テニス メンタル

練習メニュー

テニスの練習、基本的な考え方は「試合よりも難しい環境」の中に身を置いて鍛えることです

強いテニス選手、学校、チームの選手は、口を揃えてこう言います。

「試合よりも練習のほうがキツい・・・」

そう、練習でいかに試合よりも厳しい環境で追い込めるかどうかが、テニスの試合で勝つ為には不可欠。

とは言え、「コーチもいないし、コート面数も少ないから、自分たちには出来ない」と考えている人、それは違います。

全ては工夫次第、仲間との協力のやり方次第です。

今年からは、部活やチームの練習意識を一新してみませんか?

 

テニスの練習、基本的な考え方は「試合よりも難しい環境」の中に身を置いて鍛えることです

 


 

■練習がレクリエーションになっている部活、日本に多数

人は誰しも、怠けたいもの。

語弊があるかも知れませんが、楽して上達したいという気持ちは誰しも否定できません。

ましてや、部活の人数が多く打てる回数も限られていては、和やかな雰囲気でとにかく楽しくテニスできればそれでOK、という感じになってしまいます。

何度も書きましたが、こういった雰囲気を否定する訳ではありません。

ただ、試合に勝ってトーナメントで上位にいきたいのであれば、変えていく必要がある。

試合に勝つ、自分に勝って成長していくことに楽しさを見出せるかどうかは、アナタ次第です。

 

■「試合は楽だな…」と感じる選手は、準備が出来ている

練習をキツく・・・と言っても、簡単ではありません。

体力的に追い込めば良いのか?と言えば、それだけでは勝てません。

私がお勧めする方法は、練習の中に常に「駆け引きと勝負」というキーワードを入れること。

ラリー練習も、「3往復したら、そこからはお互いにエースを狙い、ポイントを奪い合う」というルールを作って競い合う。

そのポイントも記録しておいて、その日の練習毎に順位を付けてみる、という形で成果を可視化してみると良いでしょう。

個人のサーブ練習でも、入ったか入らないか、その精度はどうか、をノートに書いてみる。

「面倒だな・・・」と、最初は思うでしょう。

それでもこういった作業、進めていくと実は病み付きになり最後は楽しくなります。

楽しく・・・と言うより、やらないと気が済まないという感じになるでしょう。

そこまでくれば、テニスはかなり強くなっているはずです!

 

■練習は工夫次第で、いくらでも難しくできる

難しい練習、というと複雑なメニューや難易度の高い技術を想像しがちですが、そうではありません。

基本練習を徹底し、ミスを減らすこと。

自分のショットは、どこまでスピードを上げればミスが増えるのかを知ること

そしてそのショットで、相手を倒す駆け引きをしていくか・・・というのを鍛えるのが、難しく厳しい練習です。

今のアナタの実力でも、出来ることはたくさんあるはずです。

 

競い合うことは、楽しい。

駆け引きできる技術と感覚を磨けば、実は試合はいくらでも楽が出来るのです。

少し語弊がありますが、駆け引きしてこない1回戦、2回戦の相手はアナタの敵ではありません。

なぜなら、常に自分を研究して厳しい攻めをしてくる相手が、チーム内にいるからです。

そんな練習環境、今年は少しずつ仲間と作ってみませんか?

ピックアップ記事

  1. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  2. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  3. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  4. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  5. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート

関連記事

  1. テニス 観察眼

    練習メニュー

    テニスコートでの練習で、「ボールを転がしながら拾うチーム」は、絶対強くなれないその理由

    テニスコート上での練習、テニスサークルやテニス部、テニススクールのクラ…

  2. テニス メンタル

    練習メニュー

    「おうちで出来る練習」は工夫次第でテニスの上達の助けになります!

    「家でも出来る練習は無いですか?」とよく質問を受ける。素振りが…

  3. テニス 雨

    練習メニュー

    「あと1本」を絞り出せる選手が、テニスコートでは勝者になっていく

    皆さんは普段の練習、どういう「決まり」で進行してますか?時間?…

  4. テニス 練習
  5. テニス 夜

    練習メニュー

    難しいことは簡単に、簡単なことは難しく感じるようになっていく

    テニスって難しい。20年やってても、上手くいかないことばかり。…

  6. 練習メニュー

    テニスの試合に勝てる頭の回転が速い人は、「練習から優先順位」を付けている

    現代テニスは、オールラウンドが基本。それこそ、弱点があればそこ…

特集記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    テニスのダブルスペアとして強くなりたいなら、摩擦を恐れてはいけない
  2. テニス 並行陣

    戦術

    試合の現場では、「頑張ったけど落としたポイント」という発想は捨てること
  3. テニス メンタル

    ダブルス

    センター攻撃に大事なのは、執拗さ
  4. 戦術

    雨の後のオムニ、男性は注意!
  5. テニス サーブ

    サーブ

    「150kmでも軽いサーブと、120kmでも重たいサーブ」の違いは、どこから生ま…
PAGE TOP