テニス 雨

その他

テニスのやる気が起きない時に、自分を責めるのは止めよう

最近、読者のみなさんのコメントやお便りを読んでいて、感じることがあります。

本当に、みなさん真面目に試合に勝ちたい、テニスと真摯に向き合っているな・・・と。

私自身も頭が下がる思いです、だからこそ。

あまり自分を厳しく追い詰めること、だけはしないで欲しいんです。

 

テニスのやる気が起きない時に、自分を責めるのは止めよう

 

1.両極端、には近づかないこと

テニスでも他のスポーツ、勉強や仕事でもそうですが、両極端にいては厳しい。

一つは、欲望に執着してやりたいようにやる、怠けること。

そしてもう一つは、あまりに自分を苦しめ続けること、です。

テニスに真面目で、真摯な人ほどこの2つ目の極端なポジション、に陥りがちな傾向にあると思います。

テニスで鬱になる、なんて大げさでも無い話ですから。

ぜひ、肩の力を抜いて、自分を自然体に戻すような時間を作って欲しい。

これが、私からの願いでもあります。

 

2.自分を苦しめても、上達スピードは上がらない

厳しい練習、準備、振り返り・・・を繰り返すこと、は大事です。

ですが、その厳しさに比例して、実力が養われるかどうかは、難しい問題。

もちろん、成果が上がる時もあるでしょう。

でも、多くは「何でこんなにやってるのに、自分はダメなんだ・・・」となってしまう。

自分を更に苦しめて、より悪い方向に向かっていくような人って、結構多いと思いますよ。

真面目だからこそ、自分を苦しめてしまう。

そんな人は、まずここから意識してみてはどうでしょうか。

 

3.「やる気が出ない自分」を、受け入れる

私も、昔はダメでした。

やる気が無い自分、どこか休みたがっている自分が許せない。

でも、そんな気持ちで無理やり練習しても、あまり成果は出ないんですよね。

自分は本当は今日、テニスコートに行きたくないのに・・・無理やり、身体を動かしている感じ。

もっと、自分の気持ちに正直で、自然体であって良いと思うんですよね。

テニスをやりたくない、そんな日があっても良い、続いても良い。

何も焦る必要は無いですし、やる気が無い自分、としっかり向き合えば良いんです。

私は、そういう人の方がずっと人間らしいし、結果的にテニスも上達していくと思いますよ。

 

4.自分を客観視する、これも良いトレーニング

自分をしっかり、客観的に管理する。

テニス選手なら、これがすごく大事になってきます。

つまりは、自分の今の気持ちやコンディション、をしっかり受け入れるということ。

これって、試合中でも起こり得ることじゃないですか。

「もうダメかな・・・」と思ってしまう自分を、鼓舞することは大事ですがその前にまず受け入れる。

ダメだと思うなら、何が出来るだろう、と。

自分の感情を否定しても、結果的に上手くいかないじゃないですか。

ぜひ、みなさんもこれくらいの気持ちで、日々テニスと向き合って頂きたいと思います。

 

必ず、気持ちやモチベーションには波があります。

「年中テニス、やる気満々です!」という人って、私はどこか信用できない。

もしかしたら、試合に出たりしてないんじゃないかな、とさえ思ってしまいます。

試合に出ていれば、そこに人の感情があり、評価が下りますから。

時に、しんどいと思って当然、それが普通。

T-PRESSはそんなみなさんと、一緒に成長していきたいと思っています。

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  4. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  5. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと

関連記事

  1. テニス 準備

    その他

    コートに慌ててギリギリに入るとき、アナタはもう負けている

    大会のディレクターをしていたときに、こんな傾向を感じました。試…

  2. テニス テニスボール

    その他

    「君は大学王座の試合を、観たことがあるか?」今年も早稲田が強かった

    先週末にて、大学テニス界の頂点を決める戦い、「全日本大学対抗テニス王座…

  3. その他

    人の意見を聞き過ぎても、強くはなれない

    最近私が、改めて感じていること。自分の意志で決めて、自分のテニ…

  4. テニス 戦術

    その他

    「上手くなりたい」って、簡単じゃない

    読者のみなさんの気持ちは、本当によく分かります。テニスが上手く…

  5. テニス 部活

    その他

    「トップダウン型ではなく、ボトムアップ型へ」テニス部の部活動は、今まさに変革期です

    高校サッカーのチームで、ここ2~3年面白い話を聞く機会が多い。…

  6. テニス 感覚

    その他

    自分のテニスについて、「イメージと実際のフォームには、ギャップがある」ことを知るのが大事

    どんなにテニスが上手い人も、まず最初は自分の「下手さ」を知るところから…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    コントロールの良いネットプレーは、「ボールを飛ばす方向を見ない」ことから
  2. テニス リターン

    メンタル

    最後のフィニッシュが雑、なのは性格も問題な可能性有り
  3. テニス スマッシュ

    戦術

    「自分が攻撃しているのか、させられているのか」は、常に意識を
  4. テニス メンタル

    日々の雑記

    アナタが考える「テニスのウィッシュリスト」を作ってみよう
  5. テニス ミス

    戦術

    午後のテニスの試合、は実は要注意な件
PAGE TOP