テニス 構え

練習メニュー

「最高のラリー練習方法って?」テニスの試合で使える練習法はシンプルイズベスト

効果的な練習方法ってないですか?

よくそういう質問を受けるんだけど、テニスの練習なんて、そんなに凝らなくても良いんだよ。

単なるクロスラリーだけでも、考え方や課題、注意点をしっかりおさえておけば、かなり良い練習になるし、実際選手は単純な練習方法が殆どだ。

 

「最高のラリー練習方法って?」テニスの試合で使える練習法はシンプルイズベスト

 


 

でも一つ、俺の選手生活の中でベストの練習方法を挙げるとすれば「クロスストレートラリー」だな。

シングルスコートでお互い1対1で向かい合い、片方はクロスばっかり打って、もう片方はストレートばっかり打つ。

互いにオープンコートに打つことになるから、常に走ってボールを追いかけて行って、打ち終わったらすぐに逆サイドへ戻ってカバーしないといけない。

 

上手に繋がればかなりハードな練習となる

この練習を初めてやったのは20代前半の頃。

いつも一緒に練習してもらっていた先輩の選手がある日いきなり「高西、クロスストレートラリーをやるぞ!」と言って始めた。

最初はあまり俺自身のコントロール力が無かったから、ちゃんとクロスとかストレートに返球できず「おいっ!」ってイライラされていたんだけど、言わせてもらうと先輩選手のショットが強過ぎたんだよ。

しかも凝り性の先輩だったから、気に入った練習はずっとやる。

ただでさえキツいこの練習を2時間くらいずっと続けるんだよ。

こうなると返球するだけでも一苦労。

 



 

だけど、キレられないように緊張と疲労の中、ちゃんとクロス、ストレートと返球して頑張り続けた

次にこの練習と出会ったのはスペイン。

24歳の時に練習場所としていたアカデミーで、いつも行っていた練習の中でクロスストレートラリーは日課だった。

日本でも散々やっていたこの練習だけど、スペインの弾む赤土でしかもコントロール力のある選手とやると、本当にこれがキツい。

大きく右に左に振り回されるのはモチロンのこと、それに加えて後ろへ下がらされるから運動量は半端ない。

こちらはそれを更にこれ以上攻められないように、しっかりとボールを持ち上げて回転量を加えて返球しないといけないからただスライスなんかで凌ぐだけではダメで、きっちりと良いポジションに入り続けないといけない状態だった。

さすがに日本でもスペインでもほぼ毎日この練習をやっていたから、クロスストレートは得意な練習になったんだけど、この練習の場面って試合の中で凄い重要な要素がたくさんあることに気が付いた。

 

まずは、単純に相手選手のいない所へ打つ練習になる

だから、この練習が得意になってからはパッシングショットが大得意になった。

それから自分や相手の状況を考えるようになった。

例えば端っこに走らされた状態から速いショットで返球すると、戻る時間が無くなってしまうから、時間掛けて相手へ返球しないといけないし、逆に相手が端っこにいる状態だったら、早く次のショットを打つために出来るだけ早くボールを触りたい。

速いショットを甘いコースに打つことよりも、ゆっくりで良いからきっちりコートの隅々を狙わないといけないってことも学んだ。

もちろんゆっくりだけど、トップスピンはしっかり掛けないといけないし、スライスならちゃんと伸びのあるスライスじゃないとダメだけどね。

とにかく単なるクロスとストレートのラリーなんだけど、実際の試合の要素が盛り沢山だし、プレーしていると試合をしているような感じになるのがこの練習のいいところ。

もちろん体力、フットワークの面も鍛えられる。

スペインでなかなか勝てずにもがき苦しんでいた時期に、日本から来ていた某デ杯選手にある時こう言われたことがある。

「高西君、君のクロスストレートラリーの練習のプレーをそのまま試合でやればいいんだよ。」

このアドバイスはバッチリ当たった。

打つリズムや緩急の付け方、何よりも繋ぎ続けながらチャンスをうかがう姿勢が実戦そのものだったんだよね。

結局、クロスストレートの練習はずっと引退するまで続けた。

多くの選手とこの練習を行ったよ。

単純だけど、やっぱりどの選手もいい練習って感じているんだろうね。

是非みんなも、クロスストレートラリーの練習はトライしてもらいたい。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  2. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  3. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  4. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  5. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. テニス メンタル

    練習メニュー

    「必要性を理解していない練習」は、ただの作業である

    人って、同じことの繰り返しが一番楽。慣れて、こなせて、頭も使わ…

  2. 練習メニュー

    練習は何のためにやるのか、という基本

    練習は、何のためにやるのか。この問いかけを、最近アナタ自身行い…

  3. テニス ロブ

    練習メニュー

    チームでテニスを上達していく為には、少なからず「自己犠牲の精神」も必要です

    「良い練習」とは、どんな練習なのか。それは、チームで共通認識が…

  4. 練習メニュー

    日々の練習を、大切に出来る人はこういう人

    テニスの練習を、スクールやサークル、仲間同士で行う。学生を卒…

  5. テニス ボレー

    練習メニュー

    マンネリ化しがちな「ボレーボレーの練習」の、最初の球出しを工夫すれば実戦的なメニューに早変わり!

    テニス部で人数が多い、またはテニススクールではコートを区切って行うこと…

  6. 練習メニュー

    テニスにおける技術は、身に付けるという意識より「どんどん丸呑みしていく」くらいの貪欲な姿勢が大事

    高いお金を払ってテニススクール、プライベートレッスンをやってもなかなか…

特集記事

  1. テニス 部活

    その他

    個人競技であるテニスにおいて、「チームの中で自分が何で貢献できるか?」を考えてい…
  2. テニス メンタル

    ストローク

    ダブルスで後衛としての展開力を鍛えたいなら、相手の後衛をどんどん走らせよう
  3. テニス ダブルス

    戦術

    動き続けた前衛なら、逆に止まっていることも最高のフェイントになる
  4. テニス ボレー

    ボレー

    「アナタのボレーは、何故アウトばかりになってしまうのか」を、スライス回転の質で考…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「相手と目を合わせる」ことが必要です
PAGE TOP