練習メニュー

「これを試合で打てるのか?」の疑問は、アナタにしか持てない

普段の練習で、意識したいこと。

私たちはつい、「練習の為の、練習」をしてしまいがち。

マンネリ化していると気付いたときは、もう遅いんですよね。

時間は有限、特に社会人やベテラン、シニアのみなさんはそうでしょう。

だからこそ、練習中に何回でも、自分と会話し続けないといけないのです。

 

「これを試合で打てるのか?」の疑問は、アナタにしか持てない

 

1.練習中にこそ、自分と会話を

これをしっかり出来る人、は練習からの上達も早い。

正直、私もコーチ経験がありますが、「本人がどんな感覚で打っているのか」までは分からない。

いつも通り、なのか、「たまたま上手くいった!」なのか。

でも、間違いなく言えるのは、試合では練習通りにいかない、ということ。

練習という環境の中で出来ることは、試合で出来ないと思った方が良い。

プレッシャーの中で、「本当に今のプレー、出来る?」と自分に聞いてみないと。

上達なんて、夢のまた夢です。

 

2.聞かれた自分は、徹底的に「現実主義者」でありたい

「今のショット、試合で打てるの?」と聞かれた自分は、どう答えるのか。

ここでは、徹底的に現実主義者になって欲しいんです。

「入る訳ないじゃないか、いつもそのショットで崩れていくのに」と、実際の現場感で応えてあげる。

なぜ、入らないのか、も明確にしたいですよね。

プレッシャーの中で細かい動作、はリスクを伴うのか、またはそもそも、次の対戦相手からはチャンスを引き出せるのか。

こういうことを考えながら、練習出来るかどうかはアナタ次第、ですね。

 

3.「試合で打てる」かどうかは、使わないと分からない

でも、余りに自信を無くして、試合で何も出来ない人もいます。

それは本当に、もったいない。

確かに試合は緊張しますが、私たちの試合はほとんどが「練習試合」みたいなもの。

もちろん、公式の試合や大事な出場権がかかった試合もあるでしょう。

でもその前段階の試合では、どんどん使ってみて「本当に使えるのか?」も確認しておきたい。

そうすると、練習との連動性が出るんですよね。

「あ、これくらいなのか、試合では」というのが分かる。

分かればまた、練習に活かせる。

テニスではこの繰り返し、ですから。

 

4.「試合で出来ること」を増やすのが練習

もちろん、技術に差はあるでしょう。

色々なショットを、試合では使いますから。

でも、ちょっとずつで良いので、「試合で出来ること」を増やしていく。

スライスを短く、長く、というようなショットは、練習しないと絶対に身に付きませんから。

自分の中で、具体的に出来る項目を増やして、テニスノートに書いていく。

それだけで、私は自信になると思いますよ。

テニスの上達なんて、思い込みの工夫次第なところもあります。

こういう工夫、が大事でしょう。

 

試合で出来ること、具体的に何個あるでしょう?

そのほとんどを、使わないで終わる方が多いのはもったいない。

相手からすると、仕掛けて来るショットの種類が多いだけで、かなりのプレッシャーになりますから。

ぜひ、練習から考えてみて下さい。

「これは試合で、打てるのか?打てないなら、どうすれば良い?」と。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  2. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  4. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  5. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選

関連記事

  1. テニス ハードコート
  2. テニス フットワーク

    練習メニュー

    ダブルスの並行陣に対抗する、「サーブ&ボレー対策」を練習するロブボレーメニュー

    ダブルスの試合、並行陣が上手い相手は本当に厄介。まず、止めるべ…

  3. テニス 雨

    練習メニュー

    「あと1本」を絞り出せる選手が、テニスコートでは勝者になっていく

    皆さんは普段の練習、どういう「決まり」で進行してますか?時間?…

  4. テニス 気付き

    練習メニュー

    良い練習をしていても、すぐに結果が出るとは限らないのがテニスというスポーツ

    なかなか、練習の成果が出ない。結果につながらない・・・と、悩ん…

  5. 練習メニュー

    「部活の練習の雰囲気を変える!」勝てるチームが実践している、競争原理に基づく工夫とは?

    高校や大学の体育会、サークルでも本気で試合に勝ちたいとテニスに取り組む…

  6. テニス 気付き

    練習メニュー

    練習中のボールの拾い方一つでも、「ラケットワークの練習になる」ことを忘れない

    テニスの練習は、コート上に入れる人数が限られている。テニススク…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス ストローク

    その他

    テニスの試合で「トップスピンのストロークをスライスで粘りたい」ときに、必要なボー…
  2. テニス ガスケ

    その他

    アナタが「プロテニス選手になりたい」、のであればテニス以外にもこんな特技があると…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスにおいては、「プレッシャーの中でのボールコントロールこそ、実力」という意識…
  4. テニス ロブ

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「前衛がサインを出すペア」って、何を確認してるんだろう?
  5. テニス 準備

    サーブ

    回転系のサーブが効果的な相手って、どんな相手?
PAGE TOP