テニス メンタル

メンタル

大事な試合の前日に寝れなくなる人は、ただ「整理不足」なだけ

大事な試合前に、眠れない。

このままだとやばい・・・と思うと、余計に眠れなくて焦りが募る。

気が付けば明るく陽が差してきて、もう寝ることを諦めて・・・試合会場でグッタリ。

そんな経験、きっと皆さんも身に覚えがあるはずです。

緊張するのは、勝ちたいと思う証拠。

だからこそ、前日にどうやって安眠を手に入れるのかは、これも準備しておくべき問題でしょう。

 

大事な試合の前日に寝れなくなる人は、ただ「整理不足」なだけ

 

1.悩んで眠れないのは、整理出来ていないから

「明日は大事な試合・・・サーブが入らなかったらどうしよう」

「いや、サーブもだけど最近リターンも調子が悪いしな・・・」

「そもそも、どんな作戦でいくのか、全然イメージがつかない・・・」

こんなことを考えながら、試合前日に眠れなくなる方、多いんじゃないでしょうか。

私からすると、それだけ負けたく無い、勝ちたいという気持ちが強いということで、すごく良いこと!だと思いますよ。

あとはどう、整理するかだけです。

 

2.横になる前に、紙とペンで書き出してみる

私はどうにも緊張する、モヤモヤしたときには、とにかく書く。

いらない紙にでも何でも良いので、試合でやりたいこと、やるべきこと、自分が出来ること・・・。

とにかく不安なことでも何でも、書いて自分の外に出すようなイメージ。

横になる前に、書き出してみてください。

ポイントは、「上手く整理しよう」と思わないこと。

何の文脈も無い、ただ単語を書き出すだけ、でも良いんです。

そして出て来たワードを、つなげてみると・・・きっと整理出来てくると思いますよ。

 

3.単語と単語、をつなげてみよう!

例えば、「サーブ」という言葉と「不安」という言葉をつなげてみる。

つまり、自分のサーブが入るのが不安なんだなと、客観的に自分を俯瞰してみる。

そこに、「最近、バックハンドは安定しているかも」という自分の言葉があれば・・・それもつなげてみましょう。

私なら、こう考えます。

「サーブは不安だし、入れるので精一杯。でもバックハンドは安定してるから、相手リターンのバック狙いには耐えられるだろう」と。

甘いサーブでも、何とかなりそうだ!というイメージになりますよね。

ちょっと、無理やり感は否めないですが・・・。

不安な言葉だけに目がいきがちですが、それを上手くフォローする言葉もきっと見つかるはず。

漠然と頭の中だけで考えているよりも、言葉にして可視化する。

そうすると、つなげたくなるキーワード、言葉がきっとアナタにも見つかるはずです!

 

4.「練習してきた事実」は、必ず書き出す

自分に自信が無い、という人も、「こういう練習をしてきた」ということは書けるはず。

それをしっかり言葉で書いて、その練習を活かすような作戦、を考えてみることは有効な整理方法になるはずです。

出来るだけ、試合を練習に近い形にもっていきたい。

ボレーをたくさん練習したなら、ベースラインで打ち合うよりも前で触りたい、その為にはサーブ&ボレーも良いし、リターンダッシュも有効。

練習してきた事実は、言葉にして書き出してみると不思議と自信になってパワーを与えてくれる。

それはれっきとした事実、ですからね。

 

5.グチャグチャに書いたメモでも、試合に持って行こう!

きっと、整理したメモはそのまま、試合でアナタの良きパートナーになってくれるはず。

汗でビショビショになるともったいないですから、クリアファイルのようなものに入れて防水対策をして持って行きましょう!

チェンジコートのときに、ちょっと見直してみる。

前日整理した内容って、試合で火照った頭を冷静に冷やしてくれる。

前日眠れないときも、「まぁ、困ったらあのメモを見れば良いじゃないか」という感じで、楽になれますしね。

思った以上に、アナタを助けてくれると思いますよ。

 

寝る前に5分、机に向かうだけ。

これだけで、きっとその後の睡眠だけじゃなく次の日の本番の試合も、結果は大きく変わります。

習慣付いてくると、もうメモを書いている段階で「寝る準備」が出来ているような感覚になる。

試合前の緊張を抑えて、リラックス出来るはず。

緊張で眠れないで悩んでいる方は・・・ぜひ、試してみてくださいね。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  2. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  3. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

関連記事

  1. テニス 居場所

    メンタル

    テニスの試合で、「マナーが悪い選手に対して感情的になる」のは、トレーニングと準備で改善できる

    これは最近私も経験しましたので、改めて。テニスの試合では、残念…

  2. メンタル

    まだまだアナタ自身、試合では「出し惜しみをしている自分」に気付けていない

    全力を出し切って試合を終える。簡単なようで、なんと難しいことで…

  3. テニス サーブ

    メンタル

    「テニスコートは楽しい場所?」現役選手なら、その考えは甘いかも知れません

    試合での厳しさ、を知っている選手なら分かる。いや、試合に出てい…

  4. テニス 構え

    メンタル

    「本当にメンタルが強いテニス選手はフィジカルも強い」から、試合で相手を凌駕出来る

    今回も、「言われてみれば当たり前」なことを書いてみたいと思います。…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    独創的で自分勝手でも、「テニス選手としてなら生きていける」は大きな勘違い

    「将来プロ選手になりたいんです」「プロコーチとして、海外で活躍…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    「日記ってスゴイ」テニスの試合で強くなるには、自分を見つめ直し続けること

    家を離れた時に、日記を付けるようにしている。と言っても、こうい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 練習

    ボレー

    テニス部としての練習で、「強引なネットプレーの練習」は必要!特に女子テニス部に
  2. テニス サーブ

    リターン

    ファーストサーブがボディに来る時は、先にフォアかバックか決めておこう
  3. テニス ダブルス

    練習メニュー

    テニス選手として、「試合での敗戦を、活かせる人と活かせない人」の違い5つ
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで前衛に捕まった後は、ほとんどの選手が後衛側に逃げていく
  5. テニス ストローク

    ストローク

    「フワーっとした緩くて深いボール」は、結局どう処理すれば良いの?
PAGE TOP