テニス メンタル

ダブルス

テニスのダブルスの試合で「リターンをストレートに展開する」メリット5つ

かつてダブルスの名手として活躍した杉山愛選手。

彼女がいつも口にしていたのが、「強い相手ほど、ダブルスのリターンはストレートへの展開が増える」という戦術。

どうしてもクロスへリターンが集まりがちのダブルスですが、上のレベルの相手になれば絶対的に、ストレートへの展開が必要です。

その理由を考えてみましょう。

 

テニスのダブルスの試合で「リターンをストレートに展開する」メリット5つ

 


 

1.ストロークが得意でも、ボレーを苦手にしているプレイヤーは多い

「上級者=ストロークが強い」というイメージは、特に学生の方に多いでしょう。

実際にシングルスではネットプレーは避けることができますが、ダブルスは前衛にいる限りそうはいきません。

試しに、ある程度低いボールをバックハンド側に打ってみて下さい。

怪しい雰囲気が出ればしめたもの。

どんどんストレートに打って「触らせる」ことで、相手からチャンスを引き出すことができます。

 

2.相手前衛のポーチを、しっかり足止めできる

リターンの仕事は、相手前衛との駆け引きに勝つこと。

クロスばかりのリターンでは、ポーチの餌食になりかねません。

ストレートへ試合の速い段階で展開することで、相手の前衛を足止めできます。

ポイントとしては、試合の早め、できればファーストポイントで打つこと。

試合の後半で打っても、あまり意味がありません。

アナタ自身が、「ストレートへも打ち分けられる人」という印象を、相手前衛に早めに与えていかなければなりません。

 

3.サーバーもストレートに意識がいくので、クロスへのシンプルなリターンがより活きる

ストレートへの展開が増えてくると、サーバーもリズムを乱してくれるかも知れません。

実際にロブも混ぜればケアする意識が高まりますので、通常のクロスのリターンがより有効になってきます。

特にサーバー側の実力が上、前衛が下、という凸凹ペアを相手にした際には、もう全部ストレートに展開しても良いくらいです。

格上相手の試合では、セオリー通りに試合を進行しても結果は同じ。

ストレートというアクセントを多めに混ぜていきましょう。

 

4.ビッグサーバーに対しても返球率を高めることができる

ダブルスの試合。ビッグサーバーはかなり脅威ですよね。

前衛もいるし、心理的なプレッシャーはシングルスよりもきついかも知れません。

そこで、「前衛の上にロブ」という道があれば、アナタの助けになる可能性大です。

デュースサイド側は後衛のサーバーに取らせてもバックハンドになりますので、怖くありません。

むしろ前衛に触らせるくらいでもOK。

コツは出来る限り、スライス面をギリギリまで隠すこと。

スライスでクロスのリターンを混ぜておくと、相手もコースを読み辛くてベストです。

 

5.いざ自分が前衛のポジションのとき、ストレートの展開に強くになる!

自分が実行している作戦は、相手が実行してきたときにも落ち着いて対応できます。

普段から主体的にストレートに展開している人は、相手からの展開にも強い。

だからこそ、勇気を持ってストレートに展開できるように、日々の練習から意識しておくと良いでしょう。

いきなり試合で実践、も良いですが、まずは仲間や部活内で「ストレートに打ち合う、ケアし合う」という環境を創りましょう。

 

ストレートに打つ、ということは試合のテンポを上げることになります。

当然打った後には、アナタの準備や構え、予測のテンポを上げていく必要があります。

それを覚悟したうえで、味方のペアと事前にしっかり相談しておいて、展開していきましょう。

このポイント間の息を合わせることができれば、読まれていたとしても大丈夫。

ダブルス巧者の近道、ぜひ意識して実践してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  2. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  3. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!

関連記事

  1. ダブルス

    「この前衛、出て来ないな」と思わせるマル秘テク4つ

    ダブルスの試合での、前衛で使える裏技。と言っても、大したことで…

  2. テニス サーブ

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合で、「若手ペアに勝てない・・・」と悩むシニアのペアの方へ

    早速、今回頂いたアンケートの中から少しだけ。ベテラン、シニアのみな…

  3. ダブルス

    ダブルスの試合で知らないと恥ずかしい、「後衛の基本的な役割」について5つのポイント

    ダブルスは前衛、後衛と求められる役割が違う。硬式テニスでは前衛…

  4. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスペアの一体感、言葉にするのは簡単

    試合で勝ち上がっていくのに、ダブルスでのペアの一体感は欠かせません。…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの前衛は、ネットに詰めてアングルボレーが基本です

    ダブルスの試合、強くなっていくには何が必要か。せっかくコート上…

  6. テニス ボレー

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合では、「前衛が触った瞬間にペースアップする」ことを頭に入れておこう

    ダブルスの試合、シングルスとの大きな違いとして意識したいこと。…

特集記事

  1. テニス 客観視

    メンタル

    苦しんだ人じゃないと、テニスは楽しめない
  2. テニス 陸上

    戦術

    楽して勝つのが許せない、という人は生涯トーナメントを勝ち抜けない
  3. テニス 戦術

    ダブルス

    ミックスダブルス、「女性側にボールを集められる」ことは想定内
  4. テニス 準備

    練習メニュー

    まず軌道から入る、技術は後から
  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブでいつも、「ラケットの変なところに当たる」人は・・・?
PAGE TOP