テニス ストローク

ボレー

自分のボレーに、「伸びが無い」と感じている人は、打つ瞬間に前足が上がっているかを確認しよう

ネットに出てボレーをしても、簡単に相手から返されてしまう。

またダブルスでも、決まったと思ったボールが拾われて逆に反撃されてしまう人は、「踏み込んでいく力」をボールに伝えられていない可能性が高い。

両足がコートについている状態では、正面向きであまり良いボレーが打てていないケースが多いのですが、意外と下半身の使い方が出来ていない選手が多いのが気になります。

改めて、踏み込んでいくときの「浮いている足」を注意して、「重たいボレー」に変えていきましょう!

自分のボレーに、「伸びが無い」と感じている人は、打つ瞬間に前足が上がっているかを確認しよう

 


 

1.ストロークとボレー、フットワークは全く違う!

ストロークの基本は、両足をしっかり決めてからスィング。

しかしボレーは、横向きから「前足」を少し浮かせて踏み込んでいきながら打つのが基本。

前足=ネットに近い側の足ですので、これが理解できない人は「横向きの態勢」が足りない。

右利きの方のフォアハンドボレーでしたら、左足を浮かせながら後ろ足の右足をキックして、ボールに力を伝えたい。

この感覚を覚えれば、自然とボールに伸びが出来てきます。

 

2.ボレーの準備は、後ろ足のセットから

ボレーは時間的に余裕が無い。

ノーバウンドでの返球ですので、つい焦ってしまいがちですが、やるべきことの優先順位を決めておけば大丈夫。

まずは「後ろ足」からしっかり決めて、身体を捻ること。

骨盤を意識して、肩ごしにボールを見るくらいしっかり横向き作りましょう。

その態勢が出来れば、あとはも片方の足を、打ちたい方向へ踏み込んでいく。

ラケット面の向きは、上向きをキープ!

遅いボールであればしっかり、この一連の動きを実践することが大事です。

 

3.ボールがラケットに当たる瞬間、自分の態勢は?

フォームや準備がしっかり出来ていれば、後は打つ瞬間にしっかり集中。

ボレーでは、自分の手元、ラケットワークにばかり意識がいっていませんか?

真ん中に当てることは大事ですが、ある程度安定して当たるようになれば次のステップは下半身。

しっかり前足が浮いた状態でインパクトできているか、確認してみましょう。

周りの人が見て教えてあげたり、動画を撮影したりして、「客観的な情報」として知ることが大事です。

 

ボレーもストロークも、上半身はできるだけリラックスしてシンプルに。

こねたり、無理やり手首で回転をかけようとしても、コントロールは安定しません。

ラケットやボールから遠い位置、つまり下半身の動きを安定させることが一番です。

その為には、当然トレーニングも必要ですね・・・。

きっとそのトレーニングは、重たいボレーで実を結ぶことになるでしょう!

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  4. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  5. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

関連記事

  1. テニス 戦術

    ボレー

    ファーストボレーを叩かれる人は、どう対策すれば良い?

    サーブ&ボレー、でのファーストボレー。これをしっかり返すのが、…

  2. テニス メンタル

    ボレー

    ダブルスの並行陣では、「スライスのボレーで粘る」だけだと、オムニコートでは打ち込まれてしまいます

    ダブルスでサーブ&ボレーから前に出る、並行陣にトライしているけどなかな…

  3. ボレー

    「とにかくボレーがネットしてしまう」人が改善したい5つのポイント

    せっかく前衛にいたり、シングルスで前に出てもボレーが苦手だと・・・それ…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ネットに出てストロークを沈められるのが嫌なら、「ネットにベタ詰め」を一度経験してみよう!

    テニスの陣形やポジションで、完璧なものなんて無い。それなのに、…

  5. テニス ダブルス

    ボレー

    大事な場面で前衛としてポーチ、心構えで9割が決まる

    試合の中で、しびれるような場面でポーチに出る。これが出来れば、…

  6. テニス 練習

    ボレー

    ダブルスの前衛なら、「連続して2回触るプレー」でポイントを獲りにいこう

    ダブルスの試合で、前衛のポジションにいるとき。私はなるべく、こ…

特集記事

  1. テニス 夜

    練習メニュー

    「闇錬だけで、テニスを上達させて優勝しよう」と思っている人は、ちょっと考え方を改…
  2. テニス知識

    私が最近よく見るYouTubeチャンネル7選
  3. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃的なストロークの基本となる、バックハンド側に高く弾むボールを身に付けるコツと…
  4. テニス ロブ

    ストローク

    ストロークでリラックスして打てない人は、「重力だけでラケットダウン」を実践してみ…
  5. テニス メンタル

    その他

    アナタの過去が正しかったかどうかなんて、未来と他人が決めてくれるはず
PAGE TOP