テニス ダブルス

ダブルス

対戦相手を大声で威圧するより、味方であるパートナーを大声で褒めてみよう

テニスのダブルスの試合、同じ大声を出すのでも・・・私は出し方、だと思います。

そもそも、大きな声を毎回出すのって、疲れる。

しかも、対戦相手に向かって・・・って、更に疲れる。

どうせ声を出すんだったら、思い切り味方のパートナーに向かって出してみる。

調子を上げてあげるのも、立派なテニス選手としてのスキルです。

 

対戦相手を大声で威圧するより、味方であるパートナーを大声で褒めてみよう

 

1.ダブルスで嬉しい掛け声って、どんな掛け声?

アナタ自身、嬉しい掛け声って、どんな声ですか・・・?

私なら、具体的に褒められると嬉しい。

「今のサーブ、コースが良かったね!」

「ストローク、相手が下がるくらい押せてるからポーチ出るね!」

「ボレーはミスする雰囲気、無いねー」

みたいな感じで。

具体的に、しっかり伝えてあげることで、パートナーも自信になるはず。

いや、多少盛っても良いんですよ。

大事なのは、声掛けをして「さらに良いプレー」をしてもらって試合に勝つ、ということ。

アナタ自身、具体的に褒められると試合の中で調子、上がっていくと思いませんか?

 

2.「分かってるな!」と、パートナーから感じてもらうことが大事

皆さんも、嬉しいですよね、言われたら。

「分かってるねー!そこ、頑張ったんだよ」というポイント、しっかり伝えてあげましょう。

特に、男性の皆さん。

そもそも、試合中に声掛けが少ないように私は思います。

試合に勝っても負けても、コミュニケーションの量は変わらないのが基本。

勝っているときも、負けているときも、しっかりお互いで声掛けしていきましょう。

今回、大きな声で・・・と書いたのは、しっかり相手に聞こえる声で話す、というのが大事なことだから。

試合中って、相手に聞かれるという意味合いもあって、小声になりがち。

聞こえていないのに、なんとなく聞こえたふり・・・で通していませんか?

それって、もったいない!

しっかり大きな声、で褒めてあげて良いと思いますよ、パートナーのテニスを。

少し恥ずかしいですが、相手に聞こえても良いじゃないですか、作戦でも無い訳ですし。

 

3.褒められたければ、褒めましょう

自然と、相手を褒める人は自分も褒められるようになる。

テニスって、そうやって小さいコミュニケーションが生まれて、「あの人と組むと、調子が良い!」となっていく。

そうなると、もうモテモテプレイヤーになって、自然に強くなっていきます。

褒められたい、とは誰もが思うこと。

だったら、周りから、身近なパートナーから褒めてみましょうよ。

きっと、アナタ自身が発しているメッセージを汲み取って、良いプレーをしてさらに、アナタ自身にもお褒めの言葉が来ると思いますよ。

強いダブルスペアって、意外と気持ち悪いくらいに褒め合ってたりします、試合中。

気持ち悪くても、勝てば良いんです・・・試合に。

勝てる声出し、こそ必要だと思いませんか?

 

4.ただし、お世辞ばっかりは逆効果

もちろん、これはダメです。

良い気にさせようと思っても、逆効果。

しっかり、まずはパートナーを観察して具体的に言葉に落とし込む。

何となくで褒めても、人は気付いてしまう。

試合中に、どういう声をかけるのか・・・は、あらかじめ考えて試合に臨んでみると良いでしょう。

苦しい場面、押している場面、たくさんの試合のシチュエーションはイメージ出来るはずです。

「分かってるな・・・ありがとう!」と、パートナーに思わせれば、アナタの勝ち。

きっと試合で大活躍、してくれますよ。

 

ダブルスの試合、対戦相手はネットを挟んだ向こう側?

本当にそうですか?

私は草トーナメントの試合を観ていても、本当に「息の合ったプレー」を実践しているペアは少ないように思います。

まだまだ、敵は3人、のような選手が多いんですよね・・・これって、逆に言えばチャンスです。

言葉で信頼関係を作っていく。

学生の皆さんは、少し照れくさいし苦手かも知れません。

でも、ちょっと勇気を出してやってみると・・・変わると思いますよ、自分もパートナーも。

試合に勝てるペアになっていくには、こういう声、が必要だと私は思います。

ピックアップ記事

  1. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  2. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  3. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

関連記事

  1. テニス センス

    ダブルス

    自分の担当範囲を知らない前衛は、後衛を困らせてばかり

    ダブルスの試合で、前衛が触れない。こうなると、後衛は苦しいです…

  2. テニス メンタル

    ダブルス

    「ローボレーがどうしても苦手・・・」な人は、ダブルスでは変則陣形で挑むのも有り!

    テニスの数ある技術の中でも、最も難しい部類に入るのが低い位置のボレー、…

  3. ダブルス

    ダブルスの試合で、「前衛のボールか後衛のボールか、分からない・・・」人はこうやって判断しましょう

    ダブルスの試合では、陣形に関わらず「前衛と後衛」で役割が異なります。…

  4. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「試合前に決めておく大事なこと」を5つピックアップしてみた

    ダブルスの試合、初めてペアを組んで試合、みたいなケースも多いと思います…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、パートナーのミスを「自分の責任」と考えられる人は少ない

    ダブルスペアとしての一体感。これは、ある場面を見ればすぐに分か…

  6. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合、「とにかく速くて深いサーブ」は迷わずロブでの応戦に徹しよう

    試合でのロブの重要性について、何度か書いてきました。しかし実際…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス クレーコート

    シングルス

    シングルスの試合で身に付けておきたい、両者ネット際での攻防を制するコツ4つ
  2. テニス メンタル

    ダブルス

    「並行陣のセンターを攻められたとき」には、後衛のドロップショットが絶対に必要です…
  3. テニス 準備

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合を優位に進めたければ、「早めに男性を狙ったポイントを作る」…
  4. テニス ボレー

    フットワーク

    テニスの試合では、遅いボールほど細かいステップで合わせていこう
  5. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で「ネットプレーが苦手だから前に出るのが怖い・・・」人は、発想を変え…
PAGE TOP