テニス 準備

練習メニュー

球出し練習で上手くなる人は、そもそも発想からして違う

単純な球出し練習。

これって、「意味あるの・・・?」と思いながらやっている方、多くないですか?

テニススクールでも、経験した方多いと思います。

練習が身になるかどうか、周りと差を付けられるかどうか、はアナタ次第。

上手くなる人は、そもそも発想からして違うんですよね。

 

球出し練習で上手くなる人は、そもそも発想からして違う

 


 

1.例えば、「全部クロスに打ちましょう」と言われたら・・・?

みなさん、どうでしょうか?

クロスに打ちましょう、と言われて球出し練習が始まる。

何も考えないで、ただクロスに打つだけだと・・・私は、もったいないと思いますよ。

実戦的、試合向きでは無い。

クロスに打ちましょう、と言われても、「両方に打てる構え」で入れるかどうか。

これがアナタ自身、意識出来るかです。

ストレートにも打てる、ショートクロスにも打てる、という態勢で入れるかどうか。

ここまで、コーチはアドバイスしてくれませんから。

やるかどうか、はアナタ次第です。

 

2.出来て当たり前、の練習を変えていこう

恐らく、アナタ自身の技術なら、問題無く打てるはず。

クロスに打つ、と自分で決めて待って動いて、打つのなんて簡単なはず。

もっと言えば、それは練習とは言えないでしょう。

打つ前から身体が開いているかも知れないし、コースを隠すという感覚も養いにくい。

実際の試合では、クロスに打とうと決めるのはギリギリだったりするじゃないですか。

球出し練習で、ここまで意識出来るかどうか。

出来ていれば、きっと練習の成果が試合に直結するはずです。

 

3.肩を入れてコースを隠す、準備を早く

まず、これを意識しましょう。

テイクバックを早く、肩を入れてコースを隠す。

これはボレーでもストロークでも、同じです。

自分で先回りして、どちらでも打てるような形で入る、ことを癖付けていく。

「クロスに打ちましょう」と言われたら、「クロスにも打てるように入ろう」と意識してみる。

簡単な球出し練習でも、早く動いて準備しないと難しい。

自分で自問自答、出来るかどうかが肝なんです。

 

4.練習のハードルは、自分でいくらでも上げられる

「今の環境、自分には満足出来ない・・・成長出来ない」と思っている方、に一言。

自分でいくらでも、練習の難易度は変えていける。

ただ、それは周りから言われることは無いでしょう。

自分の中で、コースを隠していくというような課題、を加えていかないと。

テニススクールの練習だって、人数も多いし打てる球数も限られているじゃないですか。

だからこそ、自分でコントロールのハードルを上げていく。

そうすれば、どんな練習でも試合につながる、自分をステップアップさせていけるはず。

繰り返しますが、こういうことは誰も教えてくれない。

自分でやるしかないんです。

 

意外と、「今のは打てるコース、限られていたな・・・」と気付くはずです。

単純な球出し練習でも、危機感を持つ。

試合では、簡単なボールを打ち分けていく、そのコントロールが求められますからね。

そのために、しっかりした態勢で入れるかどうか、が大事。

単純な練習ほど、奥が深いのがテニスですね。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  2. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  5. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!

関連記事

  1. 練習メニュー

    テニスにおける技術は、身に付けるという意識より「どんどん丸呑みしていく」くらいの貪欲な姿勢が大事

    高いお金を払ってテニススクール、プライベートレッスンをやってもなかなか…

  2. テニス ダブルス

    練習メニュー

    「ネットプレーのレベルを一段上げる」テニスに必要な肩を入れたボレーの練習メニュー

    ストローク以上に、打つコースを隠すことが重要なのがボレー。シン…

  3. テニス テニススクール

    練習メニュー

    テニス部のキャプテンが「試合を想定して練習しよう!」と言っても、想定する試合は人それぞれという事実

    「試合を想定して、みんな練習しよう!」という声、たくさんのテニスコート…

  4. 練習メニュー

    サーブ側の前衛、の予測力を高める簡単な練習法

    サーブ側の前衛が、いかに動けるか。これがダブルスの試合では、大…

  5. テニス 練習

    練習メニュー

    ラリーの球出し改革、全てが良い方向に

    テニスの練習、みなさんだとラリー練習が基本だと思います。どち…

  6. 練習メニュー

    練習や試合で、ラスト10分のパフォーマンスを上げよう

    これ、みなさんぜひ意識してみて下さい。疲れたとき、苦しいとき…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ガスケ

    リターン

    ボールをよく見る、とは、「ボールに書いてある文字を読む」くらいのつもりで
  2. テニス ストローク

    ストローク

    「いつもは入っていたストロークが入らない!」のであれば、まずガットの状態からチェ…
  3. その他

    テニスの練習が嫌いな人、試合が嫌いな人
  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスで力を入れるのは、ラケットを振るためじゃない
  5. テニス メンタル

    ダブルス

    相手の集中狙いに屈しない守備力、がダブルスには必要
PAGE TOP