テニス 準備

練習メニュー

球出し練習で上手くなる人は、そもそも発想からして違う

単純な球出し練習。

これって、「意味あるの・・・?」と思いながらやっている方、多くないですか?

テニススクールでも、経験した方多いと思います。

練習が身になるかどうか、周りと差を付けられるかどうか、はアナタ次第。

上手くなる人は、そもそも発想からして違うんですよね。

 

球出し練習で上手くなる人は、そもそも発想からして違う

 


 

1.例えば、「全部クロスに打ちましょう」と言われたら・・・?

みなさん、どうでしょうか?

クロスに打ちましょう、と言われて球出し練習が始まる。

何も考えないで、ただクロスに打つだけだと・・・私は、もったいないと思いますよ。

実戦的、試合向きでは無い。

クロスに打ちましょう、と言われても、「両方に打てる構え」で入れるかどうか。

これがアナタ自身、意識出来るかです。

ストレートにも打てる、ショートクロスにも打てる、という態勢で入れるかどうか。

ここまで、コーチはアドバイスしてくれませんから。

やるかどうか、はアナタ次第です。

 

2.出来て当たり前、の練習を変えていこう

恐らく、アナタ自身の技術なら、問題無く打てるはず。

クロスに打つ、と自分で決めて待って動いて、打つのなんて簡単なはず。

もっと言えば、それは練習とは言えないでしょう。

打つ前から身体が開いているかも知れないし、コースを隠すという感覚も養いにくい。

実際の試合では、クロスに打とうと決めるのはギリギリだったりするじゃないですか。

球出し練習で、ここまで意識出来るかどうか。

出来ていれば、きっと練習の成果が試合に直結するはずです。

 

3.肩を入れてコースを隠す、準備を早く

まず、これを意識しましょう。

テイクバックを早く、肩を入れてコースを隠す。

これはボレーでもストロークでも、同じです。

自分で先回りして、どちらでも打てるような形で入る、ことを癖付けていく。

「クロスに打ちましょう」と言われたら、「クロスにも打てるように入ろう」と意識してみる。

簡単な球出し練習でも、早く動いて準備しないと難しい。

自分で自問自答、出来るかどうかが肝なんです。

 

4.練習のハードルは、自分でいくらでも上げられる

「今の環境、自分には満足出来ない・・・成長出来ない」と思っている方、に一言。

自分でいくらでも、練習の難易度は変えていける。

ただ、それは周りから言われることは無いでしょう。

自分の中で、コースを隠していくというような課題、を加えていかないと。

テニススクールの練習だって、人数も多いし打てる球数も限られているじゃないですか。

だからこそ、自分でコントロールのハードルを上げていく。

そうすれば、どんな練習でも試合につながる、自分をステップアップさせていけるはず。

繰り返しますが、こういうことは誰も教えてくれない。

自分でやるしかないんです。

 

意外と、「今のは打てるコース、限られていたな・・・」と気付くはずです。

単純な球出し練習でも、危機感を持つ。

試合では、簡単なボールを打ち分けていく、そのコントロールが求められますからね。

そのために、しっかりした態勢で入れるかどうか、が大事。

単純な練習ほど、奥が深いのがテニスですね。

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  3. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  5. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム

関連記事

  1. テニス フットワーク

    練習メニュー

    ダブルスの並行陣に対抗する、「サーブ&ボレー対策」を練習するロブボレーメニュー

    ダブルスの試合、並行陣が上手い相手は本当に厄介。まず、止めるべ…

  2. テニス 読書

    練習メニュー

    テニスノートは、とにかく鮮度が命

    テニス選手として、しっかり意識したい部分。「当たり前」だと思っ…

  3. テニス 部活

    練習メニュー

    テニスの技術で壁を感じる人は、「向いていない」と決めつけるのが早過ぎる

    テニスは難しい。ラケットを使ってボールを打つ、やっていない人か…

  4. テニス メンタル

    練習メニュー

    「練習中、新しい事にトライしてる?」練習環境を見直すとテニスはもっと強くなる!

    都内の中学校へボランティア部活レッスンで行ってきた。一日、子供…

  5. テニス 練習

    練習メニュー

    部活やサークルでのテニスの練習で意識したい、基本の「き」5つ

    夏休みや長期のお休みの期間は、チームでしっかり練習するチャンス!…

  6. テニス ダブルス

    練習メニュー

    男子テニス部の皆さん、「女子と練習しても、上手くならない・・・?」

    最近、男子高校生の方からこんな質問を頂きました。「うちのテニス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    フットワーク

    遠くのボールを追う時に、小さい声を出した方が少しだけ腕は伸びる
  2. テニス ボレー

    シングルス

    自由度が高いシングルスの試合、実は出来ることってすごく少ないかも知れない
  3. 練習メニュー

    出来ない頃は、楽しかったよね
  4. テニス ストローク

    メンタル

    試合の後には反省だけでなく、「ポイントが獲れたパターン」も客観的に確認して次につ…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    誰かのアドバイスを耳で聞くのか、心で聴くのかでは、天と地ほどの差
PAGE TOP