テニス ストローク

練習メニュー

来る場所も打つ場所も決まっている球出し練習なんて、試合で使えると思う?

「球出し練習は、どうやれば良いですか?」というご質問を、よく頂きます。

私も経験がありますが、球出し練習って気を付けないと試合とのギャップが生まれやすい。

練習で出来ているから、試合でも出来るだろうと思うと・・・全然出来ない。

そりゃ、そうですよね。

 

来る場所も打つ場所も決まっている球出し練習なんて、試合で使えると思う?

 


 

■フォームの確認には使えるけど・・・

球出し練習は、ボールが飛んで来る場所も決まっている。

そして打つコースも、余裕を持って決めることが出来ますよね。

自分の中で、自分のフォームを固める練習にはなるけど、実際の試合とは「かけ離れたシチュエーション」であるということは覚えておきましょう。

でないと、球出しのボールを打っている自分が、「いつもの自分」と勘違いしてます。

 

■来る場所も打つ場所も決まっている、と人は「思考停止」に陥いる

テニススクールでもよく観るのが、こういう人たち。

単純な球出し練習で、何も考えることが出来ない、思考停止に陥っている人たち。

まぁ、そもそも試合に勝ちたいとか考えていない人が、こうなりやすいんですが・・・やっぱり危険。

気持ちよく打つだけなら、テニスではなくてエクササイズ。

試合に勝ちたいと思っている皆さんは、一球ずつ、必ず自分で考えてしっかり結論を出していく必要があります。

 

■球出し練習は、こうやって実戦的に変えていこう!

球出し練習も、工夫次第で実戦的な練習になる。

まず、「どこに来るのか」をランダムにして、打つコースも「ギリギリまで隠せる」ように意識する。

コースを隠すことに関しては、ボールに色付けをしてコースを打ち分けたり、後ろにいる人が「クロス!ストレート!」と声かけして打ち分ける、などの負荷のかけ方があります。

試合では、球出しで打っているネットの向こう側には対戦相手がいる。

このことだけは、常に意識してみて下さい。

 

球出し練習自体は、非常に大事な練習方法。

ただし、無意識で単純な練習になってしまうと・・・思考が停止したり構えが遅くなる、実はマイナスな要因も多く働いてしまう。

この危機感だけは、忘れないで下さい。

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  2. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  3. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  4. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった

関連記事

  1. テニス メンタル
  2. テニス フットワーク

    練習メニュー

    「ネットプレイヤーに対して、ロブボレーを仕掛けていく」ために必要な感覚を養う練習メニュー

    今回は、久々に練習メニューの紹介を。意外と試合で使えると有効な…

  3. テニス ダブルス

    練習メニュー

    前衛がラケットで触れば勝ち、のゲーム形式をやってみよう!

    「なかなか前衛が活躍出来ない、攻撃の形が無い」と悩んでいるチー…

  4. テニス メンタル

    練習メニュー

    「自分はテニスを練習している」と、人に言えますか?

    学生時代は、毎日のように練習するのは当たり前。でも、社会人や大…

  5. テニス ストローク

    練習メニュー

    素振りの中にボールが入って来る、のが試合でも理想ですよね

    良いショット、良いスウィングが出来たとき。それってきっと、まさに「…

  6. 練習メニュー

    練習が締まるかどうか、を人任せにしてはいけない

    良い練習が出来るときと、あまり出来ないとき。この差って、みなさ…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    両手バックハンドストロークでスピードを出したいなら、「右利きなら左腕をしっかり伸…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブに苦手意識がある人こそ、しっかり狙う癖を付けよう
  3. テニス ストローク

    ストローク

    バックハンドとフォアハンド、打点との距離は違うの?
  4. サーブ

    テニスにおいて「ボールを曲げる」ことについて、基本的な構造を確認しておくと強くな…
  5. テニス ボレー

    ボレー

    タッチ感覚は、「ボールのどこをラケットで触るのか」の方が大事
PAGE TOP