その他

試合に出る一歩を踏み出した人から、テニスは別なスポーツになる

「試合に出ることって、そんなに大事ですか?」というご意見を、たまに頂きます。

もちろん、それがテニスの全てでは無いでしょう。

私はただ、「試合は面白い、成長出来る」という部分を、T-PRESSで書き続けてきたつもりです。

ただボールを打ち会うだけのテニスも、一つのテニス。

ただ言えることは、これじゃないですかね。

 

試合に出る一歩を踏み出した人から、テニスは別なスポーツになる

 


 

1.恐らく、一緒に練習は難しい

同じコートで、同じスポーツをやる。

黄色いボールを追いかけて、ラケットで打ち返す。

やっていることは同じように見えても、私はハッキリ、違うと言い切ります。

良い悪い、ではありません。

試合に出るテニス、出ないテニスは、違う。

だからこそ、私がここで書き続ける意味があるんだと思っています。

 

2.全く別なスポーツ、競技になる

試合に出始めると、本気で勝ちたくなる。

そして、自分より強い相手と試合をしていると、みなさんも感じて来たはずです。

ただボールを打つこと、返すことが、なんて難しいんだろうと。

普通にやれば出来ることが、試合だと出来なくなる。

「フォルトしたら負け」の相手のマッチポイントでのセカンドサーブ、手足が震える。

こういう経験、試合に出ないとなかなか出来ないですからね。

だからこそ、楽しくもあり辛くもある。

試合に出るなら、ただレクリエーションでテニスをするのとは、全く違う競技になることを覚悟しないといけません。

 

3.なぜなら、そこに人の感情があるから

テニスはものすごく、人間臭いスポーツ。

試合は感情のぶつかり合い、です。

勝ちたいという一見クリーンでキレイな感情、ばかりじゃないですよね。

嫉妬心や羞恥心、コンプレックスといった、心の奥底にある嫌らしい部分。

テニスの試合に出ていると、たくさん目にすることになるでしょう。

周りの人もそうですし、自分自身もそう。

汚い自分、嫌らしい自分に気付いて嫌になること、もみなさん経験してきたはずです。

言い方は悪いですが、私はこれが人間の「面白い部分」だと思いますよ。



4.みなさんは、焦る必要はありません

まず、試合に出ているだけで凄い。

何度も書いて来ましたが、みなさんは凄いんです。

だからこそ、焦らないで欲しいという気持ちがあります。

結果が出ない、ずっと停滞しているような気分になっている人も、焦らずじっくりいきましょう。

試合に出る、という一歩を踏み出している時点で、テニスは残酷でもあり、同時にたくさんの経験を与えてくれる。

たかがテニス、されどテニス。

これは、試合に出ているみなさんなら、日々感じることじゃないでしょうか。

 

動画を作ったり、ミーティングイベントを開催したり。

そうこうしながら、本当にみなさんの力になれているのか、悩む日々です。

でも、新しいチャレンジをし続けてこそ、見えて来るものもありますからね。

またぜひ、YouTube動画などはご意見頂けると嬉しいです。

これからも、「試合に出るテニス」に特化してT-PRESSは歩んでいきます。

 

YouTubeで公式チャンネルを開設しました!

ぜひ、チャンネル登録頂きご覧さいませ。

T-PRESS YouTube公式チャンネル

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  5. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

関連記事

  1. テニス 食事

    その他

    テニスプレイヤーとして環境の変化に強い人は、「初心に戻る」を言葉で終わらせない

    何度か、テニス選手として「新しい環境」に入っていく重要性と意義について…

  2. テニス セルフジャッジ

    その他

    セルフジャッジの試合では、「相手に聞こえる声でコールする」のが基本ルールです

    セルフジャッジで揉めるケース、色々ありますよね。ジャッジで入っ…

  3. テニス 楽天

    その他

    「スポンサー様」という意識はプロテニス選手にだけ必要?いやいや、学生のみんなにも必要!

    高校生の頃、学校のコートを使って練習をしていた。たまに父親に他…

  4. その他

    「男は分析して満足」な生き物だから、テニスで落とし穴にはまりやすい

    どこでも、何でも、分析したがる人。私はすごく、才能があると思い…

  5. テニス メンタル

    その他

    横幅が狭いテニスコートでの試合では、「極端にワイドやアングルをケアする戦術」が必要になります

    日本には様々なテニスコートがあり、試合も色々なコートで行われる。…

  6. テニス メンタル

    その他

    「テニスと俺」アナタは自分とテニスの関係、どんな感じですか?

    「何のためにテニスしてるんですか?」そんな質問をある人から受け…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    セカンドサーブからのポイント獲得率は、50%で良い
  2. 日々の雑記

    「僕、ボレーしか出来ないんですよ」という人って、大抵すごくテニス上手い件
  3. その他

    「大谷選手の目標を実現させた方法=マンダラート」は、テニスにも超絶応用が可能です…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    下がってパッシングショット、抜ける訳が無い
  5. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合で前衛のときには、「自分のプレッシャーがどれくらい効いているのか?…
PAGE TOP