テニス ポジショニング

ストローク

テニスの試合の現場では、「攻撃的なストローク=全て深さが必要」は危険な発想です

テニスの試合でのストローク、皆さんはどんなことに意識を置いていますか?

私はいつも、自分が打ったストロークの深さを重視しています。

ですがつい、陥りがちな落とし穴があるの・・・皆さん、ご存知ですか?

深いストロークで攻撃していく、ことだけに固執するとアウトのリスクが高くなる。

試合で調子が良いときほど、「その逆を使う」という発想が大事です。

 

テニスの試合の現場では、「攻撃的なストローク=全て深さが必要」は危険な発想です

 


 

■気持ち良いくらい、深いストロークが入っているときは・・・?

皆さんも経験あると思いますが、試合の序盤からストロークの調子が良い、良い感じの深さで打てているとき、ありますよね。

そんなときに、調子に乗って深さだけを求めてガンガン打っていると・・・やっぱりどこかでずれてミスも出てくる。

良いショット、調子が良い時間はそう長くは続かないのがテニスの難しいところ。

だからこそ、必要なのは「深いショット」を活かすような作戦。

調子が良いときこそ、そのショットを活かす術を身に付けて実践しましょう。

 

■ストロークの調子が良いとき、こそ実はネットプレーが活きる!

ストロークの調子が良い!と感じたら、あえてネットプレーも混ぜてみる。

これがすごく、シングルスの試合でも効果的です。

なぜなら、調子が良い、攻撃に耐えている相手は山なりのボールでまず粘ろうとしてくるはず。

ストロークだけで押し切る、だけじゃなく「ネットにも出てくる・・・」と思わせると、相手は非常に圧迫感を感じてくれるでしょう。

調子が良いときほど、一つのプレーに偏らないテニスが出来ること、それが本物のオールラウンダーだと私は思います。

 

■深いボールを活かすには、浅いボールが最適!

深いストロークで攻撃する、そんなアナタに対して相手の作戦はどうか。

普通の相手なら、まず一歩下がってつないでくる、粘ってくる。

だからこそ、そのポジションを「前」に引っ張り出すことで、アナタの攻撃力はより活きて来ます。

深いボールも、下がって慣れてくればつながれてしまいます。

ドロップショット、甘くても良いので打てると効果的だと思いませんか?

それも、同じようなテイクバックから・・・。

左右だけでなく前後、にも揺さぶれるからテニスの試合は面白いし、駆け引きが生まれる。

ぜひ、積極的に浅いボールも展開していくようにしましょう。

そう、調子が良いときにこそ、です。

 

深いボールだけが良いショット、ではありません。

相手が下がったとき、粘られたときにどういうプレーが出来るのか。

プレーに幅を持たせておく、そして調子が良いときにこそどんどんその「逆」のショットを使っていく。

試合に強いテニス選手って、そんな感じの雰囲気ありませんか?

アナタもきっと、実践すれば出来るはず。

甘くても良いので、まずはドロップショット、打ってみましょう。

きっと普段のストロークが、より活きる作戦になってくれるはずです!

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  3. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  4. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  5. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?

関連記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    グリグリのフォアハンドストロークで押してくる相手には、シンプルな対策で準備しよう

    テニスの試合、特に男性の学生の方で多いのがこのタイプ。グリグリ…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    「バックハンドのクロスラリーを制する!」テニスの試合で必要なストロークのポイント4つ

    ストロークのバックハンド、得意な人も苦手な人もいると思います。…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    シングルスの試合で、「コンパクトなワイパースィングで浅いボールをコントロール」出来ると、しっかり相手…

    浅いボールを相手から引き出したら、シングルスの試合では相手を追い込む攻…

  4. テニス スライス

    ストローク

    横に走ってストローク、を少し膨らませたフットワークにして攻撃的に

    左右に走ってストローク、特にシングルスでは多いシチュエーションですよね…

  5. ストローク

    ドロップショットが相手に効くのは、「その前のショットがしっかり深い」ときだけ

    錦織選手の活躍で、脚光を浴びているショットと言えばドロップショットでし…

  6. テニス ボレー

    ストローク

    両手バックハンドのストロークを振り切れない人は、テイクバックから更に肩を入れよう

    以前にも少し書いたコツ、ですが、ストロークが振り切れない方へ。…

特集記事

  1. シングルス

    シングルスの試合で、使えるネットプレーの考え方7つ
  2. テニス スマッシュ

    ボレー

    攻撃的なネットプレーのときには、とにかくラケットの準備の位置を高くして構えよう
  3. テニス 仲良し

    メンタル

    恵まれた環境が、テニス選手としての知恵や執念を無くしていく
  4. テニス リターン

    シングルス

    シングルスの試合で、粘り強いストローカー相手の攻撃は「逆を突いて前で仕留める形」…
  5. 戦術

    ミスをして良いポイントで、ミスは大丈夫
PAGE TOP