テニス ダブルス

ダブルス

ダブルスでフラット系のストローカーと対戦するなら・・・?

「並行陣なんて、別に必要無いです」

そんなご意見を、最近頂きました。

話を聞くと、その方はフラット系のストロークに自信があるから、どんなに前に出て来ても怖く無いと。

雁行陣で押していけるから、雁行陣同士でも負けない・・・と。

本当にそうですか・・・?と、私は問いかけたいです。

 

ダブルスでフラット系のストローカーと対戦するなら・・・?

 


 

1.フラット系ストローカーは、ダブルスに向かない

私はまず、この部分からハッキリとお伝えしたい。

フラット系のショットを得意とする選手は、ダブルス向きではありません。

シャラポワ選手のショットは凄いけど、シングルスよりもダブルスの方が対戦するなら勝てそう。

それはなぜか。

答えはシンプルで、縦回転のショットが無いと相手を縦に揺さぶれない。

ボレーヤーの足元に沈めたり、トップスピンロブで相手の頭上を通過させて変化させたり、というショットが、ダブルスではとても有効。

フラット系のショットは「突き球」にしかならない、ボレーヤーに対しては。

この部分、どう感じているかを改めて、皆さんも考えてみて下さい。

 

2.フラット系のストローカー相手は、並行陣に限る!

先ほども書きましたが、フラット系のストロークはボレーヤー相手のとき、足元に沈めるのが難しい。

しかも球速が速いから、打った後に自分が戻る時間も無い、ままに相手ボレーヤーに触られてしまう。

これって、非常に厳しい問題です。

足元に打てないから強引なパッシングショット、だけになるし、ロブも使えない。

フラット系のショットはアウトミスも、ネットミスも多い。

私なら、並行陣でどんどん前に詰めてロブは捨てる、速いパッシングはアングルボレーやドロップボレーでOK。

浅いボールをフラット系のストローク、で打たれても、ネットにしっかりポジションを取れていれば怖く無い。

ぜひ、学生の皆さんも試して欲しい戦術です。

 

3.フラット系ストローカーが怖いのは、ストローク対ストロークの時だけ

ダブルスでも、雁行陣でクロスのストローク勝負、のときありますよね。

これは、やっぱり怖い。

フラット系のショットで押し込まれていく、のは容易に想定出来ますから。

相手の得意な土俵で戦う必要、ダブルスの試合は特にありません。

「並行陣って、必要?」の問いかけには、「こういう時の為に、必要じゃない」とお答えしたい。

相手の土俵、ではなく自分の土俵で戦う。

きっとフラット系のショットばかりの選手は、そもそもダブルスが好きじゃないはず。

勝手に自滅して、試合を投げてくれる可能性も高いですよ。

 

フラット系のストロークこそ、前に出る。

一見速くて怖い、気もしますがそうでも無い。

だってロブも無いし、足元に沈めるボールも無い、むしろそういうのが打てる回転系の選手の方が怖いですよ。

ダブルスならしっかり、並行陣も出来るようにサーブ&ボレー、リターンダッシュ、練習しておきましょう。

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  3. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  4. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  5. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう

関連記事

  1. テニス ストローク

    ダブルス

    困ったときのロブ頼みの癖を直さないと!

    ダブルスの試合、一般やベテランの皆さんの試合を観ていると感じること。…

  2. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「追い込まれそうなとき」こそ相手のポジションを確認しよう!

    テニスの試合は、相手に攻撃されて「追い込まれていく」ときに、その人の実…

  3. テニス ボレー

    ダブルス

    ネットに出られると厄介な、「ボレーをつないで手堅くプレーする相手」に対抗する作戦とは?

    ベテランプレイヤーでダブルスが得意な選手、社会人の方で本当に多い。…

  4. テニス センス

    ダブルス

    ダブルスパートナーが自分より上なら、いかに使うかを考えて試合をすること

    ダブルスの試合で、自分より上手い選手と組む機会がある。こういう…

  5. ダブルス

    雁行陣相手のポーチ、どこを狙う?

    相手が雁行陣で、いざリターンをポーチ!でも、どこを狙うと一番効…

  6. テニス ロブ

    ダブルス

    テニスの女子ダブルスの試合で有効な、「低くて鋭いロブ」で前衛の頭上を抜くコツ4つ

    雁行陣主体のダブルスで、有効な「前衛の頭上を抜く」ストレートロブ。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 守備

    スマッシュ

    スマッシュが入らなくて悩んでいる人は、「上方向に打つ」ことで全てが解決されるはず…
  2. テニス 睡眠

    その他

    「テニスの翌日に、疲労が抜けない・・・」という方に試して欲しい4つの方法
  3. テニス ダブルス

    練習メニュー

    テニス選手として、「試合での敗戦を、活かせる人と活かせない人」の違い5つ
  4. フットワーク

    「足を動かせ!」と怒られない為にテニスのフットワークに意識改革を!
  5. サーブ

    サーブのトスは、ボールを上に投げる動作じゃない
PAGE TOP