テニス リターン

ボレー

ローボレーが苦手な人は、「ネット上50cmを狙ってスライス回転」をかければ上手くいく!

ネットより低い位置のボレー。

に、苦手意識を持っている人は多いですよね。

でも、実際に試合では、この低い位置のボレーをどうさばけるかで勝負は決まる。

ローボレーは、どんな意識で打てば良いのでしょうか?

 

ローボレーが苦手な人は、「ネット上50cmを狙ってスライス回転」をかければ上手くいく!

 


 

1.慌てず、ネットの少し上を狙ってスライス回転をかける

低い位置に打たれて、慌てて上に持ち上げようとすると、上手くいかない。

レベルが高い相手であれば、それを狙って前に詰めて来る。

そうならない為には、ある程度「低い弾道」での返球が求めらる・・・ときに、必要な意識は50cm。

50cmネットの上を狙って、スライス回転をかけることが大事。

追い込まれた状況でも、しっかりボレーに回転をかけること、出来ますか?

 

2.スライス回転をかけるから、ボレーは凌げる

ボレーで追い込まれると、ついフラット気味になる。

アゴが上がって、合わせるだけのボレーになってしまうケース、多々ありませんか?

これでは、相手の攻撃を受け止めきれない。

どこかでラリーをイーブンに戻す、ように相手に攻撃させないような返球をしないといけない。

上からスライス回転をしっかりかける、ことで「浮く高さ」を抑えることが出来るはず。

慌てずしっかり、スライス回転をかけることを意識しましょう。

 

3.ネットの50cm上をスライス回転で通すことが出来れば、良いボレーになる

ネットの上をしっかり通過させる、スライス回転で。

この意識は、低い位置からのボレーで絶対に有効です。

これ以上浮いてしまうと、しっかり相手に決められてしまう。

本当に上手い相手が、ガッツリネットに詰めて来る相手であれば50cmの隙も逃さないかも知れませんが・・・まずは、50cmの高さ以上にならないように意識してみる。

フラットに当てるのではなく、少しでもスライス回転をかけることでボールの飛びを抑えられるので、オススメです。

 

ボレーの当たりを、しっかり考えてみる。

スライス回転をかける意識を、低い位置からのボレーでも実践してみましょう。

横向きで、打点と顔を近づける。

とっさに試合で使えるようになると、便利です。

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  4. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  5. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    サーブ側の前衛は、短距離選手のイメージで

    ダブルスの試合で、相手の嫌なプレー。それは、前衛がどんどん動い…

  2. テニス 戦術

    ボレー

    沈められるって、実はチャンス

    みなさんは試合で前に出る、ネットに詰めて沈められると…どうですか?…

  3. テニス ダブルス

    ボレー

    速いボールをブロックボレー、で返球するコツ5つ

    テニスの試合の中で、難しいのがこの技術。相手のボールが速い時に…

  4. ボレー

    「オープンスタンスで片手フォアボレー」を身に付けると、テニスの試合で守備範囲が劇的に広がる!

    ネットプレー、ボレーは攻撃的なイメージが強いですが、守備的な側面も大き…

  5. テニス メンタル

    ボレー

    ネットに出るといつも「アウトボールを触ってしまう」人は、準備が遅すぎる!

    「今の、アウトだったかも・・・」と、ボレーを触った後に悔やんでも遅い。…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    身体から遠い位置のボレーは、あえてインパクト面を残して安定感アップ!

    テニスの試合、練習のように自分の身体近くにばかりボールは飛んで来ない。…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    サーブこそ、最近の自分を動画で見ておかないといけないショット
  2. テニススクール

    テニスが上手い人は、コーチに向いている?
  3. ボレー

    攻める為に前に出る?逆ですよ
  4. ダブルス

    雁行陣で、実は狙い目なのは…?
  5. テニス 練習

    メンタル

    テニスの試合の中で、「自分にとってラッキーなポイント」があった後こそ、冷静な自分…
PAGE TOP