テニス リターン

ストローク

ストロークのとき、「腕を止めてラケットが走る」を意識してみよう

ストロークのスウィングスピード、しっかり上げて攻撃的にしていく。

現代テニスでは必須の部分ですが、なかなか力任せに振っても速度は変わらない。

今回、ポイントにしたいのは「身体の止め方」について

振るのに止める?

と思った方、ぜひ試して欲しい方法を紹介します。

 

ストロークのとき、「腕を止めてラケットが走る」を意識してみよう

 


 

■ラケットスウィングを止めるのって・・・どこ?

皆さんは、ラケットの動作を止めるとき何を意識していますか?

ほとんどの方が、「何となくボールを打って、肩まで来たら・・・」という感じじゃないでしょうか?

それだと、動きを止めるという意識が甘い。

「止まっている」という感覚に近いのかも知れません。

速い動作、に対して必要なのは、自分の身体の動きを「止める」ということ。

止めた瞬間、その直後が一番「ラケットが速く動いている状態」なんです。

 

■腕の動作を止めても、走り続けるラケットを意識する

ストロークでボールを打つ。

そのときに当然腕を動かす訳ですが、皆さんどうでしょう。

ボールを打つ瞬間の少し前、に「腕を振っていく動き」は止めようとしている感じ、ないですか?

腕の動きを止めようとストップをかけても、その余韻で動いていく。

そしてその余韻の先にあるラケットは、さらに動いていく。

つまり、腰から動かしていく身体はストロークのときに先動いて、腕がつられて動いて、そこにラケットがつられていく。

腰、腕と止まって、最後までラケットが動いている状態、を意識することが大事です。

 

■ラケットのスウィングスピードの打ち終わりを「腰の高さ」に設定してみよう

一つだけ、ポイントを忘れていました。

ストロークの基本は上方向に振っていくことですが、ボールを打った後のラケットが収まる場所は腰あたりに設定してみる。

下から上に振るけど、そこから低い位置で打ち終わってみる。

気を付けないと「横振り」のようなスウィングになりますが、錦織選手のフォアハンドは打ち終わりの位置、少し低いですよね。

つまり、打った後に上方向に無理やりラケットをもっていこうとすると、重力に反する動きになるから効率が悪い。

このあたり、実は効率の良い打ち終わりをぜひ、意識してみて下さい。

アナタらしい、スウィングスピードの上げ方が見つかるはずです。

 

大事なのは脱力、そして低い位置で打ち終わる、そして身体の動きを止めてその「余韻」で打つようにしてみる。

これでもしかしたら、アナタのストロークは変わるかも知れない。

最初は安定しないかもしれませんが、ストロークの軌道だけ高くすること。

しっかり速く触れれば、良い回転がかかるはず。

高い軌道でも、しっかり回転がかかってコートに入るはずです!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  2. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  3. ご質問頂いた件につきまして
  4. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    相手のドロップボレーは、読めるようにならないと試合で勝てない

    試合の中で、相手のドロップボレーを先読みする。これが出来ないと…

  2. ストローク

    ショートクロスのストローク、打点さえつかめば難しくはない

    試合で使える、「ショートクロス」のショットを打ちたい!と考えて…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    バックハンドのストロークでスピンがかからない人は、〇〇で打つと効果的!

    バックハンドストローク、皆さんしっかりスピン回転かかってますか?…

  4. テニス ボレー

    ストローク

    ストロークラリーで走らされているときには、「スライスのグリップで走り続ける」覚悟を持とう

    試合に強い人と、弱い人。上手い人はたくさんいるけど、なかなか試…

  5. ストローク

    「試合になるとストロークが全部浅い!」人が変えていきたい5つのポイント

    普段は伸び伸び打っているのに、試合になると急にフォームが小さくなる。…

  6. テニス 錦織圭

    ストローク

    両手バックハンドストローク、伸びを作るには?

    両手バックハンドストローク、ミスは少ないけど攻撃力も乏しい。…

特集記事

  1. テニス サーブ

    スマッシュ

    ロブが上がったら必ず、相手位置を確認する余裕を持とう
  2. テニス 読書

    その他

    その瞬間、瞬間を必死に戦えば、同じような場面でいずれ余裕が出てくるはず
  3. ダブルス

    後衛は前衛の動き出しを、こっそりと採点しよう
  4. テニス メモ

    メンタル

    メンタルを安定させる「メモ・テニスノート」の活用方法とは?
  5. フットワーク

    テニス選手ならしっかり身に付けたい、「スプリットステップ」の基本から応用まで厳選…
PAGE TOP