ストローク

両手バックハンドの最後の一押し、でパワーアップ出来る!

両手バックハンドストローク、現代テニスにおいて一番進化が著しいショットと言えるのではないでしょうか。

男女共に、トップ選手のほとんどが得意にしているこのショット、磨いて試合で使いたいですよね。

磨く・・・と言っても、どこを具体的に変えていくのか。

ここは、「両手打ちならではの利点」に再度注目してみましょう。

 

両手バックハンドの最後の一押し、でパワーアップ出来る!

 


 

■右利きの両手バックハンドは、最後に左肩を前に出す!

両手打ちのメリット、それは上側の腕で最後押し込めるところ。

片手打ちだと押し負けてしまうような高い打点でも、上側の利き腕でない方の腕を使うことで、負けないストロークになりますよね。

自分でチャンス、打てると思ったら、積極的にこの腕を前に出していく。

右利きの方であれば、最後左肩をグイッと前に出すような動き、を意識してみましょう。

肩を出せば、自然に腕も前に出て打点も前になるはず。

今よりパワーのある両手バックハンド、になるはずです!

 

■高い打点の打ち方は、少しだけ両手の間を空けるのがコツ

高い打点のバックハンド、皆さん苦労していませんか?

この上側の腕を前に出すときに意識したいのが、高い位置の打点では少し両手の感覚を空けるということ。

私は両手打ちのとき、1cmくらい空けてグリップが見えるように意識していました。

この間隔があると、最後に前に出したときにラケットヘッドがしっかり前に出る、だから良いショットが打てるんです。

女性の方でもオススメの打ち方なので、ぜひ試してみて下さい。

 

■ボールの「打ち方」で威力は変わって見えるのがテニス

威力のあるボールは、筋力だけが大事な要素では無い。

むしろ打ち方、打点、で実は威力は大きく変わります。

いや、「変わったように見える・・・」と言った方が正しいかも知れません。

タイミング速くしっかり打っていくこと、打点を前にすることで、実はテニスのストローク力は大きく変わっていく。

今回ご紹介した打ち方、肩を前に出していくことで、自然に攻撃的なタイミングになるはずです。

 

両手バックハンドは、しっかり攻撃に使えるように。

守備的なイメージもあるかも知れませんが、それだけだと狙われ続けて辛い。

しっかり攻撃の姿勢、を相手に見せておくこともメンタルゲーム、で大事なこと。

まずは打ち終わった態勢、から両手バックハンドをチェックしてみましょう!

ピックアップ記事

  1. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  2. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  5. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー

関連記事

  1. テニス フットワーク

    ストローク

    低い打点のストロークのミスが多い人は、「伸び上がって頭がグラグラ」になっている人が多い

    低い打点のストローク、難しいですよね。特に身長が高い人、身体が…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で、「フォアハンドの速いストロークで攻撃していく」スタイルが危ない、その理由とは?

    高校生の皆さん、大学生の皆さんの中には、「シングルスで結果を出したい!…

  3. テニス ボレー

    ストローク

    ロブは、「先に軌道をイメージして、乗せるだけ」の意識で!

    試合の中で、大事な場面で必要になるロブ。コントロールを磨いてお…

  4. テニス 戦術

    ストローク

    「回転掛けて、安定感」テニスの試合で使えるストロークにするために

    練習の時って、どれだけ速いショットが打てるかを意識して頑張ってしてしま…

  5. ストローク

    「軸足の使い方、間違ってない?」テニスの試合でつなぐだけでなく、勝ち切るストロークを身に付けよう!

    ストロークとかボレー、スマッシュやサーブと色んなショットがあるけど、ど…

  6. ストローク

    なぜ、ドロップショットが上手い選手が少ないのか?

    テニスの試合で使う、ドロップショット。このショット、何度か記事…

特集記事

  1. ダブルス

    前衛は後衛のボールを、「奪って」OK
  2. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合、パッシングショットの使い方の大原則とは?
  3. テニス 戦術

    戦術

    試合に強いテニス選手は、どこかで「一貫性」を持っている
  4. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュでコースを狙えない人は、ロブが上がった瞬間に目線を相手コートに
  5. テニス メンタル

    メンタル

    思い出して欲しいのは、勝って嬉しい対戦相手は自分だったという事実
PAGE TOP