テニス ダブルス

ダブルス

ダブルスでフラット系のストローカーと対戦するなら・・・?

「並行陣なんて、別に必要無いです」

そんなご意見を、最近頂きました。

話を聞くと、その方はフラット系のストロークに自信があるから、どんなに前に出て来ても怖く無いと。

雁行陣で押していけるから、雁行陣同士でも負けない・・・と。

本当にそうですか・・・?と、私は問いかけたいです。

 

ダブルスでフラット系のストローカーと対戦するなら・・・?

 


 

1.フラット系ストローカーは、ダブルスに向かない

私はまず、この部分からハッキリとお伝えしたい。

フラット系のショットを得意とする選手は、ダブルス向きではありません。

シャラポワ選手のショットは凄いけど、シングルスよりもダブルスの方が対戦するなら勝てそう。

それはなぜか。

答えはシンプルで、縦回転のショットが無いと相手を縦に揺さぶれない。

ボレーヤーの足元に沈めたり、トップスピンロブで相手の頭上を通過させて変化させたり、というショットが、ダブルスではとても有効。

フラット系のショットは「突き球」にしかならない、ボレーヤーに対しては。

この部分、どう感じているかを改めて、皆さんも考えてみて下さい。

 

2.フラット系のストローカー相手は、並行陣に限る!

先ほども書きましたが、フラット系のストロークはボレーヤー相手のとき、足元に沈めるのが難しい。

しかも球速が速いから、打った後に自分が戻る時間も無い、ままに相手ボレーヤーに触られてしまう。

これって、非常に厳しい問題です。

足元に打てないから強引なパッシングショット、だけになるし、ロブも使えない。

フラット系のショットはアウトミスも、ネットミスも多い。

私なら、並行陣でどんどん前に詰めてロブは捨てる、速いパッシングはアングルボレーやドロップボレーでOK。

浅いボールをフラット系のストローク、で打たれても、ネットにしっかりポジションを取れていれば怖く無い。

ぜひ、学生の皆さんも試して欲しい戦術です。

 

3.フラット系ストローカーが怖いのは、ストローク対ストロークの時だけ

ダブルスでも、雁行陣でクロスのストローク勝負、のときありますよね。

これは、やっぱり怖い。

フラット系のショットで押し込まれていく、のは容易に想定出来ますから。

相手の得意な土俵で戦う必要、ダブルスの試合は特にありません。

「並行陣って、必要?」の問いかけには、「こういう時の為に、必要じゃない」とお答えしたい。

相手の土俵、ではなく自分の土俵で戦う。

きっとフラット系のショットばかりの選手は、そもそもダブルスが好きじゃないはず。

勝手に自滅して、試合を投げてくれる可能性も高いですよ。

 

フラット系のストロークこそ、前に出る。

一見速くて怖い、気もしますがそうでも無い。

だってロブも無いし、足元に沈めるボールも無い、むしろそういうのが打てる回転系の選手の方が怖いですよ。

ダブルスならしっかり、並行陣も出来るようにサーブ&ボレー、リターンダッシュ、練習しておきましょう。

ピックアップ記事

  1. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  4. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  5. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+

関連記事

  1. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスで、前衛が「ポーチに動いたけど、触れなかった」ときに、後衛はまず時間を稼ごう

    これは、実は基本中の基本、ですね。ダブルスの試合で、前衛が動い…

  2. テニス ボレー

    ダブルス

    並行陣にもっていきたい!なら必要な、この基本ショット出来てる?

    ダブルスで並行陣、前に2人の陣形にチャレンジしたい・・・でも・・・。…

  3. テニス ボレー

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合では、「前衛が触った瞬間にペースアップする」ことを頭に入れておこう

    ダブルスの試合、シングルスとの大きな違いとして意識したいこと。…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合を勝ち抜くために、ペアで連動すべきポイントはどこか?

    ダブルスのコンビネーション、何となく分かるような、分からないような・・…

  5. テニス 環境

    ダブルス

    ダブルスの試合で効果的なチェンジプレーは、基本的なプレーで誰でも出来る!

    Iフォーメーションに、オーストラリアンフォーメーション・・・。…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスにおいて「ショートクロスはあくまで見せ球」、センターへの突き球と組み合わせて並行陣を崩す

    学生の皆さんのダブルスを観ていると、並行陣に対してショートクロスで攻撃…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 部活

    メンタル

    メンタルが強い人は「これを打てば大丈夫」、と思える人
  2. テニス ストローク

    その他

    「自分のテニスを一から見直す」ときに必要なのは、強引さと粘り強い根気です
  3. テニス ストローク

    戦術

    ボレーを振ってミス、はラケット面が変わるから起きるミスが8割以上
  4. テニス フットワーク

    ストローク

    「後ろ足体重で引き付けるストローク」からの展開力を身に付けよう
  5. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合でのダブルフォルトは、恥ずかしいことでも何でも無い
PAGE TOP