フットワーク

メリハリを付ける「つなぐボレーと決めるボレー」は、足の使い分けを!

今のボレー、つなぐの?決めるの?

自分の中でハッキリしないプレーは、相手にとっても中途半端。

中途半端なプレーは相手にプレッシャーを与えないので、せっかくネットプレーでボレー出来ても、全然怖くないかも知れない。

つなぐ、決める、両方のボレー。

打ち終わりのフットワークを意識すると、レベルアップ出来るのです。

 

メリハリを付ける「つなぐボレーと決めるボレー」は、足の使い分けを!

 


 

■つなぐボレーは、動きながら打つイメージで

例えばダブルスの並行陣、ファーストボレー。

相手がリターンする瞬間には一度止まって、サービスライン後ろくらいからボレーでクロスへつなぐプレーになりますよね。

そんなときには、踏み込みながら、「ゆっくり歩きながら」打つような感じだとちょうど良い。

バチーン!というショットでは無いと思うので、あくまで次、次、という感じ。

動きながら打つイメージが持てると、次のポジションに移動してステップ、というリズムも生まれやすい。

一球一球に入魂、はするのですが、あくまでリラックスして次へつながるプレーを意識してみましょう。

安定感がアップするはずです!

 

■ネット際で決めるボレーは、ハッキリ前足で止まるとパンチ力がアップ!

逆に、ネット際で決めるようなボレー、フィニッシュさせるボレーは足が異なる。

バン!と踏み込んで終わる、流れるようにはならないはずです。

しっかり大きな歩幅で踏み込んで終われば、それだけパンチ力が生まれる。

上半身で力を出そうとすると・・・上手くいきませんよね。

かと言って、動きながらフワーっと打ってしまうと、雑な感じになって思い切りも失われがち。

先ほどのファーストボレーと、違いをフットワークで作ってあげることが大事です。

あまり上半身の動きを変えようとすると、テニスは上手くいきません。

 

■打ち分けを「下半身」で出来るようになれば、アナタもボレー名人!

上半身の動きで、毎回ボレーを変えていては安定しない。

実際は少し、変える程度でしょう。

その代わり、足の使い方、踏み込みで止まるのか止まらないのかで調整出来れば、上半身が安定する。

ボレーの安定感は、何より下半身から。

その使い方を、アナタが理解して納得しておくことが大事。

ぜひ、練習から試してみて下さい。

 

実際に、違いをアナタ自身で感じられるかどうか。

「あっ、こうやって分けると、ミスが減るな」と気付ければ、きっと試合でも楽なはず。

ネットプレーって、緊張しますしね。

やることをシンプルに、下半身に絞っておくことをお勧めします!

ピックアップ記事

  1. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  2. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  4. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. テニス ストローク

    フットワーク

    「軸足の使い分けで臨機応変プレーを」意識でフットワークは、大きく変わります

    足って二本付いているが、ショットを打つときの軸足は当然どっちかの足一本…

  2. テニス リターン

    フットワーク

    テニスの試合では、「打点に入るフットワークの速さ」で勝負が決まる

    フットワークが鋭い、そう、速いのではなく鋭い選手がいる。それは…

  3. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスの試合でスタミナが切れたときに、最初に止まるのは足ではなく思考

    試合で疲れて、足が止まってしまう・・・。練習でも同じようなこと…

  4. テニス 客観視

    フットワーク

    「テニスの試合で、手抜きは悪いこと?」自分の体力をコントロールするには意識改革が必要です

    テニスは常に一生懸命、全力を尽くすスポーツ。もちろんそれは大前…

  5. フットワーク

    相手に背中を向けるのは、本当に危ない時だけ

    試合の中で、ラリーが続いているのに相手に背中を向ける。これは、…

  6. テニス ストローク

    フットワーク

    錦織選手のストロークウォーミングアップ、で改めて気付くこと

    今年も始まりましたんね、全仏オープン。錦織選手の試合、楽しみに…

特集記事

  1. テニス ハードコート

    その他

    「いよいよ来週開幕!」テニス好きなら楽天ジャパンオープンに足を運んで欲しい5つの…
  2. テニス ロブ

    ボレー

    「深いボレーとドロップボレーを簡単に打ち分ける」テニスのネットプレーで役立つグリ…
  3. テニス チャンス

    戦術

    30-30の場面での相手の配球パターン、しっかり覚えておこう
  4. テニス 楽天

    シングルス

    シングルスの試合で流れを変える特攻作戦、「ドロップショットを打ってネットダッシュ…
  5. テニス 主将

    その他

    「全国で頑張るテニス部のキャプテンの皆さんへ」部員から好かれる、よりも大切なこと…
PAGE TOP