テニス ダブルス

ダブルス

チャンスを決めた前衛は、そのチャンスを作り出した後衛を全力で褒めてみよう

ダブルスの試合、なぜか「この人と組んでいると、調子が良い」という人、いますよね。

そういう人は、細かい部分でパートナーを盛り上げてくれるのが上手い。

気が付けば乗せられて、試合にまで勝ててしまう。

例えば、こういう仕草、私は素敵だと思うんですよね。

 

チャンスを決めた前衛は、そのチャンスを作り出した後衛を全力で褒めてみよう

 

1.前衛が決めた時に、嬉しいのが後衛

ダブルスの試合、こういうパターンは多いですよね。

後衛が良いショットで追い込んで、前衛がボレーで決める。

そんなポイントの後に、アナタが前衛だったらぜひ後衛を褒めてあげて欲しい。

「お前のおかげだよ!」というのを、全力で伝える、言葉に出す。

こういう行為って、ちょっと恥ずかしいじゃないですか。

でも、ぜひ学生の皆さんもやってみて欲しい。

それこそ、効果てきめんですから!

 

2.前衛に自信を与えてあげれば、自然とポーチでも何でも出てくれる

前衛が活躍してくれない、なかなかダブルスらしいポイントが獲れないと悩んでいる人は、気持ちの問題。

前衛が活躍するには、試合の序盤に「自信」を付けさせてあげることが大事。

小さいポイントでも、どんどん声掛けをして、その中で褒めてあげる。

せっかくパートナーの前衛が良いプレーをしても、スカしている後衛なんてつまらない。

自信を与えてあげるのは、アナタの小さいしぐさや言葉、表情。

アナタが作ったチャンスを決めれば前衛を褒めて、アナタが前衛だったら後衛を全力で褒める。

そうすればお互いの自信、を試合の中で深めていけますからね。

結果は自然に付いてくるでしょう。

 

3.チャンスを作ってくれる後衛、を信じて前衛はプレーすること!

ダブルスの試合、後衛は必ずチャンスを作ってくれる。

でも、そのチャンスは待っていても横を通り過ぎていくだけ。

アナタが触って初めて、チャンスは活かされるんです。

後衛は絶対に、良いプレーをしてくれる。

でもそれを活かすのは、前衛である自分次第・・・だと強く心に決めましょう。

そして良いポイントが決まったら、先ほども書きましたが後衛をどんどん褒めてあげる。

そうすると、もっと頑張ろう!という気持ちになってくれますからね。

 

言葉って、本当に大事。

学生の皆さんも、なかなか恥ずかしくて仲間を褒めるって出来ないじゃないですか。

でも試合の中なら、ぜひ言葉にして褒めて盛り上げて欲しい。

勝っていけるダブルスって、意外とこうやって褒め合って盛り上がっていくモノ、ですよ。

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  3. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  4. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  5. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    勝てないダブルスペアほど、大事な部分をお互いに任せられない

    ダブルスの試合を見ていて、感じること。ダブルスのパートナー、し…

  2. ダブルス

    相手の浅いロブは、実はドロップボレーのチャンス

    ダブルスの試合、ロブをカバーに走る。並行陣なら、かなり多くなる…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    「テニスのダブルスで、組み慣れたペアと即席ペアの違い」が一番現れる部分とは?

    テニスのダブルスの試合には、皆さんどんなペアと組んで出ていますか?…

  4. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「サーブが強力な対戦相手」と対峙した時の為に、2バックの陣形は練習しておこう

    オリンピックのテニス競技をテレビで観ていて、気になった方もいるのではな…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    雁行陣での「クロスへのアプローチショット」は、センター寄りのコースに!

    ダブルスの試合の中で、雁行陣を主体にしているペアは学生の皆さんでも多い…

  6. テニス ボレー

    ダブルス

    相手の前衛が消極的なら、雁行陣からでもどんどんセンター狙いでいこう!

    ダブルスの試合、実際は結構雁行陣での戦い、が多いですよね。学生…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス スマッシュ

    ボレー

    ネットに近い位置で、「ラケットヘッドを立てて身体の横向き」を作れば、アングルボレ…
  2. ダブルス

    ストレートロブを抜かれた後、抜いた後のダブルスの戦術について
  3. テニス知識

    汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. リターン

    「浅いセカンドサーブは、思い切ってドロップショットでリターン」が実践出来ると試合…
  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュを安定させたいなら、「打ち終わりで、ラケットを持たない腕を胸の前に」を…
PAGE TOP