テニス ストローク

ボレー

ボレーで身体が開く人は、ラケットを持たない手のひらを使おう!

ボレーを打つときに、安定感に欠ける人は考えて欲しい問題。

きっと、初中級までのみなさんのほとんどの問題は、これにあります。

ボレーって、どうしても身体が前を向いてしまいがち、ですからね。

横向きで打つ、ゆったりしたボレーの基本を見直していきましょう。

 

ボレーで身体が開く人は、ラケットを持たない手のひらを使おう!

 

1.ボレーで身体が開く、のなぜだろう?

みなさんも、コーチから指摘されたことはあるでしょう。

「身体開いてるよ!」と。

これって、最初はどうしても開いてしまうんですよ、テニスでも。

横向きでボールを捕らえる、迎えるのって、普段の生活に無い動作ですからね。

他の競技でも、ほとんどがボールに対して身体を正面に向ける、のが基本ですし。

ボールを打つとなると、どうしても打つ方向に身体が向いてしまう、肩が回ってしまう。

これがある意味、自然なんです。

 

2.難しいのは、「閉じたまま打ち終わる」こと

ボレーで難しいのは、この感覚。

打つ前はしっかり肩を入れて、横向きで入れても・・・打った後に身体が前を向いてしまう。

「打った後なら、良いんじゃないの?」と思う方も多いでしょう。

ですが、実際はもう「打ちながら」前を向いて身体が開いているような人が多い。

肩が回らないように、打った後も打つ前とほとんど態勢が変わらないようにすること。

これが、ボレーの安定感を生んでいくのです。

そのコツは、ラケットを持っていない方の腕、をどう使うのかにかかっています。

 

3.片手ボレーでも、実は「両手」を使うことが大事

私自身、フォアハンドボレーは片手ですが、これを意識しています。

身体の開きを抑える為に、反対の腕を前にセットして、打ちながらラケットに寄せていく。

横向きのまま、に打ち終わることが大事なんですよね。

両手をしっかり使うこと、ラケット動作は極力小さくすること。

これが、身体を開ないように、横向きのままに打ち終わること、が大事。

ぜひ、意識してみて下さい。

 

4.それでも身体が開く人は・・・

ぜひ、相手に背中を向けてみて下さい。

「ここまでやるか・・・?」というくらい、相手に対して横向き、いや後ろ向きくらいの態勢を作ってみる。

実際に、逆クロス方向へのボレーなんかは、これくらい肩を入れたまま打ち終わりますからね。

正確にステップを合わせて、丁寧に打ち終わる。

両手を使って、ラケット動作を小さくしていく。

この基本、大事ですよ。

 

ボレーが上手い人って、全然ラケットを動かしている感じがしない。

肩が入った状態で身体が開かないから、コースが読めない。

威力以上に、こういう相手のボレーって嫌ですよね。

特に男性のフォアハンドボレー、でしょう。

改善の余地有だと思います!

ピックアップ記事

  1. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  2. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  5. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    安定感のあるボレーを継続できる人は、「ラケットを動かし過ぎない」からミスが少ない

    テニスが上手い人に限って、言うセリフってあると思いませんか?私…

  2. テニス メンタル

    ボレー

    「速いボールがボレー出来ない、怖い」のは、ただアナタの目線が高いから

    レベルが高い試合になってくると、ストロークのスピードも上がる。…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    バックハンドボレーの準備は、「利き腕では無い方の手のひら」を使えば抜群に安定します!

    バックハンドボレーのミス、大半は「準備が遅いのと、大きい」のが原因にな…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    サーブ&ドライブボレーは、現代テニスの必勝形

    私が中学生、高校生くらいの頃は、男子の選手は半分くらいがサーブ&ボレー…

  5. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスのサーブ側の前衛は、実はもっと前に詰めて良い5つの理由

    ダブルスの試合、サーブ側の前衛。よく考えると、この選手が一番攻…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    「本気でボレーボレー」をやったことがありますか?プロ選手も実践する素晴らしい練習です

    普段、テニスのウォーミングアップで「ボレーボレー」の練習をする機会が多…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合でゴチャゴチャ動いた後は、「相手がつないで来るボール」が絶対にチャ…
  2. テニス スマートフォン

    戦術

    自分の力を知ることが、テニスでは凄く難しいということ
  3. テニス ストローク

    ストローク

    「ラケットの真ん中より少し下側」で打つと、トップスピンロブは回転がかかりやすい!…
  4. 戦術

    試合で使える戦術は、「攻撃は守備的に、守備は攻撃的に」がキーワード
  5. テニス 楽天

    戦術

    初対戦相手の試合こそ、その人の本当の強さが出る
PAGE TOP