テニス メンタル

練習メニュー

「自分はテニスを練習している」と、人に言えますか?

学生時代は、毎日のように練習するのは当たり前。

でも、社会人や大人になると、なかなか時間の確保が難しくなって来ますよね。

つい、「練習していない」ことを言い訳にしてしまう。

この癖を直すだけで、アナタ自身は相当テニスが強くなると思いますよ。

 

「自分はテニスを練習している」と、人に言えますか?

 


 

1.「練習出来ている」とは?

これは、人や環境によって違うでしょう。

私は今、基本練習は週に1回だけ、90分。

でも、良い練習が出来ていると思っています。

このペースだと少ない、と感じる方も多いでしょう。

ですが、こうやって記事を書いていることも、私にとっては大切なテニスの時間。

練習と変わらないし、むしろコート上での練習以上のもの、を得ることが出来ているかも知れない。

そう感じながら、「自分は練習出来ている」と言えるように意識しています。

 

2.試合だって、ある意味練習の一部

土日に試合がある方も、多いと思います。

これも、ある意味自分を成長させてくれるので、練習とも言えますよね。

テニスを上達させたければ、試合と練習の境目は小さくしていく方が良い。

どちらも自分にとって、身近なものであり成長させてくれるもの。

試合が特別な訳でも無いし、練習がマンネリ化する訳でも無い。

こういう感覚、が持てるようになると上達も早いです。

 

3.「練習出来ている」と言えることで、人は強くなる

まず、「言い訳はしない」という自分への意思表示。

これを、自分やパートナー、周りに伝えることが大事です。

何も、自信満々、に伝える必要はありません。

聞かれたら、そう答える。

そして自分自身に、「しっかり出来てるんだから、自信持っていこう!」というメッセージになるはずです。

「練習出来ていないから・・・」みたいなことばかり言っている人は、ほとんど初戦で負けてますよね。

 

4.密度の濃い練習、を逆算していこう

良い機会ですので、自分の練習を見直したい。

時間をかけないで、効率的に。

そしてコート以外で、何が出来るのかをしっかり考えておく。

このサイトをご覧頂いているみなさんは、私は言うのもおかしいですが、自信持って良いと思いますよ。

毎日、少し読んで頂くだけで、色々な試合をしたような感覚になって頂けるはず。

私はそれをイメージしながら、これからも記事を更新していきます。

 

練習時間、長ければ良い?

社会人のみなさんにその確保は難しいし、短期集中の癖を付ければそれは試合にも活かされます。

自分で決めて、自分でコントロールする。

だから練習も身になるし、試合で強くなれる。

アナタ自身は、テニスの練習出来ていると言えますか?

ピックアップ記事

  1. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  2. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  3. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない

関連記事

  1. 練習メニュー

    「ミスばっかだと、練習になんねぇよっ!」と、テニスの練習でアナタは言えますか?

    テニスはミスが多いと負けてしまう。だからミスしないように気を付…

  2. テニス メンタル

    練習メニュー

    本当に「キツイ」テニスの練習は、体力的なキツさだけじゃない

    皆さんは普段の練習、キツイですか?キツイ日もあれば、そうでない…

  3. テニス ストローク

    練習メニュー

    テニスに必要な「広いコートカバーリング」を身に付ける為の球出し基本練習メニュー

    テニスのストロークに必要な前後の動き。これをしっかり身に付ける…

  4. テニス ダブルス

    練習メニュー

    男子ダブルスの並行陣、レベルアップに必要な練習5つ

    男子ダブルス、チームでレベルアップしていきたい方へ。バンバン打…

  5. テニス 打点

    練習メニュー

    シングルスの試合に必要な「コートカバーリングとコントロール」を養う、基礎的な練習メニュー

    シングルスの試合では、広いコートを幅広くカバーしないといけない。…

  6. テニス カープ

    練習メニュー

    プロ野球の広島カープに学ぶ、「徹底的した素振り練習」を貫くことの重要性

    今年プロ野球のセ・リーグを制したチーム、広島東洋カープ。彼らの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. リターン

    リターンミスが多い人は、「伸び上がり」を抑えて安定感を高めよう
  2. テニス メンタル

    ストローク

    ストロークのラリーで、「ベースライン上からのハーフバウンド」でのライジングショッ…
  3. テニス ダブルス

    戦術

    「ノーアドバンテージを獲れなかったのは、運が無かった」と思っている人は、ただの準…
  4. テニス メンタル

    テニス知識

    初心者でもテニスの試合に出て恥をかかない、「カウントの数え方とコールの仕方」につ…
  5. テニス シングルス

    戦術

    相手に自滅を促す戦い方は、究極の体力温存法
PAGE TOP