テニス ボレー

フットワーク

「流れるようなネットプレー」の裏には、テニスで必要な効率的な体重移動が不可欠です

ボレーが得意な人は、その滑らかな動きが素敵。

実際に力強く打っている感じではなくても、ボールがスーッと伸びていくような軌道で、相手コートの深くに入る。

そんなプレーの裏側には、フットワークにおける滑らかな体重移動があります。

上半身はあくまでリラックス、下半身はどしっと重心が落ちている、そんなネットプレーを身に付けていきましょう。

 

「流れるようなネットプレー」の裏には、テニスで必要な効率的な体重移動が不可欠です

 


 

■ボールを打つ瞬間には、前足が浮いた状態がベスト

ボレーを打つ瞬間、良い態勢のときの特徴はありますか?

前足が浮いた状態で踏み込めているとき、しっかり横を向けているときは、きっと良い「抑え」が効いているはずです。

その前足を踏み込んだときに、膝がしっかり曲がっていると、ラケットが上から入る軌道になってスライスがかかる。

さらに次への動作へもスムーズに移行できるので、意識してみて下さい。

 

■かかとからコートに着地していく、フットワークの連鎖を作る

スススッという滑らかな動きの陰には、かかとから着地してコートを移動するフットワークがベースにあります。

つま先から着地すると、前につんのめるような感じになって、頭から突っ込んでいきやすい。

ネットプレーでは、自分の前足が見えるくらい、しっかり足をかかとから前に出していくこと。

上半身ではなく、まず下半身からボールに対して反応させていくことで、テニスは安定感が生まれます。

足から反応できるようになると、打った後に詰める動きもよりスムーズに。

ネットプレーは連続性が大きな武器になりますので、アナタ自身一発で仕留めようとボレーに力が入り過ぎていないか・・・見直してみて下さい。

 

■ポジショニングは打った後、相手がボールを触る前に決まる!

ネットプレーには、ボレーのラケット技術と同じくらいポジショニングが重要

左右だけでなく、前後のカバーも求められます。

自分が打って、次への動作に迷いが無い人は、その動きも滑らかになります。

体重移動をしっかりしたボレーにする為には、この「良いポジションへの移行」をスムーズに行わなければいけません。

ボレーはいつも飛びついたり、触るのがやっと・・・という人は、その準備の意識から見直してみましょう。

 

良いネットプレーのフットワークは、ボールを打っていないときの動きに迷いが無い。

もちろんそれは経験から成せる業ですが、苦手意識がある人も、まずはしっかり「構え直して低い態勢になる」ことから意識しましょう。

その後に相手に応じてネットに詰める、ロブをケアするような段階に、ステップアップしていければ良いのではないでしょうか。

体重移動、滑らかな動きの裏には、速い準備と構え直しが不可欠。

普段の練習から意識してみましょう!

ピックアップ記事

  1. ご質問頂いた件につきまして
  2. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  3. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  4. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  5. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう

関連記事

  1. テニス 楽天

    フットワーク

    相手の走力を把握できれば、安全なコースで試合に勝てる

    テニスの試合では、出来るだけ安全策で勝利したい。そんなに都合良…

  2. テニス ストローク

    フットワーク

    横に流れるランニングショット、打った後に反対側をカバー出来てますか?

    オムニコートで、ザザザザーーっと滑っていく選手。前にも横にも、…

  3. テニス ストローク

    フットワーク

    前に走ってボールを処理するときは、その後のポジションを考えよう

    浅いボールを処理して、さぁ次!と思ったら・・・簡単に抜かれてし…

  4. フットワーク

    前後の動きに、強くなる!には…?

    試合に強い人、の大きな特徴の一つ。それは、前後の動きに強いと…

  5. テニス メンタル
  6. フットワーク

    ネットプレーに強い人は、これを意識している

    試合の中で、前でポイントが取れる。ボレー戦に強い、前衛が得意…

特集記事

  1. テニス 計算

    戦術

    テニス選手として、研究されてからが本当の勝負
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのスピン回転の基本は、早めのラケットヘッドダウンから
  3. テニス リターン

    Q&A

    Q&A「周りに自分よりテニスが強い選手がいません・・・」
  4. テニス リターン

    ボレー

    テニスにおいて、「ボレーの基本はラケットヘッドを立てる」だけだと、低いボールの処…
  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    テニスの試合で「浅いボールをスマッシュで打ちにいく」のは簡単ではないので注意が必…
PAGE TOP