テニス 壁打ち

ストローク

テニスの壁打ち、ペースを上げてやってみよう

ストロークの構え直しが遅い人、遅いと感じている人。

そんな人は、ぜひ「壁打ち」をやってみて欲しい。

テニスの初心者の頃、または近所で一回くらいはやった経験、あるんじゃないでしょうか?

最近ではなかなか出来る場所が減ってしまいましたが・・・まずは想像してみて下さい。

 

テニスの壁打ち、ペースを上げてやってみよう

 


 

■壁打ちしている自分、を想像してみよう

ちょっと、軽く目を閉じてイメージしてみて下さい。

壁打ち、をしてみる自分を想像してみる。

ストロークを打って、壁にボールがぶつかって跳ね返って来る、そのボールをまた打ち返す。

簡単なようで・・・どうですか?跳ね返ってくるタイミング、速いと思いませんか?

普段、人とストロークラリーしているときよりも、かなり速い準備、求められると思いませんか?

構え直し、を早くするためにもテイクバックも小さく、フォロースルーもあんまり大きく取れない。

振り終わった・・・と思ったら、もう跳ね返ってくる、のが壁打ち。

しかも絶対に、壁はミスしないですからね。

 

■コンパクトな構え直し、の練習に壁打ちは最適

イメージは、ボレーヤーに向かって打つストローク、ですよね。

でも壁はそれより速く、正確に打ち返して来る・・・から、脅威です。

どうしても普段、人とだけ練習していると構え直しが多少遅れても相手がミスしてくれたりして、うやむやになって自分の欠点が気付かない。

壁を相手にしていると、自分がどう速く構え直すべきか・・・を常に考えないといけないですからね。

だから、壁打ちは最高の練習なんです。

速く打ったら、速く構え直さないといけない、基本を見直すことが出来るのに最高の練習です。

 

■壁と打ち合っている「エア壁打ち」でも効果大!

私は壁打ち出来る場所が無かったので、いつもエア壁打ちをしていました。

実際には、出来る場所があったのですが・・・人の家の壁だったので、打っていると怒られちゃってたんですよね。

でも自分の家に壁は無いし・・・という訳で、壁打ちした感覚で、エア壁打ち。

打ったふり、素振りをして跳ね返って来るタイミングで構え直す。

構え直して打って、またすぐにその繰り返し。

これだけ・・・で?と思うかも知れませんが、私のストロークはこれで劇的にミスが減りました。

壁打ちに慣れたら、対人のラリーって本当に楽。

皆さんもこの感覚、ぜひ味わって欲しいと思います。

 

壁打ち・・・なかなか出来る場所、少ないですよね。

ですが、真っ新な壁でなくても見つけたら少しやってみる、その感覚を素振りに活かす。

ただストロークを漠然と打ち合うよりは、よっぽど実戦的な練習が出来るはず。

何と言っても、相手は最強の相手、壁ですからね。

こんな発想ですが、ぜひ試してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  3. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  4. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  5. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について

関連記事

  1. テニス ストローク
  2. テニス ストローク

    ストローク

    威力はあるけど安定感が無いストロークは、「ラケットダウン」が出来てない

    たまに入る、威力のあるストローク。でも、安定感が無いから試合で…

  3. テニス 練習

    ストローク

    テニス初心者の方にありがちな、「ストロークで肘が後ろに残る形」を修正しよう

    テニスで「手打ち」と呼ばれる現象。そのほとんどは、肘から先の腕…

  4. ストローク

    片手バックハンドでパワーが欲しければ、アノ裏ワザしかない

    片手バックハンドストローク、もっとパワーが欲しい。これについて…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    スライスショットの返球の基本、バウンド地点に近付くことを徹底しよう

    テニスの試合やスクールのレベル分け、において、一つの目安になるもの。…

  6. テニス ソフトテニス

特集記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    テニスの試合では、「相手に主導権を握られて走らされる」ポイントで、異常に疲れます…
  2. テニス 水分補給

    水分補給

    テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  3. テニス リターン

    サーブ

    「相手のトスからサーブのコースを先読みする」ことが出来れば、もっとリターンゲーム…
  4. ストローク

    今一度確認しておきたい、「ドロップショットのメリットとデメリット」についてまとめ…
  5. その他

    テニスの試合に必要な、「深視力」を養おう
PAGE TOP