テニス トレーニング

練習メニュー

「短い練習時間でテニスの試合に勝てるようになる!」ために、必要なのは具体的な意識と準備です

皆さんは普段のテニスの練習時間、どの程度でしょうか?

学生の皆さんであれば毎日の部活動で2~3時間、社会人の皆さんであれば週1回1~2時間程度かも知れません。

なかなか時間を確保するのは、難しいですよね。

テニスは時間をかければかけただけ、上達するという訳ではありません。

むしろ短い時間をしっかり有効に活用出来る人ほど、試合で成果を発揮しやすい。

その為に必要なのは、コートの立つ前と終わった後の意識と行動です。

 

「短い練習時間でテニスの試合に勝てるようになる!」ために、必要なのは具体的な意識と準備です

 

■練習はコートに入る前から始まっている、という意識で

練習が始まる前に、アナタが準備しておくべきことはたくさんあります。

自分の課題や、その日の練習内容とそれに対する意識の準備。

テニススクールであれば毎週テーマが違うはずですから、それに合わせて自分なりに「課題と磨くポイント」をしっかり準備しておく。

イメージトレーニングをしておけば、実際にコート上で練習が始まったときには「修正」から入ることが出来る。

テニスノートを試合前に書くのと同じように、練習のときも事前の準備が大事。

練習が始まっているのに、自分の課題やテーマがあやふやな人は、何をどう練習しても主体性が無いので上達は難しい。

コートに入る前に、自分にとって何が必要なのかをしっかり整理しておきましょう。

 

■ボールを打つたびに、自分で「試合のカウント」を設定してみる

ラリー練習でも球出し練習でも、試合の「カウント」を想定してみると練習にも熱が入ります。

私なら、チャンスボールを打ちこむ練習であれば、4-4、40-30 の場面をイメージして練習する。

3周目くらいからは、逆に追い込まれた場面、2-5、15-40 のような場面を想定して、確実性を重視して攻撃していく自分で、打ってみる。

そういう工夫は、アナタ自身で行って、責任を自分に課す努力が求められます。

「ただの暗示、そんなに意味あるの・・・?」と思った方、やり続ければ試合でも練習のようにきっと、打てるようになります!

試合では、カウントシチュエーションが無い場面なんて無い。

練習と試合の環境を近づける工夫は、アナタ次第です。

■テニスノートは練習後30分以内に記録する

練習が終わった後、30分がアナタの上達において最も大事な時間。

練習した内容、感じたこと、次への課題は、時間が経てば経つほど、どんどん薄まった情報になっていきます。

すぐにテニスノートを書くのが難しければ、スマートフォンにメモとして残したりしておく。

私は後でノートに書く用に、その場で自分にメールで送っておくようにしています。

コートに立っている練習時間は短くても、その後の時間をどれだけ使うかはアナタ次第。

ライバルに追い付いたり、市民大会で成績を残したければ、より効率的に短い練習時間を活かす術を身に付けていかないといけません。

 

コート上での練習は、本当に貴重な時間。

1球たりともムダにしたくない・・・という意識で練習できると、実はそれって試合に近い理想的なシチュエーション。

だらだらと長い時間、コート上で打っているだけだと、逆に試合のような短期決戦には弱くなってしまう。

短い練習時間、逆に利用しちゃいましょう。

工夫次第で、まだまだ練習はより良いものになっていける。

私はそう、信じ続けます。

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  3. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  4. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  5. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー

関連記事

  1. テニス ダブルス

    練習メニュー

    ダブルスの練習で「2バック対2アップの練習をシングルスコート」で実践すると効果的です!

    今回は、ダブルスでのボレー対ストロークの練習メニューを一つ、ご紹介。…

  2. 練習メニュー

    「心技体で練習効率を上げなさい」テニスの練習をいかに試合に近づけられるか工夫しよう

    当たり前だが、テニスの練習は上達に不可欠である。でもだからと言…

  3. テニス トレーニング

    練習メニュー

    自分が好きな練習しか出来ない人は、結局その程度のテニス選手にしかなれないということ

    年が明けて新規一転。今年こそテニスを頑張るぞ!と思っている方、…

  4. テニス リーダー

    練習メニュー

    ライバル同士の練習で、強くなるチーム、弱くなるチーム

    テニスの練習って、難しい。だって、毎回試合相手は違うのに、練習…

  5. テニス チャンス

    練習メニュー

    「良いフォームは自分で開発出来なきゃなきゃダメ!」テニスの試合で苦しいときに実力を発揮できる為に

    テニス上達のためには良いフォームを身に付けないといけないんだけど、どう…

  6. テニス 守備

    練習メニュー

    部活の練習で、「しっかりつなぎながら、決めることも出来る」テニスを養う練習方法とは?

    部活やサークルでの練習で、出来るだけ「試合に近い環境」で練習したいと思…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス サーブ

    サーブ

    サーブを打った後の着地足は、「基本は前足着地」を意識してしっかりジャンプしてみよ…
  2. ストローク

    「現代テニスの基本」ストロークのオープンスタンスで攻撃する4つのメリット
  3. テニス スマッシュ

    リターン

    セカンドリターン、という発想がすごく楽にさせてくれる
  4. テニス テニススクール

    ボレー

    「ココには速いボールが入ってくるな」と感じることが、ネットプレイヤーの第一歩
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ミックスダブルスでの法則、「男性サーブ、女性リターンのときは7割がロブ」という頭…
PAGE TOP