テニス メンタル

メンタル

勝つ為、ではなく自分を磨く為

「自分は、何のために試合をやるのか」

この問いかけを、みなさん最近自分に対して出来てますか?

ただ何となく「勝ちたい」から、だけだと・・・どうでしょう。

勝てないとイライラするし、勝っても得るものが少ないかも知れない。

それに、いざ「あと少しで勝てる」となったときに、緊張して勝ちビビってしまうと思うんですよね。

 

勝つ為、ではなく自分を磨く為

 


 

1.「勝つ為」が目的だと、おかしくなる

正直、辛いと思います。

試合の中で、勝つことだけが目的になると。

セルフジャッジの試合ですから、甘い誘惑にも苦しめられる。

「ちょっとくらいのインは、アウトにしても良いか・・・」と、悪魔のささやきが聞こえて来る。

もちろん、気持ちは分かります。

勝ちたいから試合に出る、当たり前のことかも知れません。

でも、それだと勝てない。

私の経験上、強い人ほど勝利には週執着していないんです。

 

2.試合に出るのは、「自分を磨く為」

その先に、結果的に勝利がある。

テニスをする、試合に出るのは、あくまで自分を磨く為、と考えている人はどうでしょう。

試合にも強いし、自分自身の軸がぶれない。

それに、いざという場面で、緊張もしない。

なぜなら、勝つことではなく自分を磨くこと、が目的だから。

緊張するような場面こそ、最高に自分の成長につながりますからね。

 

3.自分の成長は、自分でコントロール出来る

自分を磨く為に試合に出ている人は、自分をコントロール出来ている。

ある意味、結果には執着していないですからね。

自分を出し切ること、決めたことをやり切ることに集中している。

とは言っても、やっぱり「勝利」が目の前に近づいてくると、心が揺さぶられます。

でもやっぱり、それを跳ね返す。

「自分を磨く為」という目的がぶれない限り、目の前の勝利を焦らない。

みなさんも、意識次第で絶対に変わりますよ。

 

4.メンタルが強いとは、こういうこと

あくまで結果的に、かもしれませんが。

勝利に執着していないし、目の前のスコアに自分自身がぶれない。

こういう選手、が大会を勝ち抜いていくのがテニスです。

勝つ為に頑張ること、と、自分を磨く為に頑張ること。

これは近いようで、実は自分へのプレッシャーは大きく違う。

言葉の力を借りても良いと思います。

自分を磨く為の試合、を大事にしたいと考えてみる。

それが試合の大事な場面で、アナタを助けてくれるはずです。

 

自分を磨くことに、遅すぎることは無い。

私自身、まだまだテニスを知らないと思っていますし、学びたいことがたくさんある。

だからこそ、試合に出続けていくこと、が大事だと思っています。

そりゃ、勝ちたいですよ。

ですが結果的に、勝つ為に試合に出る、以上のものを得ることが出来る。

自分を磨けるテニスは、やっぱり最高です。

ピックアップ記事

  1. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  2. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  3. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  4. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  5. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います

関連記事

  1. テニス スポーツ

    メンタル

    プレッシャーに勝つとか負けるとか、そういう発想の時点で負けている

    試合でメンタルが弱い、そんな自分が嫌で変えたい・・・という人。…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    過去の栄光にしがみついて生きる選手、が多い

    一度実績を残すと、それで満足してしまう人。これが多いのが、悲し…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    「勝ち上がる気、あるのかっ?」テニスのトーナメントを勝ち抜くために

    高校卒業してから上京してテニスコーチになったんだけど、そこでコーチしな…

  4. テニス シングルス

    メンタル

    試合でどうにもミスが続くときには、ミスという言葉を使わないこと

    どんなに準備しても、ミスが止まらないときはある。特に試合の序盤…

  5. テニス シングルス

    メンタル

    テニスが楽しくない、というのは、ある意味楽しめている証拠かも

    「最近、テニスが楽しくないな・・・」と、感じている皆さん。すごく、…

  6. メンタル

    格上相手の試合こそ、アナタのテニスの真の姿

    自分の本当の実力、どれくらいなんだろう。この疑問を常に持ち続け…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ラケット

    ボレー

    しっかりと重たいボレー、に変えていくための7つのコツ
  2. その他

    「中学生なら高校生、高校生なら大学生」と、次のステージのテニスは早めに観て感じて…
  3. ストローク

    「フルスウィングでゆっくりね」しっかり振り切ることでテニスの試合で使えるストロー…
  4. テニス 準備

    戦術

    勝ちパターンは大事だけど、固執すると幅を狭めるだけ
  5. テニス メンタル

    ストローク

    フォアハンドが打てない、グリップも分からない症候群に陥ったみなさんへ
PAGE TOP