テニス ストローク

戦術

集中力を上げる、自分のポイントパターンを持っておこう

試合に強い人、勝負強い人は、「一気に集中力を高める」のが出来る。

でもこれは、技術の問題じゃないと私は思っています。

自分の、得意なパターンを持ってるということ。

そして、そのパターンがエンジンになっている、ということだと思います。

 

集中力を上げる、自分のポイントパターンを持っておこう

 

1.集中力アップは、身体全体を使わないと

よく、念じるようにして集中力をアップさせようとしている人がいますが、結果難しいでしょう。

もちろん、それで出来る人、もいると思います。

でも私たちのような一般プレイヤーは、ハッキリと「こういうプレーをして、乗っていく!」くらいの感覚で良いと思います。

私なら、リターンダッシュ。

これを入れることが、エンジンをかけるとのと同じ役割をしてくれる。

身体全体を使って、しっかり動くことで頭もスッキリするし、集中力が増していく。

みなさんは、どうですか?

 

2.得意パターンは、ただの得点だけだともったいない

試合をの流れを持ってくる、自分に自信を取り戻す。

そういうプレーって、必ずあると思います。

得意パターンは、ただの得点、だけだともったいないですよ。

もっともっと、試合全体に効果を生む、くらいの思い込みがあっても良いと思います。

ハッタリで良いんですよ、こういうのは。

ただ、集中力を高めていくエンジン、きっかけだと自分で言い聞かせる。

そして、良いイメージの動画を見ておくことも大事でしょう。

「ここから行くぞ!」という感じ、のゲームの最初のポイント、なんか良いですね。

 

3.イメージは、全豪オープンのフェデラー選手の最終ゲーム

リアルタイムで観た方、録画して観た方、たくさんいると思います。

あの最終セット、5-1でのサービスゲーム、みなさんぜひ観てみてください。

「もうここで、終わりにしよう!」という、すさまじい集中力ですよね。

最初のサーブはエース、その次からも僅かにフォルトでしたが、ほぼエース級のサーブを全て揃えてきた。

イメージを作る為に、しっかり動画を見直しておくこと、をオススメします。

「実力が無いから、無理だ・・・」と思うのは、無しですよ。

アナタなりのプレー、で必ず実践出来るはずですから。

 

4.集中力が上がった自分、を常にイメージしておくこと

これは、日常生活からぜひイメージしてみてください。

アナタ自身、試合で集中力が高まったような場面では、どんな感じでしょうか?

私は、呼吸がゆっくりになって、周りが静かになる。

そして、ラケット動作はゆっくりで、ボールをしっかり引き付けて打つことが出来ている、ような感覚があります。

こうやって、言葉にしておくことがすごく大事だと思います。

普段から、日常生活から意識してみる。

歩きながら、素振りしてみても良いでしょう。

たまに意識するだけで、試合の本番で実践出来たりするものですから。

集中力を高める、という行為を日常的なものにしていくこと、意識してみて下さい。

 

プロ選手や上級者にしか出来ないこと、ではありません。

ただ、彼らはそのポイントを知っている。

そして、集中力を高めたときのプレーに、自信を持っている。

ただそれだけの話、だと思いますよ。

きっと、試合に勝ちたいと頑張っているなら、アナタ自身にも出来るはず。

アナタなりの方法、考えてみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  2. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  3. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. テニス 格上相手

    戦術

    相手の打ちそうなボール、イメージ出来てる?

    テニスって、何が面白いって・・・打って来る人みんな、2人と同じボールは…

  2. テニス シングルス

    戦術

    相手に自滅を促す戦い方は、究極の体力温存法

    テニスの試合で、「楽に勝てたな・・・」という試合、皆さんも経験あるはず…

  3. テニス メンタル

    戦術

    「諦めない試合」にするには、どうすれば良いのか?

    「諦めるな!まだまだここから!」と、応援されるけど、正直しんど…

  4. テニス メンタル

    戦術

    言葉に出来ないことは、「考えていないのと同じ」だということ

    寡黙にテニスに、一生懸命。とても大事なことですが、私はあえて、…

  5. テニス ロブ

    戦術

    チェンジした後の前衛、のポジショニングが肝

    ダブルスの試合で、前衛の上をロブで抜かれる。そうすると、チェン…

  6. テニス ポジショニング

    戦術

    目の前の景色が違うだけで、テニス選手はメンタルが乱されていく

    何度か記事で書いてきましたが、テニスはポジショニング勝負。それ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークで「身体を開いてはいけない」は、誤解の元
  2. フットワーク

    「ボールをよく見るためには?」テニスの基本の部分を見直すには?
  3. テニス ボレー

    ダブルス

    「ダブルスの試合に強いペア」は相手の逃げ道を作らない!巧みなポジション変更を学び…
  4. テニス ダブルス

    リターン

    「スライスで遅いリターン」が打てると、シングルスでもダブルスでも大活躍です!
  5. テニス メンタル

    メンタル

    胸を張れるかどうかが一つの基準になる
PAGE TOP