テニス ボレー

ボレー

バックハンドボレーの準備は、「利き腕では無い方の手のひら」を使えば抜群に安定します!

バックハンドボレーのミス、大半は「準備が遅いのと、大きい」のが原因になっていることが多い。

つい後ろに引き過ぎたり、ラケットのセットの位置が安定しない感じになって、結果的に安定しない人には、まずココを意識して欲しい。

片手の方でも、両手の方でも、利き腕で無いほうの腕でラケットを主導していけば、抜群に安定します。

苦手意識があるから、自分で色々こねまわしてしまう・・・というのをこの機会に、修正してみませんか?

 

バックハンドボレーの準備は、「利き腕では無い方の手のひら」を使えば抜群に安定します!

 


 

■肘は必ず、身体より前にセットして後ろにいかないように

まずは身体より前に、肘があること。

これがボレーにおける基本です。

バックボレーのときには、この基本を徹底しつつ、利き腕で無いてのひらでラケット位置を決める。

自分の打点の50cm上にセットして、ラケットを少し上から入るイメージで準備しましょう。

 

■顔の横にラケットをセットすることで、目線に近い位置に打点が安定する!

顔の横に、利き腕でない手を使ってセットする。

この意識を持っておけば、顔の近くに打点をもっていけるので自然に安定していきます。

利き腕で準備、するのではなく反対の腕で手動していくことが大事。

リラックスして打てるように、ボールをヒットするまでは脱力してボールを引き付けるように意識しましょう!

 

■準備は相手が打った瞬間に!

ボレーの準備こそ、相手が打った瞬間にシンプルに。

上半身を少し斜めにひねりながら、このラケットの準備を意識してみて下さい。

コツとしては、準備の位置を少し高めにセットしておくこと。

これはぜひ、初心者の方も意識してもらいたいポイント。

スライス回転のかかった安定したバックボレー、目指していきましょう!

 

ボレーだけでなく、利き腕でない手でラケットを主導していく動きは、ストロークでも必要。

なるべく利き腕の握力を残しておく為にも、いかに温存するかも考えてみて下さい。

ちょっとした工夫で、練習も試合も疲れなくなるはず。

これこそまさに、テニスの上達の証です。

ピックアップ記事

  1. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  2. メルマガ配信、登録を開始します!
  3. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  4. その練習を、疑おう
  5. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

関連記事

  1. テニス 練習

    ボレー

    ダブルスの並行陣、「ファーストボレーは、深ければ良い・・・」だけだと、相手前衛に捕まりやすい

    サーブ&ボレー、シングルスよりもダブルスで使う機会が多いんじゃないでし…

  2. テニス 言葉

    ボレー

    ネットに詰めて、相手のいないところに落とすから決まる

    ダブルスが上手くなっている、と急に感じる瞬間。これは、きっとみ…

  3. テニス ストローク

    ボレー

    ダブルスの試合に前衛で武器になる、「ポーチからのドロップボレー」は絶対に身に付けよう

    ポーチボレーで、前衛として攻撃していくのはダブルスの基本。特に…

  4. テニス 準備

    ボレー

    テニスの試合、「ネットに詰めれば詰める」ほど、上半身はリラックスしていこう

    テニスの試合の中で、ネットに詰めていくこと。これは、レベルが上…

  5. ボレー

    やっと届いたハイボレー、逆クロスにしか打てないはず

    相手のロブが良い、手を伸ばしてやっと届いた時・・・コースはどうでしょう…

  6. テニス ストローク

    ボレー

    「ボレーがどうしても安定しない!」という人が身に付けるべき試合で使えるボレーのコツ4つ

    テニスを初めてまず最初に習うのがストローク、そして次にボレーという感じ…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    ダブルスの試合、ビビリはパートナーに伝染する
  2. テニス メンタル

    テニススクール

    良い台になれる人、こそ練習の主役になれる
  3. テニス ストローク

    ストローク

    「バックハンドストロークがしっかり当たらない・・・」人が見直したい4つのポイント…
  4. 戦術

    感覚を自分で言語化出来れば、テニスは強くなる
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    雁行陣でも並行陣でも、「後衛を信じてポーチに飛び込んでいく」勇気が前衛には必要で…
PAGE TOP