テニス ボレー

フットワーク

「流れるようなネットプレー」の裏には、テニスで必要な効率的な体重移動が不可欠です

ボレーが得意な人は、その滑らかな動きが素敵。

実際に力強く打っている感じではなくても、ボールがスーッと伸びていくような軌道で、相手コートの深くに入る。

そんなプレーの裏側には、フットワークにおける滑らかな体重移動があります。

上半身はあくまでリラックス、下半身はどしっと重心が落ちている、そんなネットプレーを身に付けていきましょう。

 

「流れるようなネットプレー」の裏には、テニスで必要な効率的な体重移動が不可欠です

 


 

■ボールを打つ瞬間には、前足が浮いた状態がベスト

ボレーを打つ瞬間、良い態勢のときの特徴はありますか?

前足が浮いた状態で踏み込めているとき、しっかり横を向けているときは、きっと良い「抑え」が効いているはずです。

その前足を踏み込んだときに、膝がしっかり曲がっていると、ラケットが上から入る軌道になってスライスがかかる。

さらに次への動作へもスムーズに移行できるので、意識してみて下さい。

 

■かかとからコートに着地していく、フットワークの連鎖を作る

スススッという滑らかな動きの陰には、かかとから着地してコートを移動するフットワークがベースにあります。

つま先から着地すると、前につんのめるような感じになって、頭から突っ込んでいきやすい。

ネットプレーでは、自分の前足が見えるくらい、しっかり足をかかとから前に出していくこと。

上半身ではなく、まず下半身からボールに対して反応させていくことで、テニスは安定感が生まれます。

足から反応できるようになると、打った後に詰める動きもよりスムーズに。

ネットプレーは連続性が大きな武器になりますので、アナタ自身一発で仕留めようとボレーに力が入り過ぎていないか・・・見直してみて下さい。

 

■ポジショニングは打った後、相手がボールを触る前に決まる!

ネットプレーには、ボレーのラケット技術と同じくらいポジショニングが重要

左右だけでなく、前後のカバーも求められます。

自分が打って、次への動作に迷いが無い人は、その動きも滑らかになります。

体重移動をしっかりしたボレーにする為には、この「良いポジションへの移行」をスムーズに行わなければいけません。

ボレーはいつも飛びついたり、触るのがやっと・・・という人は、その準備の意識から見直してみましょう。

 

良いネットプレーのフットワークは、ボールを打っていないときの動きに迷いが無い。

もちろんそれは経験から成せる業ですが、苦手意識がある人も、まずはしっかり「構え直して低い態勢になる」ことから意識しましょう。

その後に相手に応じてネットに詰める、ロブをケアするような段階に、ステップアップしていければ良いのではないでしょうか。

体重移動、滑らかな動きの裏には、速い準備と構え直しが不可欠。

普段の練習から意識してみましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  4. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  5. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

関連記事

  1. テニス 錦織圭

    フットワーク

    テニスの試合で「守備が苦手・・・」な人は、自分が打ったコースと守るテリトリーを意識しよう

    テニスの守備意識、皆さんはどうでしょうか?試合に勝てない、相手…

  2. テニス スライス
  3. テニス ボレー

    フットワーク

    アレーにしっかりコントロールしたければ、横向きを徹底してボールに入ろう

    レベルが高い試合になってくると、当然ダブルスでも「アレー」に打つ機会が…

  4. テニス 言葉

    フットワーク

    テニスの試合で流れを変える、「超攻撃的守備」を実現させる為の4つの発想

    「攻撃は最大の防御なり」という言葉、ありますよね。ですが実際に…

  5. テニス 走力
  6. テニス ポーチ

    フットワーク

    相手へのフェイントが効きやすいタイミング、を考えてみよう

    テニスでは、自分が打ったら次は相手。つまり、自分が2回連続でボール…

特集記事

  1. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「サーブが強力な対戦相手」と対峙した時の為に、2バックの陣形は…
  2. テニス 練習

    日々の雑記

    勝つことは難しくない、勝ち続けることが難しい
  3. テニス メンタル

    メンタル

    メンタルが弱いんじゃなくて、考え方が狭いだけ
  4. テニス 練習

    日々の雑記

    テニス草トー大会の闇、順位調整
  5. テニス メンタル

    ダブルス

    本当に深い絆でつながったダブルスパートナーは、苦しい時にこそ支え合える
PAGE TOP