戦術

強い相手と戦うなら、絶対初戦が良い

大会の初戦から、相手が強い。

もうこれだけで、みなさん気持ちが萎えてしまうんじゃないですか?

でも、それってアナタ自身が損するだけですよ。

強い相手との初戦、望むところという姿勢が大事。

アナタ自身が強いテニス選手になりたいなら、大事なポイントです。

 
 

出る大会は、トップを狙う

どんなレベルだろうが、どんな大会だろうが。

出るからには、負けることをイメージしない。

トップを狙う、優勝を狙う。

いや、難しい理由を挙げていけばキリが無いでしょう。

でも、アナタ自身は立派なテニス選手としてエントリーしているはず。

この目標から逃げてはいけません。

逃げる理由に、初戦の相手が強かったなんて通用しない。

一度癖にすると、なかなか勝てる選手になるのはしんどいですよ。

強い相手とも、いつかは戦わないといけない

大会の中では、絶対に避けて通れない。

当たるのが早いか、遅いかだけの問題ですから。

私は、初戦の方がチャンスがあると思いますよ。

1日で終わるトーナメントなら、調子が上がり切っていない初戦で対戦する方が、勝つチャンスがあるでしょうから。

強い相手に勝ちたいと、アナタ自身が思うなら。

こういう考え方になっていけば、必ず対戦結果も変わって来るはずです。

こっちは準備万端!

で、いきましょう!

アナタ自身は、初戦から全力、エンジン全開。

これで準備万端、という形で試合に入っていけるようにしておく、だから実力差も埋めていける。

初戦をしっかり戦えるって、なかなかいないですよ。

だから、チャンスなんです。

チャンスだとアナタ自身が思えるかどうか、です。

T-PRESSでは、そんな初戦に強いみなさん、を育てて来たつもりですから。

自信を持っていきましょう!

   

サーブとリターン、で戦おう

初戦での強敵、格上相手。

このキーワードになるのは、サーブとリターン。

ラリー戦が長くなればなるほど、正直辛いでしょう。

だからこそ、サーブとリターン。

この2つのショットを、どうするのか。

アナタ自身が、しっかり80点くらいのショットをコンスタントに打てるかどうか。

サーブとリターンの精度さえ落とさなければ、充分に戦える。

その自信を持って、初戦の強敵に挑んでいきましょう。



初戦に強くなれば、自然と経験が積める。

経験が積めれば、きっと強くなっていく成長速度は一気に上がる。

それだけ、初戦が強い相手という試合は大事なんです。

大会を勝ち抜いて、成長していく。

その強い意志を、アナタ自身見せて下さい。

ピックアップ記事

  1. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  2. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  3. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  4. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  5. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…

関連記事

  1. テニス ボレー

    戦術

    チャンスでのフォアボレー、動かすのは10cmでOK

    フォアハンドボレー、ネットに詰めて・・・あとは決めるだけ!これ…

  2. テニス メモ

    戦術

    諦めて終わるのと、諦めないで終わる試合の違いについて

    私は、この差はすごく大きいと感じています。試合を最後まで諦めな…

  3. 戦術

    相手は強いんじゃない、合っているだけ

    試合で対戦したときに、強さを感じる相手。自分が必要以上にプレ…

  4. 戦術

    ダブルスの試合で有効な、「2球連続前衛攻撃」とは?

    ダブルスの試合で、前衛を攻撃していく。これは、みなさんも出来る…

  5. テニス メンタル

    戦術

    足が速い相手と、かけっこ勝負をしてはいけない

    みなさんの周りにも、こういう選手はいませんか?すごく足が速くて…

  6. 戦術

    テニスの立体化改革、2020年

    みなさんは、今年をどういう年にしていきたいか。ぜひ、テニスの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. その他

    「第90回全日本テニス選手権」本戦出場選手リストが発表!今年は面白いです
  2. テニス ストローク

    シングルス

    相手から時間を奪うテニス、に必要なのはライジングショットだけじゃない
  3. 戦術

    ダブルスの基本、苦しい時は遠くの相手に返球して時間を作ろう
  4. テニス スマッシュ

    ダブルス

    ポーチが上手い選手が意識している、5つのコツ
  5. テニス ボレー

    フットワーク

    フェイントは大事だけど、それだけでは「本物のプレッシャー」になり得ない
PAGE TOP