シングルス

テニスのシングルスの試合で必要な「クロスラリーでしっかり間を作る」為に必要な意識とは?

今年はシングルスを頑張りたい!と思っている皆さん、全力で応援します。

シングルスの魅力は色々ありますが、一人で何でも出来て自由度が高いことって、魅力ですよね。

ただ、打てるコースや出来ることが多い分、迷ってしまって試合中に考え過ぎてラリーが続かない・・・という人も多いはず。

シングルスで強い選手は、まずはしっかり相手とラリーすることでリズムを取って試合に入っていきます。

クロスラリーをしっかり相手と展開する、この意識だけで試合に勝てるようになるかも知れません。

 

テニスのシングルスの試合で必要な「クロスラリーでしっかり間を作る」為に必要な意識とは?

 


 

■勝てない選手に共通する特徴

シングルスの試合で勝てない選手は、まず勝負するタイミングが早過ぎる。

自信が無いから、いきなりリターンからライン際を狙ったり、ラリーの中でもすぐにストレートや相手のオープンスペースに展開して、ポイントをもぎ取ろうとする。

そんなキレイでカッコイイテニスで勝てるなら、誰も苦労しません

まずはクロスラリー、つまり球が飛んでいる時間が長いラリーを繰り返しながら、相手との呼吸を測っていく。

自分もしっかり構え直して準備できるようなラリーから入って、相手の調子や特徴、実力を把握していくのが試合前半。

まずこの試合の入り方をしっかり覚えておきましょう。

 

■ベースラインでのポジションはセンター、では無い

ベースラインの真ん中に立っていては、相手にやられてしまいます

自分が打ったボール、つまりは相手が打ってくる位置に応じて、自分もポジションを対照的に変更していかないといけません。

相手が左側に寄れば、自分は右側に寄る。

しっかりクロスコートをカバーできる位置に、細かく調整していきましょう。

左右だけでなく、相手が苦しい態勢になったら浅いボールをケアする為に1歩コートの中に入っておく。

この1歩が大事なんです。

 

■クロスラリーで間を作れれば、格下相手には絶対負けない

クロスラリーでしっかり時間を作り、自分も構え直せるタイミングが作れれば、変な相手には負けません。

ストロークで押されるようであれば、その弾道を上げてしっかり粘る、時間を作ることを意識しておくこと。

相手に対して、「まずはクロスラリー、やろうよ」というメッセージを込めるつもりで、試合に入ってみて下さい。

そこでガンガンストレートに展開されても、慌てない。

ミラクルショットは続きませんし、続くなら実力差が相当で、その選手は上の大会に出るべき選手。

慌てずに、しっかりメッセージ性を込めたクロスラリーへ持ち込んで試合のペースを握れば、メンタル的にも落ち着いて試合を進められるはずです。

 

プロ選手同士の試合を観ても、試合の最初はクロスラリーが長く続くポイントが多い。

後半になるとペースが上がるケースがありますが、それでもクロスラリーを2~3往復してから、というケースがほとんどですよね。

だからこそ、この精度を上げて欲しいのです。

普段の練習から、「深く、確実に入る、軌道の高いクロスラリー」を意識してみることで、試合の結果は変わってくるはずです。

頑張りましょう!

ピックアップ記事

  1. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

関連記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    意図的に浅いボールを打ってネットダッシュ、はシングルスで超絶使える基本パターン

    オムニコートでの試合、先日のインターハイをネットで観戦していたときに、…

  2. シングルス

    シングルスの試合で攻撃していく時に必要な、バウンド地点の見極めとコースについて

    シングルスの試合で、確実に攻撃していくこと。なかなか、みなさん…

  3. シングルス

    「シングルスが好きです」テニスの試合は基本的に粘りが重要、その中で・・・

    シングルスとダブルス、どっちが好きか・・・と言われると、「う~ん・・・…

  4. テニス 予測

    シングルス

    シングルスのネットプレー、浅めのボレーで充分相手の脅威になる

    私は結構、シングルスの試合でも前に出ます。試合後には相手から、…

  5. テニス ストローク
  6. テニス メンタル

    シングルス

    「俺はこれくらいのラリー、何十球でも付き合うよ」という意志表示、出来ているか?

    試合に早い人は、ミスが早い。でもそのミスって・・・原因は何でし…

特集記事

  1. サーブ

    ほとんどの人のサーブ、力が伝わらない理由とは?
  2. ストローク

    バックハンドストロークも、攻撃的に打ちたいなら・・・?
  3. テニス メンタル

    メンタル

    隣のコートからボールが入って来たくらいで、自分のリズムは崩さない覚悟を
  4. ストローク

    実際の試合のパッシングショットは、「ネットプレイヤーへの対抗策の一つ」です
  5. テニス ストローク

    ストローク

    チャンスボールを叩く、という危険な発想
PAGE TOP