テニス メンタル

ストローク

どこまでもどこまでも、試合で相手は返してくる

テニスの試合に出ているみなさんは、練習との違い、これを感じているはずです。

試合では、とにかく相手がしぶとい。

練習のように、簡単には諦めてくれない。

だからこそ、この意識で試合に入っていくことが、基本中の基本です。

 

どこまでもどこまでも、試合で相手は返してくる

 


 

1.ちょっとでも自分に満足したら、隙が生まれる

試合では、これがよくあります。

ナイスショット、自分で少しでも満足してしまうと、隙が生まれる。

ナイスショット1発、では試合は絶対に決まらない。

これでもか、というくらい、相手はしぶとく返球して来ますからね。

自分のショットに、ラリー中に満足してしまうと、相手に挽回のチャンスを与えてしまう。

これは、とにかく試合の中で意識しないとダメ、なんです。

 

2.一番の敵は、自分自身

ネットを挟んでいる相手、以上に手ごわいですよ。

とにかく、自分に対して甘い言葉をかけてくる。

「ナイスショット!」

「もう、これくらいで良いんじゃない?」

「よく頑張ったよ・・・本当に・・・」

こういう言葉を、試合中にアナタ自身にかけてくる。

声を聴いた経験、みなさんは無いですか?

一番の敵は自分自身、すぐに満足させて、試合への執着心を削いでくる。

相手に勝つ以前に、自分にしっかり打ち勝たないと、テニスの試合は勝利出来ないんです。

 

3.どこまでも返すことで、試合に勝てると知っている

強い相手は、このあたりよく分かっています。

相手コートに返せば、何かが起きる。

返し続けることが、一番のプレッシャーになる、ということを。

だからこそ、必死なんですよね。

どこまでも、どこまでも返球して来る相手、やっぱり嫌じゃないですか。

でも、試合ではこういう相手を倒していかないといけない。

アナタ自身、その覚悟を決めないとダメ。

覚悟を決めれば、どんな相手でも受け入れて、泥試合で倒していけると思えるはずです。

 

4.アナタ自身に必要なのは、良い攻撃を続けていくということ

ただ、ひたすらに。

攻撃を続けていく、自分の中でリスクを冒し過ぎないで、しっかり続けていく。

ちょっと上手くいったら満足、では相手の思うつぼ。

とにかく、良い攻撃を続けていく、どこまでも続けていって初めて、相手はプレッシャーに感じてくれるんです。

どこまでも返球して来るシコラータイプの選手でも、さすがに良い攻撃を続けられると辛いですから。

すぐに満足して、折れてミスしてくれる相手、では自分は無いよと。

そのメッセージを、試合では送り続けることが大事なんです。

 

でも、簡単なことじゃないですよね。

ただ、ひたすらに返球してくる相手と、出来れば試合はしたくない。

でもそう思った時点で、アナタの負け。

みんな、試合に勝ちたくて必死なんですから。

大事な試合の相手は、いつだって根鉢る良い。

だからこそ、倒し甲斐があるというもの、でしょう。

ピックアップ記事

  1. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  4. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「バックハンドストロークがしっかり当たらない・・・」人が見直したい4つのポイント

    フォアハンドは得意だけど、バックハンドがどうも・・・当たらない。…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    ドロップショットは、「踏み込んで高い打点から打つこと」で、より相手は動けなくなる

    ドロップショットが使えると、相手は前を警戒して後ろに下がれなくなる。…

  3. テニス フットワーク

    ストローク

    「後ろ足体重で引き付けるストローク」からの展開力を身に付けよう

    ネットプレーヤーに対して、どういうストロークが打てるのか?「そ…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合のラリーでは、自分が打った後は「ボールでは無く相手」を集中して見よう!

    初心者の方と、試合慣れしている方。一番の違いは、打った後の意識…

  5. テニス 練習

    ストローク

    「壁打ちでストロークを磨く」テニス独特の練習法を有効にする4つのコツ

    「壁打ち」と言えば、テニス独特の個人練習方法。一度は皆さんもや…

  6. テニス リターン

    ストローク

    「ゆるゆるテイクバック」が、テニスの基本です

    ストロークでもボレーでもそうですが、怪我が多い人ってグリップを強く握り…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス フットワーク

    ストローク

    ボレー対ストロークで浅いボールが取れないで2バウンドになるのは、「完全にストロー…
  2. テニス 環境

    メンタル

    「試合に勝てる選手」になりたければ、テニスが上達すること、環境が変わっていくこと…
  3. テニス メンタル

    その他

    良い意味で「対戦相手を認める」ことが出来れば、試合はもっと楽に戦える
  4. テニス ダブルス

    戦術

    完璧な戦術、作戦、陣形を求め過ぎる人は、結果的にテニスの試合に勝てない
  5. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で、「厳しいロブをしっかりカットして粘りたい」ときには、まず相手の出…
PAGE TOP