも、大いに役立つでしょう。

 

テニスに真剣に取り組んでいれば、批判に対するタフさは自然に身につく

 


 

1.批判されてこそ、アナタの独自性が認められたということ

批判を恐れてはいけません。

言葉で言うのは簡単ですが、なかなか難しいですよね。

私も、人から言われて落ち込むことはたくさんあります。

ですが、少し凹んでもすぐに立ち直るのにも自信がある。

なぜなら、自分には「こういうテニスがしたい」「こういうテニスで、勝てるはず」という意志があるから。

だから批判の中にも、自分に活かせる部分を必死で探す。

その姿勢は、テニスから教えてもらいました。

 

2.批判から耳をふさいでは、もったいない

アナタに向けられる批判にも、色々な種類があるでしょう。

私がオススメするのは、全ての批判を同じととらえて「耳を塞いでしまう」ことはもったいない、ということ。

なぜなら、アナタのことを心から想ってアドバイスしてくれている人、もたくさんいるからです。

自分の意志があれば、批判にもしっかり耳を向けられる。

でも、自分に意志がないと、批判から全て耳をふさいでしまう。

ほとんどの人が、後者ではないでしょうか・・・?

 

3.意志を持つのに、テニスのレベルは関係ない

「でも、私は初心者だし、自分のやりたいテニスとか言えるレベルじゃない・・・」という方。

それは、逃げているだけ。

自分で考える、決断するということに、レベルは関係ありません。

むしろ、初心者やテニスを始めて間もない人ほど、自分のテニスについて決断していかないといけない。

一つの方向性ですから、間違っていると思ったら軌道修正すれば良いんです。

何も考えないで、のほほんとテニスしているだけだと、試合に勝てるようにはなりませんよ。

 

「私はただ、楽しくやりたい!」

そういうご意見、たくさん頂きます。

「だから好きにやりたいんです!」という方は、それでも良いでしょう。

ですが・・・本当にそれで、楽しいと思えてますか?

試合に勝っても負けても、成功しても失敗しても、嬉しさのレベルが同じ人・・・。

そういう人って、何かを誤魔化しているだけじゃないでしょうか。

 

今回のまとめ

批判されてこそのテニス、自分の批判に、耳を傾けていこう

 

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  4. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  5. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

関連記事

  1. テニス 人脈

    メンタル

    「アイツ、苦手なんだよな・・・」と思う苦手意識は、ココから変えていきましょう

    どうにも、勝てない相手がいる・・・。それは、身内の仲間か、また…

  2. テニス Q&A

    メンタル

    学生時代の選手は、必ず「突然変異」がテニスに起こる、いや起こさせないとダメ

    コツコツ練習を続けて、試合も出ているけど、テニスが上達しない。…

  3. テニス ダブルス

    メンタル

    「ミスが怖くて粘ってる相手」は全然怖くない

    皆さん、粘り強い相手は試合で嫌ですよね。でも、よく見極めて欲し…

  4. メンタル

    強くなるテニス選手は、「これくらいで良いか・・・」の「これくらい」が、ものすごく高い

    意識が低い、高いという話、よく聞きますよね。テニスに対して意識…

  5. メンタル

    嫉妬心や羞恥心の隙間に、人の弱さが生まれる

    いつの間にか、勝てなくなってしまった。テニスは頑張っている、…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    決断しないから、言い訳ばかりが浮かんで来る

    決めて断つ、のが決断。決断出来る人は、テニスでも強いし、上達も…

特集記事

  1. シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「クロスラリーからストレートに展開する有効な」タイミ…
  2. 戦術

    試合の中で、自分が当たり損なったら・・・?
  3. テニス リターン

    メンタル

    「勝てそうで勝てない試合」を無くしていくのに、必要な準備4つ
  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「打ちたい方向にストロークを打つ」シンプルな方法5つ
  5. テニス メンタル

    ストローク

    スライスストロークがいつも浅くなる人は、「ラケットを持つ腕の肘を曲げ過ぎ」な可能…
PAGE TOP