テニス ボレー

ボレー

「本気でボレーボレー」をやったことがありますか?プロ選手も実践する素晴らしい練習です

普段、テニスのウォーミングアップで「ボレーボレー」の練習をする機会が多いと思います。

ボレー対ボレーの、ネット近くで行う基本的なラリー練習。

動作も少なく、眼とボールのコーディネーションのトレーニングにもなるこのラリー練習、スピードをどんどん上げたらどうなるのでしょうか?

実はプロ選手や強豪校も実践する、ものすごく有効な練習になります。

 

「本気でボレーボレー」をやったことがありますか?プロ選手も実践する素晴らしい練習です

 


 

1.ボレーボレーは、テニスの練習の中で軽視され続けている

ボレーボレーの練習と聞くと、どんなイメージですか?

試合前のアップ、テニススクールや部活では「コートに入れない人」向けの練習メニューだったりするかも知れません。

それでも、この練習をしっかりスピードを上げて高いレベルで安定してラリーできるようになれば、短時間で省スペースで実施可能な、本当に有効な練習になります。

 

2.横にはあまり動かさない、相手からエースを取ろうとはしない

まず、横へのボールのブレを最小限にしつつ、相手にフォアとバックを打たせていきましょう。

慣れてきたら、ミドルボレー、ローボレーを混ぜながら、ハイボレーも叩き過ぎは禁止。

相手にノーバウンドで常にボールが届くように注意しながら、ボディに近いボールはバックボレーで凌げるように。

最初はゆっくりから、徐々にペースアップしていきましょう。

 

3.テニスの試合で必要な、ボールを打っていない間の動きと予想

試合では、ボールを打っていない時間のほうが長い。

その時間でどういうフットワーク、構えや準備ができるかを、このボレーボレーのラリー練習で磨くことができます。

まずは基本となるスプリットステップをしっかり、リズム良くできるように練習しましょう。

ボレー同士のラリーでは時間が無いので、あまりジャンプする感じだと間に合いませんので、軽く膝を曲げて沈み込むようなイメージがベスト。

相手のラケット面を良く見て、飛んでくる方向をある程度予測して待てるようにしましょう。

まずいのは、フォアボレーばかりになって場所がどんどん移動してしまうこと。

苦手な人ほど意識的にバックボレーを活用して、安定した軌道で返球できるようにしましょう。

 

4.慣れてきたら近づきながら、遠のきながら応用メニューを

慣れてきたら、ネットを挟んで距離を遠くから近くに変更しながら、ボレーボレーのラリーを実践してみましょう。

距離が長いボールを打つには、しっかり踏み込んでスライス回転をかけていく必要があり、ローボレーやハーフボレーを打つ機会も増えます。

そこから近づいていけばよりテンポが上がりますので、早い構え直しとステップの準備が必要。

相手が「どのタイミングで打つのか」を常に意識しながら、自分のタイミングを合わせるようにしましょう。

試合では常に、「相手が打っているときには、ステップを終えて止まっている」というのが大切なポイントです。

 

ボレーボレーを速いテンポで続けることができる、というのはとても重要なスキルです。

フォームが大きいと、決して速いテンポでは続きません。

シンプルなボレーのフォームが必要なのは、言うまでもありません。

特に学生の方は、「ボレーで振り過ぎ」になってしまいがちですので、こういった練習を混ぜることで自分のフォームをよりシンプルに仕上げていくこともできるのです。

ぜひ、練習の中で真剣なボレーボレーのメニュー、組み込んでみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  3. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    「切れ味抜群ボレー」をテニスの試合で活かす為には、抑える意識が必要

    ボレーはコースが良ければ決まる。ゆっくりのボレーでも、その前に…

  2. ボレー

    ブロックボレー、そして攻撃するボレー!

    深いボールは、まず返すこと優先。浅いボールを攻撃していく。…

  3. テニス ドロップショット
  4. ボレー

    ローボレーは、ボールを飛ばす角度を覚えればすごく楽

    低い位置でのボレー、それでも返球は甘くならないようにしたい。コ…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    フォアハンドボレーでもっとパンチ力が欲しい人は、「ラケットを持たない腕の脇の開け閉め」を有効活用しよ…

    フォアハンドボレーを、しっかり決めることが出来ると試合はやりやすい。…

  6. テニス 準備

    ボレー

    オープンスタンスでのボレーの時に、しっかり「ドロップボレーの準備」も頭にイメージしておくこと

    自分がネットに出ていて、相手のパッシングショットが厳しいコースに飛んで…

特集記事

  1. テニス 環境

    サーブ

    私たちのサービスエースは、「前衛が決めること」である
  2. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合でサーブが得意になりたければ、「自ら事を興し始める」ことに慣れよう!…
  3. ストローク

    なぜラケットは、両手で持って構えるのか?
  4. テニス 練習

    その他

    セルフジャッジが汚い相手には、「2回目」で戦う姿勢を見せよう
  5. テニス チャンス

    Q&A

    Q&A「試合に出る頻度は、どれくらいが良いの?」
PAGE TOP