テニス ボレー

ストローク

シングルスの試合では、浅いボールを深く打っても損するだけ

シングルスの試合を観ていて、「強い」と感じる選手。

それは、やはり浅いボールをしっかり攻撃していける人、ですね。

攻撃なら、ある程度は誰でも出来る。

でも、問題はそれが相手にしっかりと効いているかどうか、です。

ただ深く打っているだけなら、それは自己満足ですよ。

 

シングルスの試合では、浅いボールを深く打っても損するだけ

 


 

1.浅いボール、どう展開していこう

シングルスの試合では、相手のボールが浅くなった時が攻撃の時。

ですが、実際に効果的なショットで相手を追い込むのは、結構難しいですよね。

何となく、深く速く打っていく、だけになってはいませんか?

テニスコートって、横幅はすごく短い。

実際に左右に振り回してエース、なんてシングルスの試合でもあまりないと思っておいた方が良い。

ましてや、私たちのストロークの速度では、追いつかれるのが普通。

そのボールが深かったとしても、です。

 

2.相手を確実に、コートの外側に追い出したい

これが出来れば、攻撃は効果的と言えるでしょう。

サイドラインよりも外側に、相手をしっかりと走らせて追い出す。

相手のボールが浅い時に、こういう攻撃が出来るかどうか、を意識して欲しいんです。

深いボールではなく、浅い場所にバウンドさせて角度を付ける。

相手コートの「どこにバウンドさせれば、より外に追い出せるか?」を考えてみましょう。

そうすると、深さ以外にも大事なものが見えて来るはずです。

 

3.相手の浅いボールを、ショートクロスはお勧め!

意外と、これ効きますよ。

打ち込むような素振り、を見せておけば、相手は下がってくれますから。

ベースライン後方に下がった相手には、ショートクロスが効きます。

ドロップショットでも良いですけど、打ち方でバレてしまうケースも多いですからね。

ショートクロスなら、普通のストロークとほぼ同じフォームで打てるじゃないですか。

出来れば、相手コートのサービスラインの手前、にバウンドさせたい。

こういうショット、をしっかり練習しておけば、シングルスの試合でもすごく使えますよ。

 

4.浅いボールになってから、考えるのでは遅過ぎ

相手のポジショニング、には癖があります。

アナタ自身が攻撃していく時に、どういう場所に立っているのか、を観察する。

下がっている相手、に深く打っても効果無いですからね。

「浅くなったら、ショートクロスだな」と、先に決めておく。

決めておいて、深く打つ構えからショートクロス、を打つからミスも減る。

決断は、そのショットのずっと前に済ませておきましょう。

浅くなってから色々考える・・・のでは、シングルスの試合は攻撃出来ません。

 

ショートクロス、振り切れば入る。

これに気付けると、浅いボールからの攻撃が一気に楽になりますよ。

深く打つことも大事ですが、そのショットを活かすためにも前を使う意識、が大事。

ぜひ、シングルスの試合で使ってみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  4. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  5. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

関連記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    ストロークのラリーをしていて、「相手のボールがスライス回転しているとき」に気付けないと、試合では勝て…

    テニスのストロークラリーをしていて、急にスライス回転のボールが混ざって…

  2. ストローク

    テニスのラリーで変化を付けやすい「三往復目の法則」について、アナタは自覚はありますか?

    「相手が変化を付けたり、展開してくるタイミングが、読めない・・・」と、…

  3. テニス スライス

    ストローク

    クロス方向にしっかりストロークをスライスで打ちたい人は、「ボールの外側にラケットを入れる」ことで安定…

    試合の中で、スライスのストロークを使う機会、どれくらいあるでしょうか?…

  4. テニス ボレー
  5. テニス ロブ

    ストローク

    つなぐのが大好きな相手に、ハードヒットは禁物

    「分かっちゃいるけど・・・」だと思います。実際に試合では、打ち…

  6. テニス リターン

    ストローク

    テニスの試合で使える、「騙しやすいドロップショットの打ち方」について

    ドロップショットをよく使う。シングルスの時もそうだけど、ダブル…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    「自分のテニスを文章にすること」がなぜ重要なのか、を改めて問う4つの視点
  2. テニス シングルス

    メンタル

    テニスが楽しくない、というのは、ある意味楽しめている証拠かも
  3. テニス ミス

    サーブ

    ダブルスの試合で、アドバンテージサイドからのサーブは、「前衛が協力してワイドのコ…
  4. テニス ハードコート

    日々の雑記

    WBCの試合を観て感じる、試合の長さと間の取り方
  5. テニス メンタル

    メンタル

    際どい判定でリズムやメンタルが崩れるテニス選手は、上に勝ち上がれない典型例
PAGE TOP