ダブルス

ダブルスのストレートアタック、決めるのは前のポイントの終了直後がベスト

ここぞ、という場面でのリターンでのストレートアタック。

アナタ自身、ダブルスの試合に出て行けば絶対に決めたい、攻撃に使いたい。

これをしっかり決めるため、に必要なことは何か。

試合に勝ちたいなら、ここまで決めておくこと、をお勧めします。

まぁ、騙されたと思ってやってみて下さいよ。

 

ダブルスのストレートアタック、決めるのは前のポイントの終了直後がベスト

 


 

1.次どうするのかを、いつ決めるのか?

私は基本、ポイントが終わった後、です。

15-15になったら、その瞬間に次どうするのかを決める。

前のポイントの雰囲気、でもう結論を出してるんですよね。

「あ、こういう感じなら、次はこうだな」と。

簡単ではないかも知れませんが、これくらい早く決断できるとすごく良いですよ。

そして、決めたらもう変えない。

その決断を信じて、ペアと共有する。

ダブルスの試合、次にリターンを打つ選手が基本「どうしたいのか?」を考えて、ペアに伝える。

よほどのことが無い限りは、そのスタンスを尊重する形が良いと思いますよ。

 

2.相手の前衛を見て、ストレートに打つと決める時

大きく、要素は2つあります。

1つは相手の前衛がすごく動いてくるパターン。

ガンガンポーチに動いてくるので、ストレートに打って足止めしないといけないような相手、ですね。

それからもう1つは、そもそも存在感が無いような前衛。

ストレートに打ってもそこにいる、可能性もありますが、こちらから攻撃的なスタンスで挑んでいく方がポイントを取りやすいと感じた時ですね。

このどちらか、を感じた時にはポイント直後に「ストレートだな」と決める。

ポイント直後、に次どうするのかを決めること。

実はこれって、テニスの試合ですごく自分を楽にしてくれること、なんですよ。

 

3.ギリギリまで決められない人は、絶対にリターンミスが多い

リターンミスが多いときって、どうでしょう?

そもそも、「何がしたいのか?」を決められていない場合が多くないですか?

打つコースも決められない、そもそも相手のサーブが読めない・・・自信喪失で、もう試合が嫌になる。

こういう時って、試合で修正出来ないと思うんですよね。

そんな人こそ、ポイント終了後に決断する、というルーティーンを入れて欲しい。

決断を早く、そして強く信じてやり抜くこと。

メンタルが弱い人、ほど方法を変えていかないとずっと変わらないですよ。

 

4.ストレートアタック、必要なのは技術じゃない

実際に、ダブルスでこのリターンからの攻撃、技術より大事なものがあります。

それは、「よし、前衛にアタックするんだ!」という強い意志。

相手が動いていない、もしかしたらやられるかもしれない。

でも、これを打たないとダブルスの試合では勝てない、ですから。

技術ではなく、自分で必要性を感じて、決断していくこと、が大事。

そこに、後から技術が付いてくる。

実際、試合の現場では勇気が要りますからね。

仕掛けや仕組み、を作ってやるのが一番ですよ。

 

 

ストレートアタック、どんどんダブルスで入れていきましょう。

そうじゃないと、強い相手には勝てないですから。

強気に動く、その時には決断を早くしておく。

これだけで、アナタのテニスは見違えると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  2. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  3. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…

関連記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    ネットに出られると厄介な、「ボレーをつないで手堅くプレーする相手」に対抗する作戦とは?

    ベテランプレイヤーでダブルスが得意な選手、社会人の方で本当に多い。…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    草トー女子ダブルス大会の壁、「デッドゾーンの魔術師」への対抗策とは?

    学生の皆さんは、もしかしたら経験が無いかも知れない。一般の方、…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    試合前に自分のダブルスペアと、どんな会話してる?

    皆さん、実際の試合前、どうでしょう?初めて組むペア、というより…

  4. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスにおいて前衛は、「攻撃の優先権がある」ことをまず認識しましょう

    ダブルスにも、色々な作戦があります。雁行陣に並行陣、後ろで2人…

  5. ダブルス

    相手の前衛の影響範囲は、相手によってかなり違うという事実

    ダブルスの試合で、ここをしっかりと意識しておきたい。「前衛」ほ…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合で、「サーブのコースはどっちが決める?」の質問にお応えします

    強いダブルスペアは、サービスゲームが安定している。特にその打っ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 指導

    その他

    先輩やコーチからのアドバイスを、「やってみた上で断る判断をする」というのも、テニ…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    0-6で負けた試合を、「相手が悪かった」で終わらせるから、アナタのテニスは何も進…
  3. テニス メンタル

    サーブ

    サーブの調子が試合序盤に上がらない人は、「長めのフォルトから短く調整していく癖」…
  4. テニス ドロップショット

    ボレー

    「ドロップボレーが上手く打てない・・・」人に効果的なテニスボールの軌道の作り方
  5. テニス 感覚

    メンタル

    テニスの試合で負けたとき、それは対戦相手からのメッセージだと受け止めよう
PAGE TOP