テニス ボレー

ボレー

「本気でボレーボレー」をやったことがありますか?プロ選手も実践する素晴らしい練習です

普段、テニスのウォーミングアップで「ボレーボレー」の練習をする機会が多いと思います。

ボレー対ボレーの、ネット近くで行う基本的なラリー練習。

動作も少なく、眼とボールのコーディネーションのトレーニングにもなるこのラリー練習、スピードをどんどん上げたらどうなるのでしょうか?

実はプロ選手や強豪校も実践する、ものすごく有効な練習になります。

 

「本気でボレーボレー」をやったことがありますか?プロ選手も実践する素晴らしい練習です

 


 

1.ボレーボレーは、テニスの練習の中で軽視され続けている

ボレーボレーの練習と聞くと、どんなイメージですか?

試合前のアップ、テニススクールや部活では「コートに入れない人」向けの練習メニューだったりするかも知れません。

それでも、この練習をしっかりスピードを上げて高いレベルで安定してラリーできるようになれば、短時間で省スペースで実施可能な、本当に有効な練習になります。

 

2.横にはあまり動かさない、相手からエースを取ろうとはしない

まず、横へのボールのブレを最小限にしつつ、相手にフォアとバックを打たせていきましょう。

慣れてきたら、ミドルボレー、ローボレーを混ぜながら、ハイボレーも叩き過ぎは禁止。

相手にノーバウンドで常にボールが届くように注意しながら、ボディに近いボールはバックボレーで凌げるように。

最初はゆっくりから、徐々にペースアップしていきましょう。

 

3.テニスの試合で必要な、ボールを打っていない間の動きと予想

試合では、ボールを打っていない時間のほうが長い。

その時間でどういうフットワーク、構えや準備ができるかを、このボレーボレーのラリー練習で磨くことができます。

まずは基本となるスプリットステップをしっかり、リズム良くできるように練習しましょう。

ボレー同士のラリーでは時間が無いので、あまりジャンプする感じだと間に合いませんので、軽く膝を曲げて沈み込むようなイメージがベスト。

相手のラケット面を良く見て、飛んでくる方向をある程度予測して待てるようにしましょう。

まずいのは、フォアボレーばかりになって場所がどんどん移動してしまうこと。

苦手な人ほど意識的にバックボレーを活用して、安定した軌道で返球できるようにしましょう。

 

4.慣れてきたら近づきながら、遠のきながら応用メニューを

慣れてきたら、ネットを挟んで距離を遠くから近くに変更しながら、ボレーボレーのラリーを実践してみましょう。

距離が長いボールを打つには、しっかり踏み込んでスライス回転をかけていく必要があり、ローボレーやハーフボレーを打つ機会も増えます。

そこから近づいていけばよりテンポが上がりますので、早い構え直しとステップの準備が必要。

相手が「どのタイミングで打つのか」を常に意識しながら、自分のタイミングを合わせるようにしましょう。

試合では常に、「相手が打っているときには、ステップを終えて止まっている」というのが大切なポイントです。

 

ボレーボレーを速いテンポで続けることができる、というのはとても重要なスキルです。

フォームが大きいと、決して速いテンポでは続きません。

シンプルなボレーのフォームが必要なのは、言うまでもありません。

特に学生の方は、「ボレーで振り過ぎ」になってしまいがちですので、こういった練習を混ぜることで自分のフォームをよりシンプルに仕上げていくこともできるのです。

ぜひ、練習の中で真剣なボレーボレーのメニュー、組み込んでみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    試合でもっとボレーを上手く打ちたい!なら、慣れていかないと

    試合の中で、皆さん色々課題はあると思います。今回実施させて頂い…

  2. テニス 粘り

    ボレー

    クロスボレーを磨けば、試合でのボレーのネットミスは減るはず

    試合で、「ボレーのネットミス」が多い方。ちょっと、思い出してみ…

  3. テニス スライス

    ボレー

    テニスの試合では、「相手にドロップを警戒させて深く打つ」スライスが有効です!

    まず初めに、これはかなり難しい技術です。スライスショットを浅く…

  4. ボレー

    ポーチに出られない、並行陣のファーストボレーのコツ

    ダブルスの試合、並行陣で戦う上で必要なこと。相手のレベルが上…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    テニスのプレーで、「ネットプレーでラケットが視界から消える人」は、テイクバックが大き過ぎるので試合で…

    「ボレーはラケットを引かない!振らない!」という感じのアドバイス、よく…

  6. ボレー

    テクニカルなアングルボレーも、狙いは常に身体の近くに

    試合の中で、相手がいない場所にアングルボレー!カッコイイですよ…

特集記事

  1. テニス ロブ

    ストローク

    ロブがいつも甘くなる人は、「軌道の頂点をどこに置くか?」をまず考えて打てば攻撃的…
  2. テニス サーブ

    スマッシュ

    ロブが上がったら必ず、相手位置を確認する余裕を持とう
  3. テニス メンタル

    メンタル

    自分の嘘は、試合でアナタの足を引っ張り続けることになる
  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスでは攻撃的な時ほど、ラケットスウィングは小さくなる
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークで深いボール、に対応する為の5つの基本
PAGE TOP