テニス 戦術

ボレー

沈められるって、実はチャンス

みなさんは試合で前に出る、ネットに詰めて沈められると…どうですか?

足下の処理というだけで苦手意識があり、怯んでしまう方も多いと思います。

こういう方は、すごく伸びしろがあります。

足下の処理は、テニスにおいて確かに難しい。

ネットという障害物を超えて、相手コートの内側にバウンドさせないといけないですからね。

でも、発想を変えれば大丈夫。

テニスでは、実はピンチこそチャンスに切り替えられる。

みなさんの発想次第、です。

ここが選手としての、岐路

何も、大袈裟な話ではなく…

本当に、実際そうなんですよ。

ネットより低い位置のボレー、これをどう自分の中で考えるのか。

難しい、ピンチと考えるだけでは、ずっとネットプレーに億劫になってしまう。

試合でも、なかなか前に出られない。

相手にもプレッシャーがかからないから、気持ち良く打たれて負けてしまう。

大袈裟な話ではなく、発想を変えないとずっと「負け組」ロードを歩んでいくことになりますよ。

テニスには、あるルールがある

2バウンドさせてしまうと、失点。

ノットアップというルールがありますから、これを活用するだけ。

足下に沈められたら、ドロップを打つチャンスだと考えるようにしましょう。

この発想は、常にネットに出たら持っておく。

相手のボールがどれだけ鋭く沈んできても、慌てないで前に落とす。

雁行陣で戦う相手や、シングルスの試合でもこの発想を持ちましょう。

相手が攻撃して来た時には、カウンターのチャンス。

沈められるって、快感ですよ。

「打てない」のではなく、「打たない」だけ

「でも、それってすごく難しい技術なんじゃ…」と、思いますか?

そういう方ほど、実際にやろうともしていない。

沈んで来るボールを返すことで精いっぱいな自分でいたい、ただそれだけなんです。

打てば、実は難しくないのかもしれない。

いや、実際沈んで来るボールを深く返す方が私の感覚では難しい。

だから、試合ではどんどん前に落とします。

なぜなら、それが一番勝てる確率が高い戦術だと思っているからです。

ストローカーさん、サヨウナラ

沈めるの大好き、若い男子たち

私はこういう考えのもとで、試合を戦っています。

先日も、元体育会の若い男子ペアで、もうストロークがグリグリで沈む、沈む。

でも、それはもう織り込み済じゃないですか。

だから、前に落とすだけ。

沈めて来る、それはつまりチャンスということ。

前に詰めて沈められるスペースを潰す、という戦術もありですが、私はあえて足下に打たせるようなポイントも作る。

そうすることで、「アナタには後ろで打たせません」というメッセージを贈ること、が出来ますからね。

相手の得意を封じる、これが大事

テニスの試合では、大事ですよね。

若いダブルスペアは、後ろからスピンで沈めるのが上手い、大好きな方が多い。

これを脅威に感じるのか、チャンスに感じるのか、はアナタ次第です。

テニスのルールを使って、前のスペースを活用する、走らせる。

多少、甘くなっても良いんですよ。

きっと相手は、「次沈めても、また走ることになるのか…」と、思いますから。

そうすると、集中力も乱れて来る。

相手の得意を封じるチャンス、もそこにはあるんです。

あとは、練習環境

これを、どうするかですね。

テニススクールでは、なかなか打てないかもしれません。

「沈められても、深くつなぐ」ことが正しいとされてますからね。

なぜなら、ラリーが続かないと「つまらない」「楽しめない」と思っている方も多いですから。

ここを、どうするかです。

ボレー対ストロークで、どんどんボレー側が仕掛けて前に落とせるような練習環境を、作れるかどうか。

みなさんは、どうでしょうか。

深く返して、安全に…?

これが、危ないんです。

繰り返しますが、特にオムニコートではしっかりストロークを打てる選手が、構えたら強い。

だから、沈められて深く返しても、そこまでミスは期待出来ない。

もちろん、相手によりますよ。

でもみなさんが勝ちたいと考えている格上の相手は、きっと前に落とされる方が嫌なはず。

ぜひ、試合で使ってみて下さい。

まずは打ってみること、そこからがスタートです。

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  3. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  4. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  5. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーは外から、ローボレーは内側からラケットを入れていこう

    ボレーのラケットワークの基本、私はコレが大事だと思っています。…

  2. ボレー

    ドライブボレーを打ったら、すぐにグリップチェンジを!

    みなさんは試合の中で、ドライブボレーを使う機会はありますか?私…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    タッチ感覚は、「ボールのどこをラケットで触るのか」の方が大事

    ボレーで磨きたい、「タッチ感覚」。柔らかいドロップ系のショット…

  4. テニス メンタル

    ボレー

    「ボレー上達は、ネットプレー心にあり」テニスの試合で苦手意識を克服する為に

    とにかくボレーが嫌い!高校生の頃はそう感じていたし、高校卒業し…

  5. ボレー

    テニスの試合で「直線的なロブボレー」を使えると、ダブルスの戦術の幅はグッと拡がります

    テニスの試合、特に若い選手の試合では「ロブ」をあまり見る機会が少ない。…

  6. ボレー

    ネットに詰めてアングルボレーは、ボールを横からビンタする感じ

    プロ選手のダブルスの試合、みなさんは動画で見る機会はありますか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストローク

    試合で相手に打ち損じさせる、ために必要な6つのストローク術
  2. テニススクール

    曖昧なアドバイスは、人を不安にしかしない
  3. テニス トレーニング

    テニス知識

    プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  4. テニス メンタル

    ストローク

    「スライスに慣れていない選手」が多い、学生の皆さんこそスライスを身に付けて欲しい…
  5. テニス ミス

    ストローク

    テニスの試合で、「相手をストロークで左右に振り回したい!」にこだわっていると、結…
PAGE TOP