テニス ボレー

ボレー

タッチ感覚は、「ボールのどこをラケットで触るのか」の方が大事

ボレーで磨きたい、「タッチ感覚」。

柔らかいドロップ系のショットや、ファーストボレーを自在にコントロール出来るようになると・・・きっとテニスってもっと、幅が拡がるはず。

でもそういうのって、センスが必要で経験も大事?

いや、私はそうは思わないです。

基本は、「ラケットをどう使うか」だと思います。

 

タッチ感覚は、「ボールのどこをラケットで触るのか」の方が大事

 


 

■ドロップボレーは、ボールの「どこを触るか」で調整出来る

ドロップボレーも、色々な打ち方があります。

グリップをボールが当たる前にギュッと握り込んでから、当てる形。

当たると同時にグリップを緩めて脱力する形や、思いっきりボールの下をこすってスライス回転をかける形、もありますよね。

まず、初中級の皆さんにもお勧めしたいのが「ボールの横」を触る形。

ラケットの先を上方向に向けて、ラケットを握る手の小指から前に出していく。

そして、ボールの横半分、を縦に捕らえるようなイメージで、ボレーしてみて下さい。

自然と・・・アングルボレーになって少しスライス、がかかったようになりませんか?

 

■ボールの横を捕らえれば、ボールは死んでくれる

良い意味で、勢いを殺すにはボールの横を触ることが大事。

「ボールの下でも、良いんじゃない?」と思った方もいると思いますが、下だとちょっとした差でポワーンと上に上がってしまって相手のチャンスになる。

横を触ってサイドスライス、をかければ確実にボールは飛ばない、ドロップボレーにむいた良いショットになります。

大事なのは、早い準備とラケット面作り。

相手が打った瞬間に、打点とボールを当てる場所のイメージを先に作って待ちかまえましょう。

 

■ロブボレーは、フラット気味に当ててみよう

試合でよく使うボレー、でタッチが活きたショットのもう一つはロブボレー。

ロブで山なりなボールを打って、相手前衛の頭上を狙う。

このときの当たりのイメージ、私はいつもフラット気味を意識しています。

スライス回転をかけるとバウンド後に相手に追いつかれるので、あまり回転はかけない。

ボールに対して当たる表面積を出来るだけ大きくして、腕全体で押していくイメージで打ってみて下さい。

あまり高く上げようとし過ぎない。

中ロブ、くらいのイメージで相手の不意を突く、そんなロブボレーが打てるはずです。

 

タッチ系のショットは、シンプルに考えて良い。

ラケット面と、どうボールを当てるのか。

センスではなく、科学。

自分なりの理屈を説明出来るくらい、になれれば、きっとアナタのボレーも豊かさが増していく。

試合の中で、どんどん使っていきましょう。

ピックアップ記事

  1. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  2. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  3. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    「粘れるネットプレイヤー」に必要な、守備力を高めるオープンスタンスボレーの有効な使い方とは?

    実際にテニスの試合の現場で求められるボレー、ってどんなイメージでしょう…

  2. テニス ダブルス

    ボレー

    「脱・中級者のネットプレー」の為には、ボールスピードに合わせない速い構え直しが不可欠です

    テニスのラリーは、速い、遅いが瞬時に切り替わる。相手が打って来…

  3. ボレー

    ローボレーは、ボールを飛ばす角度を覚えればすごく楽

    低い位置でのボレー、それでも返球は甘くならないようにしたい。コ…

  4. テニス ポジショニング

    ボレー

    ハーフボレーに必要なコツは、思い切ってラケット面を下に向けてボールに被せること

    「ハーフボレーが難しくて・・・」という声を、たくさんの方から頂きます。…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーのコツは、少しラケット面を内側に向けること

    「どうしても、ボレーが出来ません!」というご相談を、よく学生の…

  6. テニス メンタル

    ボレー

    「せっかく作ったチャンスを・・・」テニスのハイボレーをふかしてしまう人へ贈る5つのコツ

    相手の強烈なサーブも何とかリターンで返し、ストロークのラリーで徐々に追…

特集記事

  1. その他

    「高校2年生のテニスコーチデビュー」を経験できたことで得れたもの
  2. 戦術

    パフォーマンス目標、をクリア出来ているか?
  3. テニス 序盤

    戦術

    格上相手のテニスの試合では、「序盤の相手の様子見」を見逃してはいけない!
  4. テニス ダブルス

    ボレー

    大事な場面で前衛としてポーチ、心構えで9割が決まる
  5. テニス ドロップショット

    メンタル

    「打たれる」から「呼び込む」に意識の変えることでテニスは強くなる!
PAGE TOP