テニス コントロール

練習メニュー

反復練習にも、落とし穴があることを忘れずに

テニスの練習、って基本地味、です。

反復練習、の繰り返しでしっかり強くなる、のが基本ですからね。

ただ、プロ選手も非常に地味な繰り返しのこの練習ですが、意識を強く持たないと練習なのに実力が低下してしまう、ということも私はあるように思います。

落とし穴、を意識しないと、試合で強くはなれないですよ。

 

反復練習にも、落とし穴があることを忘れずに

 


 

1.慣れてしまっては、それはエクササイズ

球出し練習、でもそうだと思います。

毎回同じことの繰り返し、で慣れてしまっては、それはただ身体を動かしているだけ。

言い方は悪いですが、ダンスしているだけ、軽いジョギングをしているだけでしょう。

実際のテニスの練習、になっているのかと言えばすごく疑問です。

まして、私たちは試合に出て強い相手と戦う準備をしないといけない。

反復練習、に慣れてしまうことは、試合で弱くなってしまうのと一緒なんです。

 

2.いつの間にか、「あの球出し」を待ってしまう

身体が覚えている、つい反応してしまう。

それって、いつも繰り返している「あのボール」を待っているからじゃないですか?

相手のボールを見て、「いつも通り、打ちやすいところに来るんだろうな」と、どこかで思ってしまう。

いざ、試合になると浅いボールやスライス回転、イレギュラーバウンドだって日常茶飯事。

でも、反復練習を意図なく、意志なくやっていると、頭がなまってしまうんですよね。

身体の反応も、いつも通りになってしまう。

これでは、試合に勝てなくて当然ですよね。

 

3.球出し練習にも、新鮮味を持たせないとダメ

例えば、球出しの人が変わる。

ちょっとした癖、がある方が試合向き、だと思いませんか?

また、あえて浅い、深いをランダムに出したり、イレギュラーバウンドが多い場所を選んでバウンドさせてみる。

嫌でも、早いテイクバックと足を決める準備、が出来るはず。

何より、こういう基本的な反復練習は、「どこにでも打てる態勢」を相手に見せないと試合では使えない。

アナタ自身が攻撃していく場面、ですからね。

新鮮味を付け加える、のにはちょっとした工夫で充分。

反復練習なんだけど、油断出来ない、集中力を高めるような工夫が大事なんです。

 

4.打ち方も大事だけど、打点に入る早さが何より大事

実際に、反復練習で意識して欲しいのはココ。

打ち方、じゃないんですよ。

その良い打ち方を活かせる場所に入る、ポジショニングの動きこそ反復練習が大事。

これって、なかなか普段の練習で意識出来ないと思いませんか?

まぁ、打ちやすい場所に出して、打ち返す練習がほとんどじゃないですか。

でも、試合で強い人の練習を見てみて下さいよ。

簡単そうなボールでも、必死の形相で素早く打点に入る。

どこにでも打てる態勢を相手に見せつける。

だから相手は動けないんです。

試合向きな練習、反復練習を見直せば、きっとまだまだアナタ自身の練習の質は上がりますよ。

 

単純な練習に、新鮮味を加えていく。

これが出来ない人は、いつまで経っても練習が逆に試合で足を引っ張るでしょう。

試合の方が楽、くらいにしておかないと。

私たちの練習って、もっともっと工夫出来るはず。

ぜひ、意識して取り組んでみて下さい。

ピックアップ記事

  1. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  2. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  3. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  4. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  5. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問

関連記事

  1. テニス 観察眼

    練習メニュー

    テニスを「練習した気」にしてしまう6つのマンネリ化要素

    テニスの練習、しっかり試合につながる内容で出来ているのか。この…

  2. テニス スポーツ
  3. テニス ボレー

    練習メニュー

    アナタを飛躍的に強くしてくれるヒントは、意外と身近な人が隠し持っている

    きっと、アナタ自身を近くで見ている人は、こう思っているはず。「…

  4. テニス メンタル

    練習メニュー

    厳しい練習とは、「通常の試合より相手が優位な状態」からスタートする練習

    練習は、厳しく。でも、実際にどういう目的、感覚で練習すれば試合…

  5. テニス ストローク

    練習メニュー

    ダブルスの試合で使える「トップスピンロブ」を身に付けたいなら、この練習!

    以前にもご紹介したかも知れませんが、ダブルスの試合で重宝される「トップ…

  6. テニス 雨

    練習メニュー

    「あと1本」を絞り出せる選手が、テニスコートでは勝者になっていく

    皆さんは普段の練習、どういう「決まり」で進行してますか?時間?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 準備

    ストローク

    高く弾むチャンスのようなボール、はどの高さでストロークするのが良い?
  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュのフットワークが遅い人のほとんどは、「身体が正面向きで足が運べない」か…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスにおいて、速い球と重い球って全くの別物
  4. テニス サーブ

    サーブ

    人は不安になると、早くボールを手放したくなる
  5. テニス サーブ

    練習メニュー

    ウォーミングアップと練習開始の境目、明確になってる?
PAGE TOP