テニス ダブルス

ダブルス

対戦相手を大声で威圧するより、味方であるパートナーを大声で褒めてみよう

テニスのダブルスの試合、同じ大声を出すのでも・・・私は出し方、だと思います。

そもそも、大きな声を毎回出すのって、疲れる。

しかも、対戦相手に向かって・・・って、更に疲れる。

どうせ声を出すんだったら、思い切り味方のパートナーに向かって出してみる。

調子を上げてあげるのも、立派なテニス選手としてのスキルです。

 

対戦相手を大声で威圧するより、味方であるパートナーを大声で褒めてみよう

 

1.ダブルスで嬉しい掛け声って、どんな掛け声?

アナタ自身、嬉しい掛け声って、どんな声ですか・・・?

私なら、具体的に褒められると嬉しい。

「今のサーブ、コースが良かったね!」

「ストローク、相手が下がるくらい押せてるからポーチ出るね!」

「ボレーはミスする雰囲気、無いねー」

みたいな感じで。

具体的に、しっかり伝えてあげることで、パートナーも自信になるはず。

いや、多少盛っても良いんですよ。

大事なのは、声掛けをして「さらに良いプレー」をしてもらって試合に勝つ、ということ。

アナタ自身、具体的に褒められると試合の中で調子、上がっていくと思いませんか?

 

2.「分かってるな!」と、パートナーから感じてもらうことが大事

皆さんも、嬉しいですよね、言われたら。

「分かってるねー!そこ、頑張ったんだよ」というポイント、しっかり伝えてあげましょう。

特に、男性の皆さん。

そもそも、試合中に声掛けが少ないように私は思います。

試合に勝っても負けても、コミュニケーションの量は変わらないのが基本。

勝っているときも、負けているときも、しっかりお互いで声掛けしていきましょう。

今回、大きな声で・・・と書いたのは、しっかり相手に聞こえる声で話す、というのが大事なことだから。

試合中って、相手に聞かれるという意味合いもあって、小声になりがち。

聞こえていないのに、なんとなく聞こえたふり・・・で通していませんか?

それって、もったいない!

しっかり大きな声、で褒めてあげて良いと思いますよ、パートナーのテニスを。

少し恥ずかしいですが、相手に聞こえても良いじゃないですか、作戦でも無い訳ですし。

 

3.褒められたければ、褒めましょう

自然と、相手を褒める人は自分も褒められるようになる。

テニスって、そうやって小さいコミュニケーションが生まれて、「あの人と組むと、調子が良い!」となっていく。

そうなると、もうモテモテプレイヤーになって、自然に強くなっていきます。

褒められたい、とは誰もが思うこと。

だったら、周りから、身近なパートナーから褒めてみましょうよ。

きっと、アナタ自身が発しているメッセージを汲み取って、良いプレーをしてさらに、アナタ自身にもお褒めの言葉が来ると思いますよ。

強いダブルスペアって、意外と気持ち悪いくらいに褒め合ってたりします、試合中。

気持ち悪くても、勝てば良いんです・・・試合に。

勝てる声出し、こそ必要だと思いませんか?

 

4.ただし、お世辞ばっかりは逆効果

もちろん、これはダメです。

良い気にさせようと思っても、逆効果。

しっかり、まずはパートナーを観察して具体的に言葉に落とし込む。

何となくで褒めても、人は気付いてしまう。

試合中に、どういう声をかけるのか・・・は、あらかじめ考えて試合に臨んでみると良いでしょう。

苦しい場面、押している場面、たくさんの試合のシチュエーションはイメージ出来るはずです。

「分かってるな・・・ありがとう!」と、パートナーに思わせれば、アナタの勝ち。

きっと試合で大活躍、してくれますよ。

 

ダブルスの試合、対戦相手はネットを挟んだ向こう側?

本当にそうですか?

私は草トーナメントの試合を観ていても、本当に「息の合ったプレー」を実践しているペアは少ないように思います。

まだまだ、敵は3人、のような選手が多いんですよね・・・これって、逆に言えばチャンスです。

言葉で信頼関係を作っていく。

学生の皆さんは、少し照れくさいし苦手かも知れません。

でも、ちょっと勇気を出してやってみると・・・変わると思いますよ、自分もパートナーも。

試合に勝てるペアになっていくには、こういう声、が必要だと私は思います。

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ミックスダブルス初心者は、まずこう戦おう!」基本となる作戦5つ

    「ミックスダブルス、一緒に出ない?」と誘われること、きっと社会人になっ…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルス脳を持っているテニス選手は、「何事にも自分が全て影響している」ことを理解している

    「ダブルスが上手い」と呼ばれる選手は、他の選手と何が違うのか。…

  3. テニス ロブ

    ダブルス

    ダブルスの試合、並行陣にこだわり過ぎていると「並行陣慣れ」しているダブルスペアには勝てない

    ダブルスの試合は、大学生くらいから特に男性は並行陣が主体となる。…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    「意外と○○が原因かも…」アナタがダブルスペアと上手くいかない理由5つ

    ダブルスペアとして、完成度を高めたい。今年こそ・・・と考えてい…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合では、シンプルにまず「相手のどこを狙っていくか」を確認して試合に入ろう!

    ダブルスの試合。序盤は皆さんどんな意識で試合に入っていますか?…

  6. ダブルス

    ダブルスのリターン側の前衛も、相手のファーストとセカンドに合わせてポジションを変えよう

    ダブルスのリターン側の前衛、この動きがしっかり出来ている選手は間違いな…

特集記事

  1. テニス 客観視

    戦術

    学生選手もベテラン選手も、テニスは「筋力アップよりもしっかりボールに力を伝えるこ…
  2. テニス リターン

    ストローク

    高い打点の両手バックハンドストローク、ココを変えれば攻撃的に返球出来る!
  3. テニス フットワーク

    その他

    テニスで結果を出して「大きな目標を成し遂げたい」なら、まず今いるチーム内でNo.…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの試合でチャンスを引き出す力」が、実力の拮抗した相手を倒す原動力に
  5. テニス ストローク

    戦術

    浅いボールの処理が苦手な人は、「利き腕と同じ足を前」に出しながらボールを触りにい…
PAGE TOP