テニス ストローク

戦術

集中力を上げる、自分のポイントパターンを持っておこう

試合に強い人、勝負強い人は、「一気に集中力を高める」のが出来る。

でもこれは、技術の問題じゃないと私は思っています。

自分の、得意なパターンを持ってるということ。

そして、そのパターンがエンジンになっている、ということだと思います。

 

集中力を上げる、自分のポイントパターンを持っておこう

 

1.集中力アップは、身体全体を使わないと

よく、念じるようにして集中力をアップさせようとしている人がいますが、結果難しいでしょう。

もちろん、それで出来る人、もいると思います。

でも私たちのような一般プレイヤーは、ハッキリと「こういうプレーをして、乗っていく!」くらいの感覚で良いと思います。

私なら、リターンダッシュ。

これを入れることが、エンジンをかけるとのと同じ役割をしてくれる。

身体全体を使って、しっかり動くことで頭もスッキリするし、集中力が増していく。

みなさんは、どうですか?

 

2.得意パターンは、ただの得点だけだともったいない

試合をの流れを持ってくる、自分に自信を取り戻す。

そういうプレーって、必ずあると思います。

得意パターンは、ただの得点、だけだともったいないですよ。

もっともっと、試合全体に効果を生む、くらいの思い込みがあっても良いと思います。

ハッタリで良いんですよ、こういうのは。

ただ、集中力を高めていくエンジン、きっかけだと自分で言い聞かせる。

そして、良いイメージの動画を見ておくことも大事でしょう。

「ここから行くぞ!」という感じ、のゲームの最初のポイント、なんか良いですね。

 

3.イメージは、全豪オープンのフェデラー選手の最終ゲーム

リアルタイムで観た方、録画して観た方、たくさんいると思います。

あの最終セット、5-1でのサービスゲーム、みなさんぜひ観てみてください。

「もうここで、終わりにしよう!」という、すさまじい集中力ですよね。

最初のサーブはエース、その次からも僅かにフォルトでしたが、ほぼエース級のサーブを全て揃えてきた。

イメージを作る為に、しっかり動画を見直しておくこと、をオススメします。

「実力が無いから、無理だ・・・」と思うのは、無しですよ。

アナタなりのプレー、で必ず実践出来るはずですから。

 

4.集中力が上がった自分、を常にイメージしておくこと

これは、日常生活からぜひイメージしてみてください。

アナタ自身、試合で集中力が高まったような場面では、どんな感じでしょうか?

私は、呼吸がゆっくりになって、周りが静かになる。

そして、ラケット動作はゆっくりで、ボールをしっかり引き付けて打つことが出来ている、ような感覚があります。

こうやって、言葉にしておくことがすごく大事だと思います。

普段から、日常生活から意識してみる。

歩きながら、素振りしてみても良いでしょう。

たまに意識するだけで、試合の本番で実践出来たりするものですから。

集中力を高める、という行為を日常的なものにしていくこと、意識してみて下さい。

 

プロ選手や上級者にしか出来ないこと、ではありません。

ただ、彼らはそのポイントを知っている。

そして、集中力を高めたときのプレーに、自信を持っている。

ただそれだけの話、だと思いますよ。

きっと、試合に勝ちたいと頑張っているなら、アナタ自身にも出来るはず。

アナタなりの方法、考えてみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  2. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. 戦術

    「相手の動きを止める3つの方法」テニスの試合で有効な攻撃パターンを考えてみる

    対戦相手の足が速い・・・なんて言うのは面倒。がら空きの状態で「…

  2. 戦術

    リスク無きテニスで、格上相手は倒せない

    「そんなの、当たり前だろー!」みなさん、そう思いますか?…

  3. テニス 計算

    戦術

    相手が打てるコースは、必ず限られている

    テニスの試合で、相手の攻撃に屈しない心。これには、まず考え方か…

  4. テニス ボレー

    戦術

    「こう見えて実は・・・」テニスの試合では自分を隠して駆け引きすることも必要

    テニスのスタイル、「繋ぎ」と「攻め」があるでしょ?どっちがいや…

  5. テニス チャンス

    戦術

    テニスの試合、競ったときに勝利を呼び寄せる20の言葉

    テニスの試合に勝ちたい。競っている試合を、何とか自分のものにし…

  6. テニス ミス

    戦術

    試合の流れが相手側にあるときにこそ、自分が焦ってはいけない

    テニスの試合に、焦りは禁物。でも、分かっていても・・・なんです…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス スマッシュ

    戦術

    これは上級者のショット、なんて発想は逃げでしかない
  2. テニス 練習

    練習メニュー

    「テニスの個人練習って、どうやれば良いの?」と困っている方に
  3. テニス ボレー

    リターン

    リターンダッシュを仕掛けて「相手にプレッシャーを与える」ことで獲られるメリット4…
  4. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合のパッシングショット、は普通の自分のショットで良い
  5. テニス ボレー

    ボレー

    サッカー経験者なら、トラップ感覚でドロップボレーは完成する
PAGE TOP