練習メニュー

漠然とした練習で、テニスは上達しない

テニスの練習について、改めて考えてみました。

今回、高西コーチとYouTubeの動画を撮影させて頂いたこともあり、本当テニスの練習って難しいなと。

難しいというのは、メニューを考えることもそうだし、実際に実戦的な練習をするのは…簡単じゃない。

そこには個人競技としての難しさもあるし、「自分で判断して、決断する」という難しさもあります。

でも、今回ご紹介するテーマにはある利点があります。

それは、「自己分析がしやすい」ということ。

練習をパーツごとに分解して考えることが出来れば、どこでつまずいているのか、ミスしているのかも明確になるはず。

ストローク側からボレー側を崩す練習

今回動画では、まずこの練習をご紹介しています。

ストローク側からボレー側を崩す、ただのボレストではなくあくまでストローク側が主役で主導権を握っていく練習です。

まずは相手の足下に沈めて少し浅いボールを引き出す、それを更にせめて最後はロブを使って攻め切るという練習。

この練習のポイントは、ストローク側が段階的に攻撃していく過程を理解するということ。

まずは足下に打つ、沈んだら前に入る、そこからロブを狙う(ただし、さらにもう一度鎮めることもできる態勢で)というイメージ、流れを意識することが大事です。

それぞれのパーツ、段階があるからそれをクリアしていけば良い。

ボレー側はある程度練習の台になってあげる意識が必要です。

段階を理解できていれば、自分はどこが苦手なのか、どこでのミスが多いのかが理解しやすいですよね。

自分でチャンスを作る、決断する!

一番難しいのは、もしかしたらこのポイントかもしれません。

この練習は、チャンスボールの球出しはありません。

自分でチャンスを作る、つまり足下のボールから引き出していかないといけない。

それが引き出せるまでは、我慢が必要。

ストロークが浮いている間は後で粘る、しっかり低いボールを狙う。

足下に打った後は攻撃モードにスイッチを切り替えて、自分のポジションも前に変化させていく。

この「プレーの繋ぎ目」がテニスでは重要ですよね。

自分が打って相手が打つ前にポジションを取り、相手が打つ瞬間には止まる。

ただ漠然とラリーしているだけなら、何も考えなくても良いはずですが…この練習は大変です。

ぜひ、動画もご覧頂きみなさんも実践してみてください。

ラリー練習に変化と選択肢を

この練習には、ある覚悟が必要です。

それは、変化を厭わないということ。

自分の中で、必ず複数のプレーの選択肢を持つということ。

ロブを打つと相手に気づかれて打つのと、最後まで隠して打つのでは試合での効き具合が違います。

だからこそ、自分の選択肢を隠しておく意識が必要。

相手が嫌がるプレーを迷わず実践する、相手側もそれに応える。

この意識があってこそ、練習が実戦に近づいていくんです。

ラリー練習に変化と選択肢を取り入れる、自分の中で意識を変えていく。

そうすれば、本当に試合で強くなる練習が出来るようになるでしょう。

これからもT-PRESSのYouTubeチャンネルでは、この練習メニュー紹介の連載企画を更新していきます。

ただし、この練習は実際にオンコートでやってみることで初めて、みなさんで感じることが出来る内容になっています。

動画を見るだけでは、地味だしピンと来ないでしょう。

きっとこのブログの読者の方、熱心な視聴者の方は実践して頂けるはず。

そして、私や高西コーチの意図を汲み取ってくれるはず…。

そう信じて、これからも発信を続けていきたいと思います!

ピックアップ記事

  1. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  2. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  3. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  4. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  5. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

関連記事

  1. テニス メンタル

    練習メニュー

    練習から、「負けたまま」で終わる癖を付けないようにすることが大事

    テニスの試合って、ポイントの奪い合い。どっちかが取れば、次に取…

  2. 練習メニュー

    「動く練習と緊張する練習」テニスの試合で活きる緊張感が練習では大切!

    練習メニューってどうやって決めている?ストロークラリーなんか盛…

  3. テニス イベント

    練習メニュー

    「毎日のテニスの練習が楽しい」と思えたら、それは危険なサインだと自覚しよう

    「苦しいことを強要する」つもりは、毛頭ありません。ですが、アナ…

  4. テニス 準備

    練習メニュー

    「ノーバウンド限定」のボレー対ストロークの練習は、ロブを混ぜながらハードにやってみよう!

    ダブルスの試合で多くなる、ロブを打ったりそのロブをカットしたりする場面…

  5. 練習メニュー

    「強豪と対戦する日のためにも」日々のテニスの練習で意識しておきたいポイント

    明日、試合がある。そういう人は、明日の試合の事を想定して、今現…

  6. 練習メニュー

    毎回変わらない練習、何が起きるか分からない試合

    試合と練習、明確な違いは何か。私は、基本はこれだと思います。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 観察眼

    テニススクール

    テニススクール通いのジュニア選手に、部活でテニスを続ける選手が勝つ方法とは?
  2. サーブ

    ファーストサーブを打つ前の「ボール選び」は、しっかりこだわりたい!その理由につい…
  3. テニス ボレー

    サーブ

    シングルスの試合でのファーストサーブがフォルトすることの意味を、アナタはまだ真剣…
  4. サーブ

    サーブの安定感は「真似する」ところから!プロテニス選手の打つ前の動作を観察して分…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    安定したセカンドサーブを打つには、「〇〇の基本」を確認
PAGE TOP