テニス コントロール

練習メニュー

反復練習にも、落とし穴があることを忘れずに

テニスの練習、って基本地味、です。

反復練習、の繰り返しでしっかり強くなる、のが基本ですからね。

ただ、プロ選手も非常に地味な繰り返しのこの練習ですが、意識を強く持たないと練習なのに実力が低下してしまう、ということも私はあるように思います。

落とし穴、を意識しないと、試合で強くはなれないですよ。

 

反復練習にも、落とし穴があることを忘れずに

 


 

1.慣れてしまっては、それはエクササイズ

球出し練習、でもそうだと思います。

毎回同じことの繰り返し、で慣れてしまっては、それはただ身体を動かしているだけ。

言い方は悪いですが、ダンスしているだけ、軽いジョギングをしているだけでしょう。

実際のテニスの練習、になっているのかと言えばすごく疑問です。

まして、私たちは試合に出て強い相手と戦う準備をしないといけない。

反復練習、に慣れてしまうことは、試合で弱くなってしまうのと一緒なんです。

 

2.いつの間にか、「あの球出し」を待ってしまう

身体が覚えている、つい反応してしまう。

それって、いつも繰り返している「あのボール」を待っているからじゃないですか?

相手のボールを見て、「いつも通り、打ちやすいところに来るんだろうな」と、どこかで思ってしまう。

いざ、試合になると浅いボールやスライス回転、イレギュラーバウンドだって日常茶飯事。

でも、反復練習を意図なく、意志なくやっていると、頭がなまってしまうんですよね。

身体の反応も、いつも通りになってしまう。

これでは、試合に勝てなくて当然ですよね。

 

3.球出し練習にも、新鮮味を持たせないとダメ

例えば、球出しの人が変わる。

ちょっとした癖、がある方が試合向き、だと思いませんか?

また、あえて浅い、深いをランダムに出したり、イレギュラーバウンドが多い場所を選んでバウンドさせてみる。

嫌でも、早いテイクバックと足を決める準備、が出来るはず。

何より、こういう基本的な反復練習は、「どこにでも打てる態勢」を相手に見せないと試合では使えない。

アナタ自身が攻撃していく場面、ですからね。

新鮮味を付け加える、のにはちょっとした工夫で充分。

反復練習なんだけど、油断出来ない、集中力を高めるような工夫が大事なんです。

 

4.打ち方も大事だけど、打点に入る早さが何より大事

実際に、反復練習で意識して欲しいのはココ。

打ち方、じゃないんですよ。

その良い打ち方を活かせる場所に入る、ポジショニングの動きこそ反復練習が大事。

これって、なかなか普段の練習で意識出来ないと思いませんか?

まぁ、打ちやすい場所に出して、打ち返す練習がほとんどじゃないですか。

でも、試合で強い人の練習を見てみて下さいよ。

簡単そうなボールでも、必死の形相で素早く打点に入る。

どこにでも打てる態勢を相手に見せつける。

だから相手は動けないんです。

試合向きな練習、反復練習を見直せば、きっとまだまだアナタ自身の練習の質は上がりますよ。

 

単純な練習に、新鮮味を加えていく。

これが出来ない人は、いつまで経っても練習が逆に試合で足を引っ張るでしょう。

試合の方が楽、くらいにしておかないと。

私たちの練習って、もっともっと工夫出来るはず。

ぜひ、意識して取り組んでみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  3. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  4. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  5. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

関連記事

  1. テニス ダブルス

    練習メニュー

    初打ちテニス後は、練習メニューと自分自身の整理を

    一年の計は、初打ちに有り。私自身、まだ今年はコートに立てていな…

  2. テニス 上達

    練習メニュー

    歯を磨くように、毎日5分トレーニングしよう

    テニスを強くなるために、トレーニングを頑張りたい。そう思っても…

  3. テニス 守備

    練習メニュー

    部活の練習で、「しっかりつなぎながら、決めることも出来る」テニスを養う練習方法とは?

    部活やサークルでの練習で、出来るだけ「試合に近い環境」で練習したいと思…

  4. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニスでは、「新しい技術にトライして、すぐに身に付かなくても良い」と、私は思います

    そもそも、テニスは求められる技術が多い。スポーツは全てそうだと…

  5. テニス メンタル

    練習メニュー

    厳しくて続かないトレーニングは、身体も心も消耗するだけ

    「今年の冬は、毎日10km走り込んでいくぞ!」と思って、頑張ろうと思っ…

  6. テニス ボレー

    練習メニュー

    アナタを飛躍的に強くしてくれるヒントは、意外と身近な人が隠し持っている

    きっと、アナタ自身を近くで見ている人は、こう思っているはず。「…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. シングルス

    コートの真ん中に立つ、という概念を捨てよう
  2. サーブ

    今、急成長中の日本男子選手、「西岡良仁選手の強さ」をサーブの観点から考えてみる
  3. テニス サーブ

    サーブ

    試合中にサーブの修正力を身に付けたければ、「深さと横のズレ、どちらかを正す」とい…
  4. テニス チャンス

    スマッシュ

    陽射しが強い日の外での試合は、「早めに太陽に目を慣らしておく」だけで全然違う
  5. テニス ストローク

    リターン

    リターンのポジションは、あと1メートル前で試合向きに!
PAGE TOP