テニス コントロール

シングルス

「人がいない場所にボールを運ぶ」テニスのシングルスの試合で必要な感覚を養うために

シングルスとダブルスの違い、それはもちろんコート上にいる人数の少なさ。

だからシングルスの試合だと空いているスペースがいっぱい…と、つい感じてしまいがち。

なのに、人がいない場所にボールを運ぶのは、意外と難しい…と感じている方。

ちょっとした意識や視野を変えることで、今の技術を最大限試合で発揮できるようになるかも知れません。

 

「人がいない場所にボールを運ぶ」テニスのシングルスの試合で必要な感覚を養うために

 

■「試合の為の練習」が、普段からできているか?

テニスのシングルスの試合では、対戦相手を動かして、スペースを作り出すという発想が必要です。

普段の練習から、相手のどこを狙うか意識してますか?

バック側を狙ってフォア側を空けて…など、少なくとも3往復後にはスペースをみいだしたい。

「テニススクールで、大人数でやってて無理!」

いやいや、例え3列4列でラリーしていても、相手は動かせますよ。

 

■シンプルに「コートを4分割」してみると、空いている場所が見えてくる

相手コートを漠然とみるのではなく、まずは四角に4分割してみましょう。

相手がベースライン真ん中にいても、前は空いています。

コートのど真ん中にいたら、足元が狙い目。

まぁ、あんまりコートのど真ん中にいる機会はないでしょうが。

戦術のポイントは、相手がいる場所の対角線上のスペースを狙うこと。

右後ろにいれば、は左前、という組み合わせが、最もコートを広く使える配球です。

その為には、左右の前を使うドロップショットやショートクロスも必要ですね。

練習しておきましょう!

 

■相手がそこにいる、から打たないのでは無い、予測して走られることを、予測する

こちらがストロークで追い込んで、浅いボールを攻撃していくときなどは、相手がいる場所にあえて打つこともあります。

相手は予測して自分の空いたコートスペースを消そうとしますから、逆を突く必要があるのです。

これはある種の駆け引きですが、実際の試合では相手がどういう予測を立てるのか、裏をかいて動かない選手もいますので、見極めが必要です。

 

■その為には「コースを隠せる技術」が全てであり、技術とは実践で相手がどう感じるかを意識

③のように、しっかり予測して動いてくる相手は、非常に試合慣れしていると言えます。

シングルスの試合で、試合慣れしている相手と戦うのは非常にタフです。

だからこそ必要なのは、自分が打つコースをギリギリまで隠せるかどうか。

普段の練習では、ラリーでも相手と「つなげる」ことを意識しがちですから、何かを「隠す」という意識は育みにくいですよね。

それでも、試合ではそんな生ぬるいことは言ってられません。

相手がいないコースに打つ、だけでは試合では勝てないのです。

そこに打つときにコースも隠してこそ、試合で本当に有効なショットになります。

 

テニスを始めたときに、アナタはどんなプレーをイメージしていましたか?

きっと対戦相手をコートの端から端まで走らせて、最後は誰もいないコートにバシッと決める!

そんな理想を、描いていたかも知れません。

そして今、その難しさを感じているなら、それは間違いなく上達の種です。

イメージ通り試合で打てるように、練習を積み重ねましょう!

ピックアップ記事

  1. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  2. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  3. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  4. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  5. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう

関連記事

  1. テニス ガスケ

    シングルス

    シングルスのネットダッシュは、必ず1フェイント入れよう

    シングルスのネットプレー、みなさんにキーワードを一つ。華麗に前…

  2. シングルス

    テニスのシングルスの試合の中で、「苦しいときほど、相手とラリーをしよう」と考えられると強い

    テニスの試合、シングルスは特に・・・ですが、アナタが苦しければ、同じく…

  3. テニス ダブルス

    シングルス

    テニスのシングルスの試合では、「これでもか」という粘りを見せて初めて、相手は崩れていく

    粘り強い相手に、シングルスで負けてしまう。皆さんも何度か、経験…

  4. シングルス

    「シングルスの試合で、体力が切れても粘り勝ちしたい!」ために必要な考え方4つ

    普段の練習では疲れないのに、試合になると途端に疲れが出て後半は痙攣して…

  5. テニス シングルス

    シングルス

    「シングルスの試合は体力勝負」、という発想だけだと、余りに単純過ぎる

    シングルスの試合、イメージだけが先行しているケースが多い。「体…

  6. テニス ストローク

    シングルス

    相手のミス待ちの選手から、試合を動かせる選手に変わっていくには、何が必要?

    今、試合に出ながら「壁」にぶつかっている方。特にシングルスで、…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    「ココに飛んだら、GO!」というサイン、自分の中で決めておくと前衛では楽
  2. テニス リターン

    ボレー

    実はバックボレーは武器になる、ことを証明します
  3. その他

    「グリップチェンジの基本は?」テニスの試合で上級者がクルクルラケットを回す理由
  4. テニス 粘り

    ストローク

    肩を入れて逆クロス、にドロップショットを打ってみよう
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で「まくられ癖が抜け無い」人に共通する、たった一つのこと
PAGE TOP