テニス ダブルス

ボレー

テニスの試合の中でネットに出たら、「沈められたらドロップ」というオプションを必ず用意しておくこと

ネットプレー、ボレーで難しいのは足元のボール。

だからこそ相手もなるべく低い位置、ネットより低い位置でアナタにボレーをさせようと回転をかけて沈めてきますよね。

ダブルスでもシングルスでも、このボールをどう対処出来るかで、アナタのレベルが決まってしまう。

上のレベルで戦いたければ、沈められたくらいでうろたえてはダメ。

むしろ、「ラッキー!」くらいに思って仕掛けておいた罠を発動させる、くらいの感覚を持てるようにしておきましょう!

 

テニスの試合の中でネットに出たら、「沈められたらドロップ」というオプションを必ず用意しておくこと

 


 

■沈められたボールは、深く返す方が難しい

結論から言えば、沈められたボールは「ドロップボレー」で返す、のを身に付けていきましょうという話。

「それは、難しいよ・・・」と思った方、本当ですか?

私からすると、低く沈んでくるボールはしっかり深く返球する方が、難しい。

合わせるだけでサッとドロップショットに返球、は事前の準備さえしっかり出来ていればそんなに難しくないのです。

 

■「相手が打つ前」に、しっかり浅く打つと決めて予測する

相手が打ってから、色々始めようと思うから難しい。

しっかり相手が構えた時点で、もう足元に打たれる可能性は高い、ですよね?

でしたら沈められたときに、「どこに浅く落とすか?」はしっかり事前に考えておきましょう。

コースさえ決まっていれば、あとは沈んできたボールの勢いを殺して、フワッとドロップボレーを打つことを実践するだけ。

技術的に難しい、というよりは決断力が無い、遅いから難しいのが足元の返球なのです。

 

■ハーフボレーも普段から練習しておくこと!

もう一つ、ハーフボレーになる可能性も高いことは、頭に入れておきましょう。

でも対処は一緒です。

しっかりラケットを先に準備して、「壁」になったような状態で待っておく。

落とす場所さえイメージ出来ていれば、反射角がそこに向くように、ラケットを準備するだけですね。

ハーフボレーこそ、速い決断力が求められる技術。

しっかりと相手の打ち方と、初速のボールで判断しましょう!

 

ラリーをしながら、ネットプレーになっても落ち着いて相手コートを観る。

客観的な視点で観れれば、意外と前は相手いることに気付くはず。

当然、強い相手は沈めたら前、をケアしてくるのでそこも意識しながら駆け引きする。

前が空いている、と分かれば、沈められても何も怖く無いですし、プレッシャーも無い。

ボレーは深く・・・深く・・・と思っていると、いつまで経っても相手のいる場所にしか返球出来ませんよ。

しっかりレベルアップ、していきましょう!

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  3. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  4. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  5. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    自分がネットに出てボレーするときには、「相手のアウトを誘う」のが基本

    実際の試合の中では、相手のミスで決まるポイントも多い。特に、こ…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスの試合で「2バックの粘るペア」を崩す為に必要なネットプレーの心得え4つ

    学生でも社会人でも、「この相手はサーブが良いな・・・」と感じると、リタ…

  3. テニス ストローク

    ボレー

    試合で使えるドロップボレーは「腕の形を作ってしまって下半身で滑り込む」を実践すると打ちやすい!

    今回は、ドロップボレーを打つ際のコツ、アイデアを一つご紹介。腕…

  4. テニス ドロップショット
  5. テニス ポジショニング

    ボレー

    ハーフボレーに必要なコツは、思い切ってラケット面を下に向けてボールに被せること

    「ハーフボレーが難しくて・・・」という声を、たくさんの方から頂きます。…

  6. テニス ダブルス

    ボレー

    足下のボレーを返球する、すぐ使えるテクニック5つ

    足下のボレーを、まずは相手のコートに返す。この技術があるだけで…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 練習

    戦術

    前衛でプレッシャーをかけるときは、必ずウォッチの準備を
  2. ストローク

    バックハンドストロークが苦手な人は、「失敗しても振り切るスウィング」から練習して…
  3. テニス シングルス

    サーブ

    「シングルスで、サーブ&ボレーの戦術をたまに入れていく」ことで生まれる…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニス部の後輩に負けて悔しいなら、その後輩の為にもっと強くなろう
  5. テニス ストローク

    シングルス

    シコラー相手に苦手意識が強い人は、「序盤にリードして精神的に優位に立つ」ことを意…
PAGE TOP