テニス メンタル

練習メニュー

本当に「キツイ」テニスの練習は、体力的なキツさだけじゃない

皆さんは普段の練習、キツイですか?

キツイ日もあれば、そうでない日もある・・・合宿とかは結構キツイかな・・・という感じ、じゃないでしょうか。

厳しい練習と言えば、スポーツは何でも体力的に追い込んだメニューを実施するイメージがあるかと思いますが、テニスはちょっと違う気がする。

キツイ練習って、もしかしたら皆さん勘違いしているかも知れません。

 

本当に「キツイ」テニスの練習は、体力的なキツさだけじゃない

 


 

■体力だけを消耗する練習では、試合に強くなれない

体力を強化することは、テニスの試合で本当に大事。

それがベースとなって粘り強い選手が完成するのは、疑いの無い事実です。

ですが、ただマラソン選手のような体力を付けても、テニスの試合ではなかなか活かし切れないでしょう。

何故なら持久力のような体力と同時に、「頭の体力」も求められるからです。

 

■本当にキツイ練習は、頭をフル回転して相手と駆け引きをする練習

皆さんは普段の練習で、しっかり「駆け引き」が出来ていますか?

どちらのコースにも打てる状態をお互いで作りながら、攻撃と守備を繰り返す。

毎回予測をして、当たって外れてを繰り返しながらラリーしていれば、それは非常に「キツイ」練習になります。

ただ走り回って球出しのボールを返球する練習、よりもよっぽどキツイ。

これがキツイと感じられない、ということは、まだまだラリー練習の精度が足りない。

ただ相手とボールを打って繋げることだけに、満足していませんか?

 

■「頭が疲れる」ような練習、しっかり取り入れていこう!

例えば、球出しからの練習で、一球目からロブやドロップショットも有り、にしてみる。

積極的にコートを広く使う意識を練習から養うためには、頭が疲れるくらい、相手を観察して予測してを繰り返さないといけない。

それは慣れた練習相手でも、同じです。

慣れた相手だからこそ、しっかり練習から勝負していかないといけない。

練習でも1ポイントも失わない、相手に獲らせないような気迫、大事です。

 

速いボールだけで、気持ちよくラリーする。

思い切り振り回した球出し練習に、最後は試合をやって終わり。

こんな感じの練習では、うわべのテニスは上達しても試合では使えない。

頭を使った、駆け引きに疲れるような練習が出来ないと、試合で勝てる選手は育ちません。

今一度、一緒に練習内容から見直してみませんか?

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  4. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  5. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

関連記事

  1. テニス メンタル

    練習メニュー

    「ドロップボレーにも冷静に対応」できるように、浅いボールへの対応力を鍛える練習メニュー

    浅いボレーの処理はしっかり練習しないと身に付きません。ストロー…

  2. テニス 雨

    練習メニュー

    雨の日に練習がオフ!はもったいないからミーティング日和に

    雨、雨、雨・・・。テニス部やサークルにとって、悩ましい問題です…

  3. テニス 指導

    練習メニュー

    テニスの実戦力を養う為の、練習メニュー5選

    試合に出て勝ちたい、でもどんな練習をすれば良いのか分からない・・・。…

  4. テニス 戦術

    練習メニュー

    上手くなるとは、再現性を高めること

    自分はテニスが上達しているのか、どうか。これを計る基準、みなさ…

  5. テニス ドロップショット

    練習メニュー

    本当に勝ちたいライバルがいるなら、そのライバルを軽くひねれる相手と練習しよう

    漫画「ベイビーステップ」を読んでいると、感じるものがある。著者…

  6. テニス 練習

    練習メニュー

    練習すればするほど・・・テニスは下手になる!?

    テニスの練習、毎日の方もいれば、週1回、月1回という方も多いでしょう。…

特集記事

  1. 戦術

    コートのどこからでも、ボールをコントロール出来る?
  2. テニス スライス

    ボレー

    自分のボレーを「下半身から重たいボール」にする、4つの秘訣
  3. メンタル

    テニス選手なら、「勝つべき選手に対しての憧れ」を絶対に抱いてはいけない
  4. テニス ストローク

    ストローク

    ダウンザラインはフラット、という勘違い
  5. テニス 夜

    メンタル

    自分自身が、「無能な選手に見られたくない」と思っているから、テニスでも一歩が踏み…
PAGE TOP