テニス メンタル

練習メニュー

「自分はテニスを練習している」と、人に言えますか?

学生時代は、毎日のように練習するのは当たり前。

でも、社会人や大人になると、なかなか時間の確保が難しくなって来ますよね。

つい、「練習していない」ことを言い訳にしてしまう。

この癖を直すだけで、アナタ自身は相当テニスが強くなると思いますよ。

 

「自分はテニスを練習している」と、人に言えますか?

 


 

1.「練習出来ている」とは?

これは、人や環境によって違うでしょう。

私は今、基本練習は週に1回だけ、90分。

でも、良い練習が出来ていると思っています。

このペースだと少ない、と感じる方も多いでしょう。

ですが、こうやって記事を書いていることも、私にとっては大切なテニスの時間。

練習と変わらないし、むしろコート上での練習以上のもの、を得ることが出来ているかも知れない。

そう感じながら、「自分は練習出来ている」と言えるように意識しています。

 

2.試合だって、ある意味練習の一部

土日に試合がある方も、多いと思います。

これも、ある意味自分を成長させてくれるので、練習とも言えますよね。

テニスを上達させたければ、試合と練習の境目は小さくしていく方が良い。

どちらも自分にとって、身近なものであり成長させてくれるもの。

試合が特別な訳でも無いし、練習がマンネリ化する訳でも無い。

こういう感覚、が持てるようになると上達も早いです。

 

3.「練習出来ている」と言えることで、人は強くなる

まず、「言い訳はしない」という自分への意思表示。

これを、自分やパートナー、周りに伝えることが大事です。

何も、自信満々、に伝える必要はありません。

聞かれたら、そう答える。

そして自分自身に、「しっかり出来てるんだから、自信持っていこう!」というメッセージになるはずです。

「練習出来ていないから・・・」みたいなことばかり言っている人は、ほとんど初戦で負けてますよね。

 

4.密度の濃い練習、を逆算していこう

良い機会ですので、自分の練習を見直したい。

時間をかけないで、効率的に。

そしてコート以外で、何が出来るのかをしっかり考えておく。

このサイトをご覧頂いているみなさんは、私は言うのもおかしいですが、自信持って良いと思いますよ。

毎日、少し読んで頂くだけで、色々な試合をしたような感覚になって頂けるはず。

私はそれをイメージしながら、これからも記事を更新していきます。

 

練習時間、長ければ良い?

社会人のみなさんにその確保は難しいし、短期集中の癖を付ければそれは試合にも活かされます。

自分で決めて、自分でコントロールする。

だから練習も身になるし、試合で強くなれる。

アナタ自身は、テニスの練習出来ていると言えますか?

ピックアップ記事

  1. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  2. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  3. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…

関連記事

  1. 練習メニュー

    テニスにおける予測の練習とは、「記憶力を整理して引き出す練習」である

    テニスにおける予測力、試合に出ている人であれば痛いほどその必要性を感じ…

  2. テニス メンタル

    練習メニュー

    「量から質へ」今、アナタの練習には改革が必要です

    今の練習に、疑問を感じている方。部活やサークル、テニススクール…

  3. テニス ミス

    練習メニュー

    県内No.1のアノ選手だって、技術の9割はコピペです

    「あの選手のストローク、凄いな・・・」「サーブ、ブレイク出来る…

  4. テニス ダブルス

    練習メニュー

    テニスの素振りは、高い打点で行うことが大事

    見落とされがちだけど、大事な個人練習。それは素振り、です。…

  5. テニス 予測

    練習メニュー

    チームでの練習メニューは工夫次第、例えば「みんなストロークでネットミスが多い・・・」と感じたら?

    意識をしっかり高く練習したいと思っても、部活やチームでみんな共通の意識…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. ストローク

    バックハンドストロークも、攻撃的に打ちたいなら・・・?
  2. テニス ポジショニング

    ストローク

    試合で効果的なアプローチショットは、「難しく打たずに、ポジショニングで精度を上げ…
  3. スマッシュ

    スマッシュとサーブの違いを考えると、「少しだけスマッシュが楽になる」考え方につい…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「2ポイント差がついたら守備的になる」を意識すると迷いが無くな…
  5. ストローク

    両手バックハンドを捨てたからこそ、今の片手バックハンドがあると思う
PAGE TOP