日々の雑記

自分で何をやっても良い時間

目次

みなさんは、一人暮らしの経験はありますか?

私は大学2年から卒業して5年くらい、一人暮らし経験があります

当時を思い出すと、言ってしまえば「何をやっても良い」という感覚がありました

まぁ一人暮らしですから、誰に何を迷惑かけるとかも少ないですしね

あと、私自身が自炊が好きだったのも大きかったと思います

両親が共働きで家にいなかったので、必然的に自分や兄妹のご飯を作る

今思い出しても非常に少ないレパートリーでしたが、その経験ってすごくテニスにも生きているような気がするんです

何をやっても良い時間

私にとって、一人暮らしで自炊をするのって「何をやっても良い時間」でした

だって、自分一人で食べる訳ですから

多少は予算のことを考えて、栄養バランスも考慮しますが、まぁ食べたいものを作りますよね

それも、簡単に時間をかけないで…横着の極みのような感じで

自分で決めて、自分で消化する

何をやっても良い、不格好になっても不味くても、自分で責任を取る

私は、こういう時間や経験の積み重ねってすごく大事だと思うんです

テニスのように、創造性のある競技って「自分で失敗を繰り返す」経験が絶対に必要です

失敗が怖い、周りの目が怖い

色々な方を見ていて、本当に感じます

「失敗が怖い、周りの目が怖いんだな…」と

例えば前衛のポーチにしても、失敗するのが怖い、それを見る周りの目が怖い

当然ですよね、テニスはたくさんの人と一緒にする競技ですから

スクールやクラブでは周りの目があり、コーチから何を言われるかも分からない

知らず知らずのうちに、自分でプレーを制限している方が多いように感じます

「無難な選択」で落ち着いてしまうから、新しいチャレンジができない

本来創造性豊かで、ワンバウンドでもノーバウンドでも良いルールに幅のある競技なはずなのに、何をやっても良いという感覚が持てない

「これをしないといけない、これはやってはいけない」という頭になりがちじゃないでしょうか

自分にコミットして、好き勝手やろう

テニスの試合に勝ちたいなら、自分を今より上のステージに引き上げたいなら

自分にコミットして、やりたいことをやりましょう

YouTube動画を見て「これだ!」と思ったら、現場で徹底的にやる

そこでの体験でしか、みなさんの上達の源泉って生まれないんです

以前にも書きましたが、「テニスは教わって上手くなる」競技ではありません

自分で気づき、研究し、体験を積んでいくことでしか上達はない

私たちはそのヒントを提供し、その現場を提供するのが基本です

一人暮らしをするように、テニスコートに立ってみてください

何を料理しても良い、それを自分でまず食べてみる

美味しいと感じることもあれば、不味いと感じることもある

でもその両方に大きく振れることが、上達には大切な要素になります

さぁ、今夜は何を食べようか

お昼のお弁当は、何を作ろうか、それも適当に

T-PRESSはそんな一人暮らしのみなさんを、しっかり支えていきます

ピックアップ記事

  1. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  2. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  3. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  4. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. 日々の雑記

    今、本気で考えていること

    今、私自身が本気で考えていることそれは、視聴者のみなさんの上…

  2. テニス メンタル

    日々の雑記

    情報が手に入る時代だからこそ、今はテニスが難しいのかも

    気が付けば、もうあっという間に2月・・・。大雪に見舞われて大変…

  3. 日々の雑記

    初心を持ち続ける、これこそ才能

    きっと、この読者のみなさんがそうだと思います。テニスを続ける…

  4. 日々の雑記

    全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①

    いつもT-PRESSをご覧頂き、ありがとう御座います!今回、…

  5. テニス 練習

    日々の雑記

    テニス草トー大会の闇、順位調整

    今回は、少し重たい話題になります。あえて書かないと、と思って…

  6. テニス 部活

    日々の雑記

    自分探しの旅、テーマはテニスで

    最近、考えていることがあります。旅に出たい、と。旅と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスでやたらと自分の負け試合を美談にする人」は、そのまま生涯3回戦止まりで終…
  2. メンタル

    自分のモチベーション、相手次第?
  3. テニス ストローク

    ボレー

    相手のハイボレー、の後が狙い目!
  4. サーブ

    スネをラケットで打ったなら、それは「変えろ」のサイン
  5. テニス ボレー

    ロブ

    「入るロブと、アウトするロブ」の見極め方5つ
PAGE TOP