テニス ミス

メンタル

「負け癖」を拭い去っていく為に必要なのは、〇〇を変えること

テニスの試合、なかなか勝てない。

練習は一生懸命やっているのに、なぜか勝負弱い自分・・・嫌になりますよね。

これには、テニスコートの上だけでは解決できない問題が潜んでいます。

学生時代には、私も考えもしませんでしたが。

今なら、こう思うんですよね。

 

「負け癖」を拭い去っていく為に必要なのは、〇〇を変えること

 


 

1.私生活の成長無くして、テニスの成長は無い

こんな話、高校生の私なら耳を貸さなかったでしょう。

よく、「人間力が足りない人は、テニスも成長出来ない」みたいな話を聞かされて、「またかよ・・・」と思っていました。

今なら、当時の自分を殴り飛ばしたい気持ちです。

私生活がしっかりしていない人が、テニスの試合で結果を出せる訳が無い。

人は、8割以上が「癖」で出来ていると言われます。

私生活の成長・・・そもそも、何のこっちゃ?という感じですよね。

要は思考を変えていく、柔軟性を持つということだと思います。

 

2.私生活で「負け癖」付いていませんか?

テニスの試合、「負け癖」が付いている人はなかなか勝てない。

そもそも、「負け癖」って何でしょう。

目には見えない、非常に根深いこの癖の正体は・・・どこかで「自分はこうだから」と決めつける、自分自身だと思います。

強い相手に健闘する自分も、まぁ自分はいつもこうだから。

シコラー相手に終盤に逆転されるのも、まぁ自分はいつもこうだから。

良い試合はするけど勝てない、まぁ自分はいつもこうだから。

そう考える思考、こそ「負け癖」の根底にあるもの。

柔軟性も無いし、すぐに決めつけて逃げる。

「自分」という商品にプライドを持つ、ことは大事だと私は思います。

プライド・・・それは高過ぎると、それはそれで仇になりますけどね。

 



 

3.「プライド」は高いと問題だけど、無いのはもっと大問題

「自分」という商品があるとしましょう。

その商品に、しっかりと品質に責任を持つ。

「自分」が試合をするんだから、恥ずかしいことはできない・・・と思えるかどうか。

例え結果は負けるにしても、「自分」という商品に対してしっかり責任を持つ。

その責任とは、「遂行責任」です。

しっかり準備して、しっかり戦う。

「自分はこうだから・・・」と、甘えない、逃げない。

私生活でも同じ、じゃないですか?

言い訳をしないで、自分としっかり向き合って勉強や仕事に打ち込む。

これって、持って良いプライドだと私は思います。

高過ぎると自分の首を絞める、でもプライドが無いとテニス選手としては戦えない。

自分の中で、ぜひ考えてみて下さい。

 

プライド、自分という商品への意識。

それは、確実にアナタのテニスを「タフ」にしてくれる。

タフさが無い人、テニス選手なんて、観ていて何も感じない。

そう、典型的な「負け癖」が付いている選手だと思います。

「そんなこと言っても、勝てないんだよ・・・」という皆さん。

本当に遂行責任、果たせてますか?

ピックアップ記事

  1. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  4. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  5. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

関連記事

  1. テニス 試合

    メンタル

    意識高い系、しかテニス界では生き残れない

    「相変わらず、意識高い系ですね」年末年始に、久しぶりに会った…

  2. テニス ボレー

    メンタル

    ジャッジが汚い人は、そもそも余裕が無い

    ジャッジが汚い、そんな相手と試合で対戦するとき。こっちのメンタ…

  3. メンタル

    勝ちに執着しないと、次のステージは見えて来ない

    テニスの実力で、もう一歩、次のステージに進みたい。そう考えてい…

  4. テニス 戦術

    メンタル

    テニスの試合はリードを奪うのは簡単だけど、「リードを守るのは難しい」のはなぜなのか?

    テニスの試合、誰でもまくられた経験はあるはず。リードしていても…

  5. テニス 目

    メンタル

    「テニスの試合で必要な観察眼」は、日常生活でこそ磨かれる!

    テニスの実力、それぞれのショットは普通なのに、なぜか試合で勝ち上がる。…

  6. テニス 雨

    メンタル

    「雨の日」、「怪我したとき」、「試合で初戦敗退した日」にこそ、テニスが強くなれる根源がある

    昔ジャパンオープンのお手伝いをしていた頃、ある選手が口にしていた言葉を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ロブ

    「取らせるロブ」を身に付けることで、ネットプレイヤーに対してショットの幅が拡がる…
  2. テニス スマッシュ

    練習メニュー

    身近に上手い人がいるなら、テニスは教わるよりも感じれるようになろう
  3. テニス メンタル

    その他

    テニス部を「引退」していく学生の皆さんに、私から伝えたいメッセージ
  4. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのトスアップの基本、「肘は伸ばして肩支点」を再チェックして安定させよう!
  5. テニス ハードコート

    メンタル

    試合でどうしようもなく緊張するときには、「結果は既に、決まっているもの」と考えて…
PAGE TOP