テニス フットワーク

ボレー

身体の正面のボレーを、バックボレーで返球する為の必要な意識4つ

身体の正面のボレーは、テニスの技術の中でも難しいモノ。

なぜ難しいか・・・と考えると、やっぱりラケットを動かすのにも窮屈な動きになってしまう、フォアかバックか迷ってしまうという点があると思います。

正面はバックハンドボレーのほうが返球しやすいのは確かですが、出来るだけシンプルにすることで安定感も増します。

今回は4つの項目に分けて、考えてみましょう。

 

身体の正面のボレーを、バックボレーで返球する為の必要な意識4つ

 


 

1.ラケットはあまり動かさない

まずは構えから確認。

ラケットヘッドと立てて、グリップはお腹の前あたり、そしてバックハンドで打つラケット面を相手方向に向けておくことを意識しましょう。

そうすれば、真正面のボールはほとんどラケットを動かさなくても返球できるはずです。

少しだけ上半身をひねれば、逆クロス方向にもコントロールできますね。

両手バックハンドボレーの方も、考え方は同じです。

ラケット面、どちらをバックハンドボレーで使うのかをはっきり意識して構えることが大事。

まずはラケットを「動かし過ぎない」ことを、特に初心者の方は意識してみて下さい。

 

2.慌てて早く触ろうとしない

正面にボールが飛んでくると、ネットプレーに慣れていない人は慌てがち。

この慌ててしまう感じが、より自分でボレーを難しくしてしまう原因になってしまうのです。

焦ってボールに速くラケットを当てたい、と思うと手打ちになって腰が引けてしまいます。

これではコントロールも出来ませんので、しっかりボールをも待って引き付ける意識を持ちましょう。

 

3.返球するボールは山なりに

正面に飛んできているボールを、攻撃していくのは難しい。

まずはしっかり相手に返球して、態勢を整えないといけません。

そうなれば、軌道は自然に山なりになるはず。

少しボールの下を触って、スライスで山なりな軌道で返球できるように意識してみましょう。

しっかり深く返球できれば、相手もなかなか次のボールで攻撃できないはずです。

 

4.上級者は、ぜひドロップボレーのオプションを

3.では攻撃が難しいと書きましたが、上級者の方であればぜひドロップボレーにも切り替えれるようにしておきたい。

相手がベースライン近くにいるときには、正面にきたボールはドロップボレーのチャンス。

テニスでは、常に相手の隙を突く、空いているスペースを意識しておく必要があります。

技術的なコツよりも、「ここで正面に来たら、ドロップだな」と自分で決めておくことが大事。

ぜひ普段のラリーの中から、ドロップボレーのタイミングは探っていけるように準備しましょう。

 

身体の正面に来たボレー、テニスの機会では打つ機会が意外と多い。

ダブルスの前衛では、ストレートに誘ってこの正面のボレーを自分でしっかり打てるようにしておかないと、どんどん狙われてしまいます。

いつもの練習の中で、「ちょっと何球か、正面のボール入れてね」と、練習仲間にお願いしてみませんか?

きっとこんな少しの意識で、良い練習が出来るはずです。

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で、「相手のドロップボレーを見切る裏技」を公開します

    テニスの試合、いかに「予測」が大事かは何度も書いてきました。そ…

  2. テニス メンタル

    ボレー

    テニスの試合の中で、「ネットプレーを磨きたいけど、ポジションがよく分からない…」人は、はっきりメリハ…

    テニスの試合、特に学生の大会ではストローク技術が主体となる傾向が強い。…

  3. テニス 練習

    ボレー

    「ボレーを個人練習で磨きたい!」という方にお勧めのペアで出来る簡単練習5つ

    部活でテニスを頑張っている学生の方は、どうしても練習がストロークに偏り…

  4. テニス ストローク

    ボレー

    ダブルスで4人がつなぎ合うボレーを打破するには、アングルボレーを使うしか無い

    ダブルスの試合、特に女子ダブルスですかね。40代以上のベテラン…

  5. ボレー

    スライスボールをボレーするなら、それ以上のスライスで!

    相手が粘ったスライス、よしチャンスだ!と思ってボレーしようと思…

  6. テニス ストローク

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    バウンド地点を瞬時に判断、出来るようにトレーニングしましょう
  2. ボレー

    ローボレーは、ボールを飛ばす角度を覚えればすごく楽
  3. 戦術

    集中力とは、整理する力
  4. ダブルス

    後衛同士のラリーが速くて、「ポーチに出れない・・・」という方へ
  5. テニススクール

    今テニスコーチに戻ったら、レッスンはこうやりたい
PAGE TOP