テニス 守備

リターン

ミックスダブルスの試合、「男性の重たいサーブを返球したい」なら意識したい4つのポイント

ミックスダブルスの試合で、勝敗の差が付くポイント。

色々ありますが、大きいのは男性のサーブに女性がどう対応出来ているか、が大きい。

当然女性としてはまず、しっかり返球出来る、出来るだけ相手に攻撃されないように工夫することが大事。

今回はその大前提の意識とポイントについて、考えてみましょう。

 

ミックスダブルスの試合、「男性の重たいサーブを返球したい」なら意識したい4つのポイント

 

1.スライスでの返球で安定感を出す

まず、グリップをボレーのグリップにしてラケットの先を立てる。

そしてしっかり、ボールの後ろに入ってブロックで対抗できるように、しっかりボールの勢いを殺す技術が必要です。

難しそうに感じるかも知れませんが、速いストロークをボレーするよりはだいぶ楽だと思ってOK。

一度バウンドしている分、男性のサーブでも勢いはだいぶ失われている、と思って前向きに取り組みましょう。

 

2.フォアハンド側を空けて待つ

男性のレベルにも寄りますが、あまりコースを狙ってこない、考えていない相手もいる。

そんな相手には、遠慮なくフォアハンド側を空けて待って、バックハンドのリターンを減らす工夫をしましょう。

フォアハンドのリターンであれば、女性のリターンでも男性サーブに十分対応出来る。

やっぱりバック側にファーストが入る、と厳しいですからね。

ただしあまりやり過ぎると気付かれてバック側を狙われる、こともあるので注意して実践してみて下さい。

 

3.セカンドサーブはしっかり前に踏み込む

男性のサーブも、セカンドサーブであればしっかり前に踏み込む。

リターンのときのスタートのポジションも1メートルくらいは前、にしてみましょう。

少し勇気が要りますが、男性相手にいつまでも受け身に立っていてはダメ。

男性相手でも、甘いボールはしっかり前に入るプレーを見せて、プレッシャーをかけておくことが大事です。

 

4.クロス方向へのリターンは少なくて良い

ある程度タイミングが合ってきたら、積極的にストレートへの展開をリターンから増やす。

これは女性がリターンのときに特に有効です。

クロスに返球しても、相手は男性が対応出来る。

であればどんどん、正面にいる前衛の女性に参加してもらう工夫が必要。

ロブ、ストレートアタック、を半分以上混ぜても良いと私は思います。

 

男性サーブに、気持ちが引かないこと。

「どうせダメだ・・・」と思っていると、それはアナタのペアにも伝わっていく。

自分のサービスゲームにも影響が出ますし、勝てるミックスペアになっていくのが難しい。

男性サービスゲームのブレーク、女性の方の活躍があればきっと見えてくる。

ぜひ、リターンではしぶとく食らい付いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  4. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス 打点

    リターン

    ダブルスで無理矢理なストレートリターンより、「スライスのチップ&チャージ」も有効です

    ダブルスの試合、リターンのときによくの陣形を見てみる。そうする…

  2. テニス ストローク
  3. テニス リターン

    リターン

    シングルスの試合で使える、「リターンで有効なコース」4つ

    シングルスの試合、意外とリターンのコース、迷いませんか?ある程…

  4. リターン

    「レシーブ用ストローク」を自分なりにカスタマイズしてテニスの試合に挑もう!

    レシーブはストロークである。ストロークがちゃんと打てれば、レシ…

  5. テニス リターン

    リターン

    テニスの試合で「リターンのときにまず考えるべきこと」は、浅いサーブに備えることです

    リターンに苦手意識を持っている方。普段どういう感じでのリターン…

  6. テニス メンタル

特集記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合、「サーブを打つ前に、どこを見る?」基本的な順番から覚えましょう!
  2. テニス ストローク

    ストローク

    現代テニスの代表格、フォアハンドストロークのクロス方向への切り返しを練習しよう
  3. ダブルス

    「ポーチされないクロスショット」テニスのダブルスの試合では逆転の発想で勝てるよう…
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合において、強いリターナー側にこそ、「前衛がネット近くまでポ…
  5. テニス 打点

    ストローク

    ライジングショットのコツが掴めない人は、ボールがバウンドする前からラケットを前に…
PAGE TOP