テニス メンタル

サーブ

「強い対戦相手には、強いサーブが必要?」の質問に、お答えします

テニスのトーナメント大会で、何試合か勝ち上がると必ず強敵との対戦になります。

シード選手、県の代表選手と試合をするときは、当然力が入りますよね。

特に注意したいのが、サーブ。

つい実力以上のものを出そうとして、力が入ってしまいがちですが、アナタ自身はどうでしょうか?

「やっぱり強いサーブを打っていかないと、勝てないし・・・」と思っている方は、ちょっと危険。

サーブは2回打てる、という部分は実は危険な意味を含んでいると私は思います。

 

「強い対戦相手には、強いサーブが必要?」の質問に、お答えします

 


 

1.ファーストサーブを思いっきり打つのは、良いこと?

強い対戦相手だと、ファーストサーブに力が入る。

確かにいつもより厳しいリターンが想定されますので、それくらいの意識になるのも無理は無いかも知れません。

しかし、そのサーブが入ったとして、エースになるとは限りません。

むしろ対戦相手は、普段からアナタより高いレベルでの試合経験を積んでいるので、速い強力なサーブも慣れている可能性大。

アナタがいくら頑張って集中して最高のサーブを打っても、難なく返されてしまって落ち込む・・・ことになるかも知れません。

サーブのリズムは、試合の中でもストロークにも影響します。

それくらい、無理は禁物、という意識が大事です。

 

2.セカンドサーブになったときの、ポイント獲得率は?

プロ選手のデータを見ても、面白い数値があります。

格下選手は、格上の選手と対戦するときに「センカンドサーブのポイント取得率が、著しく下がる」という傾向があります。

この事実をもって、アナタは何を考えますか?

私なら、「なるべくセカンドサーブを打たないような試合」にするようにしたいと考えます。

対戦相手にしても、自分より実力が劣るからこそ「ファーストサーブを入れてくる相手」が嫌なはず。

一発や確率の低いショットで勝負している限り、それは格上である対戦相手の方が優位なんです。

 

3.「強い相手」に対してこそ、ゲームメイクと戦略で勝負したい

強い相手に対して、ラリーすることを怖がってはいけません。

怖がるからこそ、強いサーブで一発で決めたい、優位に立ちたいという甘えた考えになってしまう。

ラリーに持ち込んで、自分のペースで戦術を遂行出来れば、相手だって弱点を見せてくれるかも知れない。

相手のテニスを怖がっていても、試合では勝てません。

強い相手と対戦するなら、情報戦。

戦ったことがある人から情報を聞いたり、機会があれば試合を観たりして、たくさんの情報を集めて作戦を練りましょう。

部活等のチームであれば、周りの仲間に聞いてみても良いと思います。

そういった細かい部分の準備は、やるかやらないか、のどちらかです。

 

サーブはファーストサーブの確率重視、は試合での鉄則です。

2回打てるから1回はミスして良い、と考えている選手が多過ぎる。

試合慣れしていない選手ほど、ファーストサーブの理想を高く設定していて、実力に見合っていない。

セカンドサーブをなるべく打たないようにする、だけで、実は格上の選手を倒すチャンスは広がる。

このことだけは、覚えておいて損は無いでしょう。

ピックアップ記事

  1. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  2. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  3. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  4. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. サーブ

    サーブの威力とコントロールを両方アップさせるには、「相手コートに背中を向ける」だけで実は充分なんです…

    サーブに悩んでいる男性の方、意外と「自由に打てる」サーブが障害になって…

  2. テニス シングルス

    サーブ

    サーブでトスアップを安定させるには、一度両腕を下げてから上げると上手くいく

    サーブって、どうしても緊張しますよね。どんなにリラックスしよう…

  3. サーブ

    「切れ味鋭いスライスサーブをゲットせよ」テニスの試合で相手をコート外に追い出す為に

    試合の時、手堅いポジションでがっちり守ろうとしている相手を崩さないとい…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    サーブに自信の無い選手でも、「40-0になったファーストサーブ」では厳しいコースを狙っていこう

    サーブはメンタルが大事・・・。試合に出ている人なら、痛いほど経…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブこそ、ダイナミックさが必要

    これは、私自身が最近意識していること、でもあります。どうしても…

特集記事

  1. テニス テニスノート

    メンタル

    大切な試合に勝った日の記録は、目に見える形で残しておくこと
  2. テニス ダブルス

    練習メニュー

    練習から「相手のいない場所に落とす」が、出来るかどうか
  3. テニス メンタル

    戦術

    自分のテニスの特徴、どんどん相手に見せていこう!
  4. テニス ボレー

    練習メニュー

    テニスコート1面で3列ラリー、を実践する意味って何だろう?
  5. その他

    「高校2年生のテニスコーチデビュー」を経験できたことで得れたもの
PAGE TOP