テニス ボレー

ストローク

シングルスの試合では、浅いボールを深く打っても損するだけ

シングルスの試合を観ていて、「強い」と感じる選手。

それは、やはり浅いボールをしっかり攻撃していける人、ですね。

攻撃なら、ある程度は誰でも出来る。

でも、問題はそれが相手にしっかりと効いているかどうか、です。

ただ深く打っているだけなら、それは自己満足ですよ。

 

シングルスの試合では、浅いボールを深く打っても損するだけ

 


 

1.浅いボール、どう展開していこう

シングルスの試合では、相手のボールが浅くなった時が攻撃の時。

ですが、実際に効果的なショットで相手を追い込むのは、結構難しいですよね。

何となく、深く速く打っていく、だけになってはいませんか?

テニスコートって、横幅はすごく短い。

実際に左右に振り回してエース、なんてシングルスの試合でもあまりないと思っておいた方が良い。

ましてや、私たちのストロークの速度では、追いつかれるのが普通。

そのボールが深かったとしても、です。

 

2.相手を確実に、コートの外側に追い出したい

これが出来れば、攻撃は効果的と言えるでしょう。

サイドラインよりも外側に、相手をしっかりと走らせて追い出す。

相手のボールが浅い時に、こういう攻撃が出来るかどうか、を意識して欲しいんです。

深いボールではなく、浅い場所にバウンドさせて角度を付ける。

相手コートの「どこにバウンドさせれば、より外に追い出せるか?」を考えてみましょう。

そうすると、深さ以外にも大事なものが見えて来るはずです。

 

3.相手の浅いボールを、ショートクロスはお勧め!

意外と、これ効きますよ。

打ち込むような素振り、を見せておけば、相手は下がってくれますから。

ベースライン後方に下がった相手には、ショートクロスが効きます。

ドロップショットでも良いですけど、打ち方でバレてしまうケースも多いですからね。

ショートクロスなら、普通のストロークとほぼ同じフォームで打てるじゃないですか。

出来れば、相手コートのサービスラインの手前、にバウンドさせたい。

こういうショット、をしっかり練習しておけば、シングルスの試合でもすごく使えますよ。

 

4.浅いボールになってから、考えるのでは遅過ぎ

相手のポジショニング、には癖があります。

アナタ自身が攻撃していく時に、どういう場所に立っているのか、を観察する。

下がっている相手、に深く打っても効果無いですからね。

「浅くなったら、ショートクロスだな」と、先に決めておく。

決めておいて、深く打つ構えからショートクロス、を打つからミスも減る。

決断は、そのショットのずっと前に済ませておきましょう。

浅くなってから色々考える・・・のでは、シングルスの試合は攻撃出来ません。

 

ショートクロス、振り切れば入る。

これに気付けると、浅いボールからの攻撃が一気に楽になりますよ。

深く打つことも大事ですが、そのショットを活かすためにも前を使う意識、が大事。

ぜひ、シングルスの試合で使ってみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  3. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  4. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  5. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス コントロール

    ストローク

    ドロップショットは、相手の戻る逆を突くから効果が増す

    ドロップショットを、試合の中で使っていく時。この要素を加味出来…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    ラケットヘッドを立てれば「高い打点のストロークも回転をかけやすい」から女性にもお勧めです

    テニスのストロークラリーの中で、低いボールが苦手・・・という方も多いで…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    クロス方向へ振り抜くストロークは、ボールの横を捕らえるから安定する!

    ストローク、特にクロス方向へのショットは一番使うショット。シン…

  4. テニス リターン

    ストローク

    テニスの試合、「自分のストロークに伸びが無い」と感じたら試したい改善策4つ

    テニスの試合、ストロークに伸びが無い・・・と自分で感じることはあります…

  5. テニス リターン

    ストローク

    風が強い日の必殺技、はコレに限る

    風が強い日の試合、相手も自分もなかなか苦しいですよね。いつも通…

  6. テニス 練習

    ストローク

    テニス初心者の方にありがちな、「ストロークで肘が後ろに残る形」を修正しよう

    テニスで「手打ち」と呼ばれる現象。そのほとんどは、肘から先の腕…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「満足する日」があっても良いけど、翌日まで引きずってはダメ
  2. テニス 技術

    リターン

    ダブルスの試合で使える、「踏み込んでストレートへブロックリターン!」を身に付けて…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    深いショットを自分が打てた時ほど、ライジングカウンターをケアしないといけない
  4. テニス コントロール

    戦術

    テニスの試合に強くなりたいなら、「チャンスボールからのバリエーション」を意識しよ…
  5. ダブルス

    前衛がただの前後運動、になってない?
PAGE TOP