テニス 準備

練習メニュー

球出し練習で上手くなる人は、そもそも発想からして違う

単純な球出し練習。

これって、「意味あるの・・・?」と思いながらやっている方、多くないですか?

テニススクールでも、経験した方多いと思います。

練習が身になるかどうか、周りと差を付けられるかどうか、はアナタ次第。

上手くなる人は、そもそも発想からして違うんですよね。

 

球出し練習で上手くなる人は、そもそも発想からして違う

 


 

1.例えば、「全部クロスに打ちましょう」と言われたら・・・?

みなさん、どうでしょうか?

クロスに打ちましょう、と言われて球出し練習が始まる。

何も考えないで、ただクロスに打つだけだと・・・私は、もったいないと思いますよ。

実戦的、試合向きでは無い。

クロスに打ちましょう、と言われても、「両方に打てる構え」で入れるかどうか。

これがアナタ自身、意識出来るかです。

ストレートにも打てる、ショートクロスにも打てる、という態勢で入れるかどうか。

ここまで、コーチはアドバイスしてくれませんから。

やるかどうか、はアナタ次第です。

 

2.出来て当たり前、の練習を変えていこう

恐らく、アナタ自身の技術なら、問題無く打てるはず。

クロスに打つ、と自分で決めて待って動いて、打つのなんて簡単なはず。

もっと言えば、それは練習とは言えないでしょう。

打つ前から身体が開いているかも知れないし、コースを隠すという感覚も養いにくい。

実際の試合では、クロスに打とうと決めるのはギリギリだったりするじゃないですか。

球出し練習で、ここまで意識出来るかどうか。

出来ていれば、きっと練習の成果が試合に直結するはずです。

 

3.肩を入れてコースを隠す、準備を早く

まず、これを意識しましょう。

テイクバックを早く、肩を入れてコースを隠す。

これはボレーでもストロークでも、同じです。

自分で先回りして、どちらでも打てるような形で入る、ことを癖付けていく。

「クロスに打ちましょう」と言われたら、「クロスにも打てるように入ろう」と意識してみる。

簡単な球出し練習でも、早く動いて準備しないと難しい。

自分で自問自答、出来るかどうかが肝なんです。

 

4.練習のハードルは、自分でいくらでも上げられる

「今の環境、自分には満足出来ない・・・成長出来ない」と思っている方、に一言。

自分でいくらでも、練習の難易度は変えていける。

ただ、それは周りから言われることは無いでしょう。

自分の中で、コースを隠していくというような課題、を加えていかないと。

テニススクールの練習だって、人数も多いし打てる球数も限られているじゃないですか。

だからこそ、自分でコントロールのハードルを上げていく。

そうすれば、どんな練習でも試合につながる、自分をステップアップさせていけるはず。

繰り返しますが、こういうことは誰も教えてくれない。

自分でやるしかないんです。

 

意外と、「今のは打てるコース、限られていたな・・・」と気付くはずです。

単純な球出し練習でも、危機感を持つ。

試合では、簡単なボールを打ち分けていく、そのコントロールが求められますからね。

そのために、しっかりした態勢で入れるかどうか、が大事。

単純な練習ほど、奥が深いのがテニスですね。

ピックアップ記事

  1. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  2. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  3. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. テニス メンタル

    練習メニュー

    アドバイスで変われる人、変われない人の違い

    コーチや周りの人から、アドバイスをもらう機会。きっと、みなさん…

  2. テニス 練習

    練習メニュー

    「テニスの個人練習って、どうやれば良いの?」と困っている方に

    テニスは個人スポーツ、でもなかなか個人での練習は難しい。近くに…

  3. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニス部新入生の指導法は、「教えないで見守る」ことが基本

    そろそろ、新入生も固まってきて、部活にも活気が出て来るころ。親…

  4. テニス 指導

    練習メニュー

    テニスの実戦力を養う為の、練習メニュー5選

    試合に出て勝ちたい、でもどんな練習をすれば良いのか分からない・・・。…

  5. テニス 夜

    練習メニュー

    「闇錬だけで、テニスを上達させて優勝しよう」と思っている人は、ちょっと考え方を改めないと

    よく、「闇練好き」という言葉を聞きます。テニスに限らずですが、…

  6. テニス ミス

    練習メニュー

    素振りでテニスが上達する選手には、「ある共通点がある」ことはあまり知られていない

    皆さん、家や学校でラケットの素振り、していますか?「地味だし面…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドの逆クロスストロークは、「しっかり振り切る」から試合で使える武器にな…
  2. テニス イベント

    練習メニュー

    練習していることは、試合で使わないと練習にも活かせない
  3. テニス ボレー

    フットワーク

    テニスの試合では、遅いボールほど細かいステップで合わせていこう
  4. テニス ダブルス

    テニス知識

    テニスの試合でありがちな、「デュース有りとノーアドバンテージ形式を間違えた」とき…
  5. テニス ストローク

    リターン

    リターンの反応が遅い選手は、ネット上に分岐点を作って待つようにしてみよう
PAGE TOP